鍼灸の同意書を書いてくれない医師に対して診断書をもらうという方法


医師が同意書を書いてくれない、、、

鍼灸師
同意書がないと、鍼灸治療の保険適用ができません。
鍼灸師としては、困りますよね。
では、同意書を書いてくれない場合、どうすればいいのか?
実際に、大阪府鍼灸師会の勉強会で教えてもらった方法があります。


医師に同意書ではなく、診断書を要求するのです!

診断書でも、同意書の代わりになる!

鍼灸師
なんと、同意書がなくても、診断書があれば、保険請求ができるというのです。
実際に、厚生労働省の資料(問5)によると、同意書でなく、「診断書でも取り扱い可能」とされています。

どんな、診断書でもいいの?

×サインの医師
よくありません。

注1)以下の項目が記載されていることが条件です。

  • 病名
  • 症状(主訴を含む)
  • 発病年月日

注2)保険者において、療養費の施術対象の適否が判断できる診断書であること。


注3)同意書に代える診断書は,療養費払の施術の対象の適否に関する直接的な記述がなくても,保険者において当該適否の判断が出来る診断書であれば足りること。
留意事項通知別添1第3章の1に記載。

上記(注1~3)の条件を満たす診断書である必要があります。

どうやって、診断書を用意する?

診断書イラスト
そのような診断書が、各鍼灸師会にて用意されているかもしれません。
あなたの、所属している鍼灸師会に問い合わせてみてください。

診断書なら、書いてもらいやすい!

○サインの医師
ここでのポイントは、「診断書なら、医師も書いてくれやすい」ということです。
「同意書」と言うのは、医師からすると響きが悪いです。

  • 「同意したら、責任がかかるのではないか?」と思ったり。
  • 「同意書は、書くな!」と医師会で言われていたりするからです。

でも、「診断書」なら、書いてもらえる敷居がグッと低くなるのではないでしょうか。

※絶対に書いてもらえると、保証していませんので、ご注意ください。
※あくまでも、同意書を要求したけどダメだった場合の時の策として、診断書をお持ちください。よって、最初は同意書で良いと思います。

再同意はどうする?

医師の診察
もし、診断書をもらって、無事に保険請求が開始した場合でも、3か月後は再同意が必要だと思います。
でも、同意書をもらったり、再度、診断書をもらうというのは、難しいので、のようにします。

患者さんに、3ヵ月に1回、同医師の診察を受けてもらう。
その際に、鍼灸治療をしてもらい、効果があることを口頭で伝えてもらうといいでしょう。

※所属する鍼灸師会に、診断書をもらうときに、再同意についても聞いてみるといいと思います。


自賠責保険のバナー


あわせて読みたい!関連記事です。

【交通事故】自賠責保険の鍼灸・マッサージ治療の請求金額の上限は?

交通事故画像 ※こちらは、「鍼灸師」・「按摩指圧マッサージ師」に向けた内容になっています。さて、鍼灸師&マッサージ師のみなさんは、自賠責保険の請求金額は、1回いくらかご存じですか?結論から申し上げると、1回2万23...


鍼灸院の開業 マンションの一室とテナント(貸店舗)どちらが良い?

テナントの画像 マンションの一室かテナント(貸店舗)なら、断然テナント!さて、鍼灸師のあなた!開業場所を、「マンションの一室」か「テナント(貸店舗)」で悩んでいると思います。結論から申しあげましょう!テナント(貸店舗...


鍼灸院の開業は、資格を取ってからいつ(何年目)がいいのか?

骨格標本 鍼灸師の開業はいつしたほうがいい?鍼灸師のあなた!鍼灸院を開業するのは、「いつがいいのか、、、、」「修行は何年積めば、、、」と悩んでいることでしょう。人によっては、学校を卒業(資格を取得)してから、5...


鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちが良いの?

都会の街並み 鍼灸院の開業を考えている鍼灸師のあなた!「都会と田舎では、どちらがいいのか、、、」と悩んでいませんか?どちらかというと、都会のほうがやや有利だと思います。ではその理由を、比較しながら説明していきます。...


鍼灸院・整骨院は、土日祝を開けるべき?

寂れた商店街 絶対に土日祝に、開業すべき!これから、鍼灸院・整骨院を開業しようと考えているそこのあなた!土日祝を、休みにしようかどうか、迷っていませんか?結論から言います。絶対に開けるべきです!では、その理由をじっ...


鍼灸院・整骨院のホームページで重要なこと!

パソコン画像 鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちが良いの?でも触れましたが、都会で鍼灸院・整骨院を開業(集客)するなら、ホームページは必須です。では、鍼灸院・整骨院のホームページにおいて、重要なことを紹介してきます...


【鍼灸治療】1回で治すほうがいい?3回で治すほうがいいのか?

白衣の男性とグラフ 鍼灸治療は、何回目で治すのがいいのか?1回で治すほうがいいのか?治さない方がいいのか?経営面で考えた場合、鍼灸に携わる皆さんなら、一度は考えたことがあるでしょう。学生の頃に言われた一言、、、私が、森ノ...


鍼灸の同意書を書いてくれない場合、診断書でも認められる。

○サインの医師 医師が同意書を書いてくれない、、、同意書がないと、鍼灸治療の保険適用ができません。鍼灸師としては、困りますよね。では、同意書を書いてくれない場合、どうすればいいのか?実際に、大阪府鍼灸師会の勉強会で教...


鍼灸の同意書 | 6疾患以外(その他)で請求できる?

カルテを持つ鍼灸師 鍼灸の保険請求【6疾病【以外では請求できないの?※こちらのページは鍼灸師目線で書いています。鍼灸の保険請求ができる疾病は、6つ(神経痛・リウマチ・頸腕症候群・五十肩・腰痛症・頸椎捻挫後遺症)に決められ...