カゼを治す効果のある「耳ツボ」


カゼの「耳ツボ」はこちら

カゼの耳ツボ

カゼを引く前でも「耳ツボ」は予防効果ある?

カゼの予防に上記の「耳ツボ」を刺激しておくと、効果はあります。
もちろん、カゼを引いた後での「耳ツボ」も症状を和らげたり、早く治す効果があります。

カゼ薬を飲みながら「耳ツボ」をしてもいいの?

まったく問題ありません。


あわせて読みたい!関連記事です。

耳ツボを自分でするやり方(動画あり)

セルフ耳ツボのやり方5 耳ツボは自分でできます!こちらのページでは、鍼灸師(しんきゅうし)である私が、自分で耳ツボにシールを貼る方法を紹介しています。もし、「自宅で耳ツボをやりたいな~」と思ったら、このページを見てもらって、...


だるさ・倦怠感の「耳ツボ」

だるさ・倦怠感の耳ツボ だるさ・倦怠感の「耳ツボ」を紹介!こちらでは、だるさ・倦怠感に効く「耳ツボ」を紹介しています。耳を刺激するだけ、とっても簡単なのでぜひ参考にしてくださいね。


冷え性の「耳ツボ」

冷え性耳ツボ 冷え性の「耳ツボ」の位置を紹介!こちらでは、冷え性に効果のある「耳ツボ」を紹介しています。位置もわかりやすいので、ぜひ参考にしてくださいね!


ほてり・のぼせの「耳ツボ」

ほてり・のぼせの耳ツボ位置画像 こちらでは、「ほてり」「のぼせ」に効果のある耳ツボをご紹介しています。ほてり・のぼせとは火照り(ほてり)・・・顔が熱くなること。または顔が赤くなることのぼせ・・・のぼせること「ほてり」「のぼせ」を引き...


高血圧の「耳ツボ」

高血圧の耳ツボ画像 「耳ツボ」の前に、高血圧を簡単に説明!1回だけでなく、数回計測した血圧値の平均が140mmHg以上(最高血圧)もしくは、最低血圧が90mmHg以上血圧によって、引き起こされる病状頭痛頭重感(ずじゅうか...


低血圧の「耳ツボ」

低血圧の「耳ツボ」 まず初めに「低血圧とは」最高血圧が、100mmHg未満の場合を低血圧を判断します。また、寝転んでいる状態から、起き上がった時に血圧が20~30mmHg以上も低下する場合を起立性低血圧(きりつせいていけ...


食欲不振の「耳ツボ」

食欲不振耳ツボ ツボの前に!食欲不振の分類食欲不振は、2つにわけることができます。器質性(きしつせい)食欲不振精神神経性(せいしんしんけいせい)食欲不振器質性(きしつせい)食欲不振とは?体のどこかに原因がハッキリとし...


頭痛の「耳ツボ」

耳ツボ頭痛 頭痛の「耳ツボ」の前に頭痛野原因は?頭部に限局する痛み不快感脳疾患(脳腫瘍・脳出血など)全身疾患(高血圧など)精神的肩こりなどなどさまざまな原因があります。頭痛の「耳ツボ」に効果がある頭痛は?一次性頭...


顔面神経痛の「耳ツボ」

顔面神経痛の耳ツボ 顔面神経痛(三叉(さんさ)神経痛)の原因特発性(とくはつせい)顔面神経痛(三叉(さんさ)神経痛)原因がハッキリせず、突発的に起こる。三叉(さんさ)神経(顔の知覚を支配している神経)の支配領域に、激痛・...


顔面神経麻痺の「耳ツボ」

顔面神経麻痺の耳ツボ 顔面神経麻痺とはベル麻痺(末梢性(まっしょうせい))原因不明ですが、水痘(すいとう)ウイルス・帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルス・ヘルペスウイルスが原因ではないかと言われている顔の片側のみに起こる...


