医師が同意書を書いてくれない理由
同意書を書いてもらうコツ!


なぜ、「はりきゅうの同意書」を書いてくれない医師がいるの?

はりきゅうの同意書を書きたがらない医者
実は、厚生労働省は、各医師会に通達をだしています。
それは、「鍼灸の同意書を患者さんが持ってこられた場合は、速やかに書いてください!」と

これは、まぎれもない事実なんですね。
※(追記があります↓)


追記 2016年1月現在
厚生労働省に問い合わせたところ、各医師会に、患者が、鍼灸についての同意書を求めてきた場合に、すみやかに書いてください、というような内容の通達は出していないと回答がありました。


患者の受診、及び、診断書については、求められた場合は医師は書く義務があるが、
同意書は、あくまで医師の医学的見地に基づく所見なので、医師の自由意思にゆだねられているそうです。


厚生労働省がサイト記載のような内容の通達を出しているのは、
たとえば、国民健康保険であれば市区町村、のような保険者に対して、だそうです。


つまり、医師は、同意書を求められた場合は、拒むことがゆるされているそうです。


ようするに、医師は同意書を書いてもいいし、拒んでもいいわけです。
でも、患者や鍼灸師サイドから考えれば、
「同意書を書いてくれたら、助かる人もいるのにな~」って思いますよね?


ではなぜ鍼灸の同意書を書きたがらない医師がいるのか?

女性鍼灸師


実はこの鍼灸の同意書ですが、医師に持っていっても書いてくれない場合があります。
理由は、大きく分けて4つ


わずらわしいと考える

まず、この”同意書”この響きがよくないです。
「もし、鍼灸でなにかあったら、同意した自分にも責任をなすりつけられるのでは、、、」
ついつい、考えてしまいますよね。
実際は、同意した医師に、非を向けられることは、いっさいありません。
ですが、”触らぬ神にたたりなし”という気持ちから書いてくれない医師もいます。


整形外科では書いてくれない

整形外科医
これは、整形外科と鍼灸院と同じ分野の患者さんをみるからです。
つまり、自分の整形外科を繁盛させたいので患者の取り合いというようなイメージですかね。
なので、整形外科医では、「はりきゅうの同意書」をほとんど書いてもらえません。


鍼灸治療や東洋医学自体の治療効果に疑問を感じている

医師の中には、鍼灸や東洋医学の効果を信じていないケースがあります。
その場合は、「はりきゅうの同意書」を書いてくれないでしょう。


医師会の中で、同意書にサインをするなと言っている

これは知り合いの医師から聞いた話なのですが、
医師会自体が「はりきゅうの同意書」にサインをするなと、各医師に警告しているようです。
理由は、東洋医学を信じてない、もしくは自分たちの患者をとられる。という理由が想像できます、、、

どうすれば「はりきゅうの同意書」を、書いてもらえるのか?

はりきゅうの同意書を書いてくれる医者
困ったことに病院の先生が同意書を書いてくれない場合もあります。
その場合は以下の方法を試してみてください。


一番良いのは、かかりつけの医師が良いです。

あなたが、いつも風をひいたときにだけ通う内科の先生とか、
おなかの調子をみてもらってる消化器科の先生などもいいですね。

重要なのは「かかりつけである」ということ。
「かかりつけ」だと、医師も同意してくれやすいです。


どの診療科目でもいいの?

どんなお医者さんに、鍼灸の同意書を書いてもらっても大丈夫です。
眼科医でもいいのです。
ただし、歯科医と美容整形はだめ

かかりつけの病院がない場合

また、かかりつけがない場合でも、はじめは内科に受診をしましょう。


とりあえずは鍼灸のことは、相談せずに1~2回通院してみます。

なぜなら、初めての患者さんで、いきなり同意書をつきつけられても、医師側も患者さんのことを把握していないのに、困惑して書いてくれないケースがほとんどです。

まずは、1~2回の診察を受けてみて、そして次回の診察時に「頭痛や、首の痛みがあるので、鍼灸を受けてもいいですか?」と聞いてみましょう。
このような手順を踏むと、「はりきゅうの同意書」をを書いてもらえる確立はグっと上がるでしょう!