うつ・不安感の「耳ツボ」

うつ・不安感の耳ツボ うつ傾向とは精神面憂鬱(ゆううつ)が続く不安感が続く悲観的自分を責める傾向肉体面疲労倦怠感(けんたいかん)不眠食欲低下体重減少頭痛肩こり口が乾く不安感(不安状態)とは精神面不安感恐怖感肉体面動悸(どう...


不眠の「耳ツボ」

不眠の耳ツボ 不眠症とは3週間以上、不眠が続くこと日中に精神・肉体の不快感を感じるもの身体的原因疼痛かゆみ頻尿生理的原因気温時差ボケ騒音心理的原因人間関係の悩み失恋試験精神疾患による原因うつ病神経症薬物性による原因...


不随意運動の「耳ツボ」

不随意運動の耳ツボ 不随意運動とは自分の意志とは関係なく、体が動いてしまう状態(運動)のこと。分類↓振戦舞踏運動ジストニアチックアテトーゼバリスムミオクローヌスパーキンソン病甲状腺機能亢進症による振戦


視床痛の「耳ツボ」

視床痛の耳ツボ 視床痛とは脳や中枢神経の障害によって体の半身(顔面を含む)に生じる痛みのこと視床痛の症状ピリピリ・ジリジリなどのしびれ感灼痛(しゃくつう)(耐えがたい痛み)発作性電撃痛(ほっさせいでんげきつう)錯感覚...


幻肢痛の「耳ツボ」

耳ツボ幻肢痛 幻肢痛とは手・足を切断したにもかかわらず、その部分に認識される感覚を幻肢感覚と言います。大脳皮質の体部位局在性(たいぶいきょくざいせい)が形成される8~10歳以降に手・足を切断した人にみられる。その幻...


カゼの「耳ツボ」

カゼの耳ツボ カゼの「耳ツボ」はこちら耳尖(じせん)・・・場所の詳細はこちら肺(はい)・・・場所の詳細はこちら


せきの「耳ツボ」

せきの耳ツボ せき(咳嗽(がいそう))とは※せきを難しく言うと咳嗽(がいそう)と言います。せきとは、気道の異物・分泌物を除去するために生体防御反射の一つ。気管・咽頭(のど)・呼吸筋によって起こります。呼吸器疾患だけ...


ぜんそくの「耳ツボ」

喘息耳ツボ 喘息(ぜんそく)とは発作性の呼吸困難を起こす喘鳴(ぜんめい)(呼吸時にピーピーと音がなる)がある喘息(ぜんそく)の種類気管支(きかんし)喘息気管支炎性(きかんしえんせい)喘息肺気腫(はいきしゅ)喘息心...


動悸・息切れの「耳ツボ」

動悸・息切れの耳ツボ 動悸(どうき)の種類全身疾患性動悸(ぜんしんしっかんせいどうき)甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)褐色細胞腫(かっしょくさいぼうしゅ)低血糖貧血発熱脱水過呼吸性(かこきゅうせい)疾...


下痢の「耳ツボ」

下痢の耳ツボ 下痢(げり)とは本来、健康な人はバナナ状の便がでます。しかし、下痢は水分量の多い便が出る状態です。(健康な人の便の水分量は70~80%とされていますが、下痢はそれ以上の水分量と定義されています)下痢は...


便秘の「耳ツボ」

便秘の耳ツボ 便秘とは排便回数・排便量が減っている状態便秘の定義はなく、たとえ排便が1週間に1回でも、本人の不快感がなければ、便秘でないといわれている。


排尿障害(尿もれ・頻尿・残尿)の耳ツボ

排尿障害の耳ツボ 排尿障害とは排尿障害は2つにわけられます。1:蓄尿障害(ちくにょうしょうがい)尿失禁切迫性尿失禁腹圧性尿失禁尿もれ頻尿原因尿路の炎症中枢神経系障害神経因性膀胱2:尿排出障害(にょうはいしゅつしょうがい...


糖尿病の「耳ツボ」

糖尿病の耳ツボ 糖尿病の「耳ツボ」交感(こうかん)・・・場所の詳細はこちら腎(じん)・・・場所の詳細はこちら膵胆(すいたん)・・・場所の詳細はこちら内分泌(ないぶんぴ)・・・場所の詳細はこちら縁中(えんちゅう)・・・...


バセドウ病の「耳ツボ」

バセドウ病耳ツボ バセドウ病とはノドにある甲状腺(こうじょうせん)が変性して、甲状腺ホルモンが出すぎている状態。甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とも言う。バセドウ病の特徴発汗過多体重減少疲れやすい...


めまいの「耳ツボ」

めまいの耳ツボ めまい(メニエール病)とは回転性のめまい耳鳴り難聴この3つを特徴とします。良性発作性頭位めまい症とは頭がある方向を向くと、突然に回転性のめまいが生じます。めまいはメニエール病と似ていますが、聴力の異常...


耳鳴り・難聴の「耳ツボ」

耳鳴り・難聴の「耳ツボ」 耳鳴り・難聴の「耳ツボ」はこちら交感(こうかん)・・・場所の詳細はこちら腎(じん)・・・場所の詳細はこちら肝(かん)・・・場所の詳細はこちら副腎(ふくじん)・・・場所の詳細はこちら枕(ちん)・・・場所...


目に効く「耳ツボ」(目の疲れ・痛み・かすみ・仮性近視)

目に効く耳ツボ さまざまな目の症状に効く「耳ツボ」これから紹介する「耳ツボ」は、次のさまざまな目の症状を改善する効果があります。↓ 目の疲れ目の痛み目のかすみ涙目充血結膜炎(けつまくえん)ものもらい(麦粒腫(ばくりゅ...


耳ツボ【神門】

耳ツボ神門1 耳ツボ【神門(しんもん)】こちらでは、耳ツボ【神門(しんもん)】の効果・位置について紹介しています。


耳ツボ【胃】

耳ツボ【胃】 耳ツボ【胃(い)】こちらでは、耳ツボ【胃(い)】の効果・位置について紹介しています。


耳ツボ【心】

耳ツボ【心】 耳ツボ【心(しん)】こちらでは、耳ツボ【心(しん)】の効果・位置について紹介しています。


耳ツボ【肺】

耳ツボ【肺】 耳ツボ【肺】をわかりやすく紹介!こちらでは、耳ツボ【肺】の効果・位置をわかりやすく紹介しています。ダイエットにも使われるツボなので、ぜひ参考にしてください!


耳ツボ【内分泌】

耳ツボ 内分泌 耳ツボ【内分泌(ないぶんぴ)】の効果・位置をわかりやすく解説こちらでは、耳ツボ【内分泌(ないぶんぴ)】の効果・位置をまとめています!耳ツボダイエットに使われる、ツボなのでぜひ参考にしてください。位置は...


耳ツボ【腎】

耳ツボ腎 耳ツボ【腎(じん)】の効果・位置をわかりやすく解説こちらでは、耳ツボ【腎(じん)】の効果・位置をまとめています。その名の通り、東洋医学で「腎」に効果のある耳ツボです。位置も画像つきで、わかりやすく解説...


耳ツボ【肝】

耳ツボ肝 耳ツボ【肝(かん)】を紹介こちらのページでは、耳ツボ【肝(かん)】の効果・位置をまとめています。位置は画像つきで、どこよりもわかりやすく解説しています。耳ツボ【肝(かん)】もよく使うツボなので、ぜひ参...


耳ツボ【脾】

耳ツボ脾 耳ツボ【脾(ひ)】をわかりやすく紹介!こちらでは、耳ツボ【脾(ひ)】の位置・効果をどこよりもわかりやすく紹介しています。耳ツボ【脾】は、便秘など胃腸の症状に使うツボなので、ぜひ参考にしてください。


耳ツボ【交感】

耳ツボ【交感】 耳ツボ【交感(こうかん)】をわかりやすく解説!こちらでは、耳ツボ【交感】の位置・効果について、どこよりもわかりやすく解説しています。耳ツボ【交感】は、自律神経の調節に使う耳ツボなので、ぜひ参考にしてく...