あわせて読みたい!関連記事です。

鍼灸師が教える!よい鍼灸院の選び方ならここをチェック!

女性画像 よい鍼灸院の選び方まとめ話をじっくり聞いてくれる患者さんの要望に合わせた鍼治療をしてくれる(痛くない鍼、熱くない灸)治療や症状に対して、しっかりと説明してくれる手が温かい清潔で衛生面もよい治療中、体に...


鍼灸治療で保険を利かせるには?はりきゅうの同意書が必要です!

女性画像 鍼灸院で保険を利かせる方法ここでは、鍼灸師である私が、鍼灸院で「保険をきかせる流れ・コツ」を紹介しています。簡単に説明すると3ステップ!↓「はりきゅうの同意書」をもらう(鍼灸院で)↓医師に、同意書を書...


医師が同意書を書いてくれない理由!同意書を書いてもらうコツも紹介

ドクター なぜ、「はりきゅうの同意書」を書いてくれない医師がいるの?実は、厚生労働省は、各医師会に通達をだしています。それは、「鍼灸の同意書を患者さんが持ってこられた場合は、速やかに書いてください!」とこれは、...


鍼灸治療は痛くないの?たまにチクっとするけどほとんどが痛みなし!

考える女性 鍼灸(はりきゅう)って痛いの?これは、多くの方が疑問にもたれていることだと思います。むしろ、「鍼は痛い!!」思っている人のほうが多いでしょうね。では、「鍼灸治療は痛いのか?痛くないのか?」結論から言い...


鍼灸治療の料金の相場

女性画像 鍼灸治療の料金・金額について鍼灸治療を受ける前に治療代金が気になることは当然ですね。ここでは、鍼灸院の治療費について説明します。鍼灸治療の料金はまず、おおきく2つにわかれます。↓保険を使わない【自費治...


鍼灸整骨院ってなんなの?鍼灸院と整骨院との違いは?

女性画像 【鍼灸整骨院っ】てなに?ただの「鍼灸院だけ」「整骨院だけ」との違いは?理由は簡単です。資格が1つか2つかです。鍼灸師だけの資格なら治療院の名前は鍼灸院です。鍼灸師と柔道整復師の両方の資格をとったなら、...


鍼治療保険適応の条件!6つあるので該当すれば保険で治療できます!

女性画像 鍼灸の保険適応には、あらかじめ同意書の病名が決められている。どんな症状でも、鍼灸で保険治療が受けられるかといえばそうではありません。厚生労働省が6つの病名を定めました。(その他を含めると7つの項目にな...


鍼灸治療後に体が、、、痛い?だるい?丁寧に鍼灸師がお答えします!

体の不調 こちらのページのもくじです!鍼灸の後に体がだるくなるのはなぜ?鍼をしたところが後になっても痛い!鍼灸の後にしんどい・体調が悪い!最後に!


鍼灸治療の後にお風呂は入ってもいいの?

お風呂 鍼灸治療(はりきゅう)の後は、お風呂に入ってもいいの?「注射の後はお風呂に入ってはいけない!」これは常識ですよね!?なぜなら、注射の傷口からバイキンが入ると危険だからです。鍼灸治療の場合でも、これと同...


鍼灸治療は不妊に効果があるの?妊娠できる?

妊婦と医者 鍼灸治療は不妊に効果あるの?現在、不妊治療を受けている。もしくは、これから不妊治療を受けようと考えている方で、鍼灸治療は効果があるのか?と疑問に思う方も多いと思います。正直に言って鍼灸は不妊に効果があ...


根本治療とは?肩こりの根本治療ってどうすればいいの?

医療人 根本治療(こんぽんちりょう)とは?根本治療の定義について根本治療とは、「病状に対して、根本から原因を改善、または取り除いて病状を治す」というものです。根本治療の反対は、対処療法(たいしょりょうほう)な...