耳ツボ【副腎】

耳ツボ副腎 耳ツボ【副腎(ふくじん)】の位置・場所をわかりやすく紹介!こちらでは耳ツボの【副腎】の位置・場所を紹介しています。画像つきで、どこよりもわかりやすく解説しているのでぜひ参考にしてください。


耳ツボ【縁中】

耳ツボ縁中 耳ツボ【縁中(えんちゅう)】の効果・位置をわかりやすく解説します!こちらでは、鍼灸師(しんきゅうし)の私が、耳ツボ【縁中】の効果・位置を画像つきでどこよりもわかりやすく解説しているのでぜひ参考にしてく...


耳ツボ【耳迷根】

耳ツボ耳迷根 耳ツボ【耳迷根(じめいこん)】の位置・効果をわかりやすく解説!こちらでは、耳ツボ【耳迷根(じめいこん)】の位置・効果をどこよりもわかりやすく画像つきで解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。耳ツボ...


耳ツボ【枕】

耳ツボ枕 耳ツボ【枕(ちん)】の効果・位置をわかりやすく解説!こちらでは、耳ツボ【枕(ちん)】の効果・位置をどこよりもわかりやすく、画像つきで紹介しています。耳ツボ【枕(ちん)】は、めまい・頭痛に使えるツボなの...


耳ツボ【皮質下】

耳ツボ皮質下 耳ツボ【皮質下(ひしつか)】の効果・位置をわかりやすく解説こちらでは、耳ツボ【皮質下(ひしつか)】の効果・位置をわかりやすく解説しています。※皮質下には、別名があります(別名:睾丸(こうがん)・卵巣(...


耳ツボ【耳尖】

耳ツボ耳尖 耳ツボ【耳尖(じせん)】の位置・効果をわかりやすく解説!こちらでは耳ツボ【耳尖(じせん)】(別名:扁桃体(へんとうたい))の位置・効果をわかりやすく解説しています。画像つきなので参考にしてください!


耳ツボ【肝陽】

耳ツボ肝陽 耳ツボ【肝陽(かんよう)】の効果・位置をわかりやすく解説こちらでは、耳ツボ【肝陽(かんよう)】の効果と位置をわかりやすく解説しております。画像もあるのでぜひ参考にしてください。


耳たぶのツボ

耳たぶのツボ解説2 こちらでは耳たぶ(耳垂(じすい))のツボ【9区分】について解説まず横に3等分します。1:珠間切痕(じゅかんせっこん)の下にあるコリッとした軟骨の縁に線を引く2:耳たぶの一番下を目安に、3本の線を引きま...


耳ツボ【気管】

耳ツボ気管 耳ツボ【気管(きかん)】の効果・位置こちらでは耳ツボ【気管(きかん)】の効果・位置を画像つきでわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


耳ツボ【小腸】

耳ツボ小腸 耳ツボ【小腸(しょうちょう)】の効果・位置をわかりやすく解説こちらでは画像つきで耳ツボ【小腸】効果・位置をわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


耳ツボ【大腸】

耳ツボ大腸 耳ツボ【大腸(だいちょう)】の効果・位置をわかりやすく解説!こちらでは耳ツボ【大腸(だいちょう)】の効果・位置をわかりやすく画像つきで解説しています。人間の体の大腸と関係のある耳ツボなので、大腸の調子...


耳ツボ【三焦】

耳ツボ三焦 耳ツボ【三焦(さんしょう)】の効果・位置をわかりやすく解説こちらでは耳ツボ【三焦(さんしょう)】の効果・位置を画像つきでわかりやすく解説しています。便秘に使えるツボなのでぜひ参考にしてください。


耳ツボ【膀胱】

耳ツボ膀胱 耳ツボ【膀胱(ぼうこう)】の効果・位置をわかりやすく解説しています!こちらのページでは、耳ツボ【膀胱】の効果・位置を画像つきでわかりやすく解説しています。膀胱や尿のトラブルに使える耳ツボですので、参考...