かぜを引いているときは鍼灸治療を受けてもいいの?

ダメと言う鍼灸師 風邪(かぜ)を引いているときは鍼灸治療を受けてもいいのですか?風邪(かぜ)を引いいてる、、、熱がある、、、実はこんな時は、鍼灸治療を受けないで下さい。では、なぜ鍼灸治療を受けてはいけないのか?その理由...


パーキンソン病に鍼灸治療は効果ありますか?

タオルを使ってトレーニングする女性 鍼灸師からみたパーキンソン病とは?簡単に説明しますね。脳の老化にともなう変性によって、ドーパミンという物質がうまく出ないために起こる病気です。(※変性とは、形が変わってうまく機能しなくなる状態)パーキ...


シンキュウ・ハリキュウどちらが正しい読み方?鍼灸・針灸 漢字は?

シンキュウVSハリキュウ 「シンキュウ」 「ハリキュウ」 正しい読み方はどっち?結論から言いますね。どちらも正解です。実際にどちらの読み方でも使われているのが現状です。どちらかと言えば「シンキュウ」の方が多いかもどちらかといえ...


帯状疱疹後神経痛(ヘルペス)に鍼灸治療は効果がありますか?

顔に湿疹 イラスト 帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう)に、鍼灸治療は効果がある?正直なところ、、、帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう)の患者さんをたくさん見てきました。果たして鍼灸治療を...


小児鍼とは?よくある質問・効果はこちら

小児鍼イラスト 小児鍼(しょうにばり)とは?小児鍼は、「赤ちゃん~小学生」に対しての鍼灸治療です。鍼を刺すわけではなく、こすったり、掻(か)いたりと特殊な鍼を使います。こちらでは、小児鍼のよくある質問をまとめてみまし...


鍼灸の後に痛いのは下手だから?真実をぶっちゃけ鍼灸師がお答え!

痛みイメージ画像 鍼灸の治療後に、痛くなった、、、鍼灸の治療後に患部が痛くなることがしばしばあります。「それは、鍼灸の先生が下手くそだから!?」って思っちゃいますよね、、、実は、その可能性もあります。ですが、そうでない...


鍼灸って毎日してもいいの?体に悪い!?毎日来るように言われたら!

鍼灸師 鍼灸治療は毎日してもいいの?結論から言います。鍼灸治療は毎日してもまったく問題ありません。毎日したほうが、治りも早いです。ですが、毎日しなくても良いケースがありますので、もう少し詳しくご説明します。


鍼灸院・整骨院でセクハラ問題はありますか?きわどいツボがある!

怒る女性 鍼灸院・整骨院のセクハラ問題について鍼灸整骨院という場所は、人の体に触れるものなので、たびたびこのセクハラという問題が起こりえます。ただ、このセクハラ疑惑については、治療家サイドと患者サイドと両方の意...


病院で治らない病気が鍼灸治療だと治る?東洋医学は自己治癒力がカギ

いろいろな症状 イラスト 病院で治らない病気は鍼灸で治る?病院で「この病気は治りません!お薬で痛みをとるしか方法はありません。」と、言われることは少なくありません。しかし、これはあくまでも西洋医学で考えた場合です。これが東洋医...


鍼灸治療では、なぜ血がでないの?鍼では、ほとんど出血しません!

鍼イラスト 鍼灸治療は血がでないの?一般の方には、鍼灸治療をすれば血が出ていると思っている方も多いです。ですが、ほとんど血は出ません。まれに出ることもありますが、すごくまれです。じゃあ何故、血が出ないのでしょうか...


鍼灸治療は使い捨ての鍼ですか?ディスポ鍼かどうか調べる方法!

ゴミ箱 鍼灸って使い捨ての鍼ですか?一昔前は、注射針も使い回しの時代がありました。そのために、肝炎など感染問題が重要視され、使い捨ての注射針を使用するようになりました。鍼灸治療の場合ですが、現在はほとんどが使...


鍼灸治療は経費になるのか?鍼灸師であり個人事業主である私の意見!

メモイラスト 鍼灸治療は経費になりますか?確定申告をする場合、経費を計上していくのですが、この”鍼灸治療が経費になるかどうか?”が、みなさん気になるところではないでしょうか?ではまず、鍼灸治療が経費になるかどうかを...


鍼灸治療費が医療費控除になるための条件!マッサージ・整骨院でも可

灸治療 鍼灸治療費は、医療費控除の対象になるの?鍼灸治療費は、医療費控除の対象になります。また、鍼灸治療だけでなく、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師による施術も、対象になります。ただし、注意点として国税庁の...


視力回復に鍼灸治療は効果がありますか?目が良くなるの?

視力検査 イラスト 視力回復・乱視に鍼灸治療は効果ありますか?鍼灸治療は、視力回復や乱視に効果があります。ただし、どんなケースでも効果があるわけではありません。主には、血流が良くなることで改善される視力回復や、血流が悪く...


鍼灸をしないほうがいい場合。こんなときは治療が出来ません。

ビールを飲むサラリーマン 鍼灸治療 しない方がよい場合鍼灸治療をしないほうがよい患者さんも中には存在します。では、いったいどんな患者さんでしょうか?大きく4つにわけてみたので参考にしてみてください。


自分専用の鍼ってなんなの?衛生的に問題ありませんか?

ディスポ鍼 「自分専用の鍼」というものについてご説明します!いろんな鍼灸院のホームページを見ていたら「自分専用の鍼なので安心!」とか、鍼灸院で、「自分専用の鍼を作りますか?」と言われた、、、なんて経験ありませんか...


鍼灸治療って肩こりにどんな効果があるの?なぜ鍼灸で治るのか?

考える女性 鍼灸治療って肩こりにどんな効果があるの?「鍼灸治療で肩こりが本当に治るの?」って思う方もいると思います。なので、鍼灸治療が肩こりにどのような効果をもたらしてくれるのか、現役の鍼灸師である私がわかりやす...


これってセクハラ?鍼灸治療に疑問を感じたら!不妊治療は要注意!

ばつ 鍼灸院で、セクハラ被害を受けたという事実がある!?私は、鍼灸師でもありながら、当サイトの運営者でもあります。先日、当サイトに、鍼灸治療のセクハラ問題について、お問い合わせをいただきました。その内容(一...


お灸は熱いほうがいいの?我慢したほうがいいの?

腰のお灸 お灸は熱い方がよく効くのか?我慢したほうがいいのか?こんにちは。ぶっちゃけ鍼灸師です。お灸は、「熱いほうがよく効く!」というイメージをお持ちだと思います。がしかし、実際のところは、2つの意見に分かれま...


妊娠中は、お灸をしてもいいの?大丈夫?

考える妊婦 妊娠中は、お灸をしてもいいの?最近では、すっかりお灸女子が増えました。でも、そこで疑問になるのが、「妊娠中は、お灸をしても大丈夫?」ということです。結論からいいますと、以下の約束を守れば大丈夫です!で...


鍼灸治療の後にマッサージをしてもいいの?

考える主婦 鍼灸治療の後にマッサージをしてもいいのか?ズバリ!鍼灸治療は、鍼(はり)やお灸をしますよね。でも、「その後にマッサージをしてもいいの?」って、気になる人もいると思います。2つのパターンが考えられます。...


鍼灸治療はどんな病気が治るの?

鍼灸治療はどんな病気が治る?一般の方は、鍼灸治療になじみがないので、「どんな病気が治るのか」疑問ですよね。コチラでは、WHO(世界保健機関)の適応疾患を含めた、「鍼灸治療の治せる病気」を紹介します。 ...


鍼灸治療は期間はどれくらい(何回)で治る?

一般の方には、鍼灸治療は何回行ったら治るのか?疑問に思っている人も多いと思います。では、ぶっちゃけ鍼灸師が、おおよその目安を紹介しておきます! 「治る期間」はあくまでも、目安です。人によって個人差が大...