鍼灸治療 何回目で治すか?治さない方がいいのか?


白衣の男性とグラフ

鍼灸治療は、

  • 何回目で治すのがいいのか?
  • 1回で治すほうがいいのか?
  • 治さない方がいいのか?

経営面で考えた場合、
鍼灸に携わる皆さんなら、一度は考えたことがあるでしょう。


学生の頃に言われた一言、、、

私が、森ノ宮医療の学生だったころ、担任の先生はこのように言いました。
「3回目で治せ!それなら、3回分の治療費はいただける。だから、食いぶちに困らない」と、、、


その当時は、「なるほど!これが、鍼灸院の経営テクニックなのか~」と感心しました。


しかし、今は違います。
私の出した結論は、「1回で治せ!」です。
では、その理由を、今から説明していきます。

経験者は語る!

このページは、こちらのを一部参考にさせてもらいました。
鍼灸院開業マニュアル
鍼灸院開業マニュアル
著者:浅野周(中国医学翻訳家・鍼灸師)

ここからは、 浅野先生の体験談

著者:浅野周先生は、島根県で開業したそうです。
浅野先生も私と同じく、学生時代に「早く治さずに、経営も考えた方がよい」と恩師から言われたそうです。
しかし、浅野先生は、1回で治すように心がけました。


その結果、、、


途中からパッタリと客足が途絶えた、、、と書かれています。(^_^;)


ところが、

  • 1年後、、、患者さんが付きだし
  • 2年後、、、結構、忙しくなったと

とのこと。


確かに、1回で治してしまうと、当然のことながら、次は来ません。
しかし、1回で治してもらった患者さんは、次の2つの行動を起こすことになるのです!


  1. また、痛くなったら、確実に来院する。
  2. 「あそこで、1回で治してもらった!」と、口コミを流す。

1回で治すと、口コミが広がる!

田舎の街並み
田舎の場合、とくに口コミの効果が絶大のようです。
家族親せきの間で、広まっていき、遠方からも来院するようになるのです。


しかし、この口コミの効果は「田舎が効果的なのであって、都会だと効果が弱くなる。」と浅野先生は言います。

じゃあ、都会だと1回で治さない方がよいのか?

都会の街並み
いいえ、私の考えでは、「都会でも1回で治せ!」です。


なぜか、、、

「鍼灸院開業マニュアル」の初版が発行されたのは、2011年です。


現在(2016年)は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の時代です。
(※SNSとは、ツイッターやフェイスブックのこと)


スマホの通信

このSNSによる拡散があるので、都会でも1回で治したほうがいいのです!


ただし、いきなり「拡散されるわけではない」

東京に住むAさんが、ぎっくり腰が1度で治ったとします。
人によっては、「ぎっくり腰が1回で治った!」と、ツイート(つぶやき)するかもしれません。


でも、人によっては
「お店が混雑するとイヤだから、内緒にしておこう、、、」とか
「お店に迷惑をかけてはいけないから、黙っておこう、、、」となるのです。


しかーし!友達が、ぎっくり腰になったら別

例えば、Bさんが「ぎっくり腰になって動けない、、、」というツイート(つぶやき)をしたとします。
それを見たAさんは「以前、この鍼灸院でぎっくり腰を一発で治してもらったぜ!」と、ツイッターで教えてあげるのです。

鍼灸治療は、何回で治すのがいいのか?【まとめ】

鍼の種類

  • 開業して、「とりあえず1年は潰したくない」なら、3回目で治せ!
  • 開業して、「1年以降も、継続して続けたい」なら、1回目で治せ!

ということです。


1回で治してくれる」と言うのは、患者さんからの信頼が格段に違います。
もし、Aさんがぎっくり腰を1回目で治してもらったなら、寝違えなど、別の病気になった時も、「1回で治してくれる」と思って、来院するのです。


また、Aさんの周り(家族・友達)が、不調になった場合、「あそこの鍼灸院は1回で治してくれるよ。」と、口コミを流してくれるのです。


この信頼力は、3回目で治した場合と、1回目で治した場合と、各段にがあるでしょう。
だからこそ、「鍼灸治療は1回目で治すべき!」と私は推奨します。

自賠責保険のバナー


あわせて読みたい!関連記事です。

【交通事故】自賠責保険の鍼灸・マッサージ治療の請求金額の上限は?

交通事故画像 ※こちらは、「鍼灸師」・「按摩指圧マッサージ師」に向けた内容になっています。さて、鍼灸師&マッサージ師のみなさんは、自賠責保険の請求金額は、1回いくらかご存じですか?結論から申し上げると、1回2万23...


鍼灸院の開業 マンションの一室とテナント(貸店舗)どちらが良い?

テナントの画像 マンションの一室かテナント(貸店舗)なら、断然テナント!さて、鍼灸師のあなた!開業場所を、「マンションの一室」か「テナント(貸店舗)」で悩んでいると思います。結論から申しあげましょう!テナント(貸店舗...


鍼灸院の開業は、資格を取ってからいつ(何年目)がいいのか?

骨格標本 鍼灸師の開業はいつしたほうがいい?鍼灸師のあなた!鍼灸院を開業するのは、「いつがいいのか、、、、」「修行は何年積めば、、、」と悩んでいることでしょう。人によっては、学校を卒業(資格を取得)してから、5...


鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちが良いの?

都会の街並み 鍼灸院の開業を考えている鍼灸師のあなた!「都会と田舎では、どちらがいいのか、、、」と悩んでいませんか?どちらかというと、都会のほうがやや有利だと思います。ではその理由を、比較しながら説明していきます。...


鍼灸院・整骨院は、土日祝を開けるべき?

寂れた商店街 絶対に土日祝に、開業すべき!これから、鍼灸院・整骨院を開業しようと考えているそこのあなた!土日祝を、休みにしようかどうか、迷っていませんか?結論から言います。絶対に開けるべきです!では、その理由をじっ...


鍼灸院・整骨院のホームページで重要なこと!

パソコン画像 鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちが良いの?でも触れましたが、都会で鍼灸院・整骨院を開業(集客)するなら、ホームページは必須です。では、鍼灸院・整骨院のホームページにおいて、重要なことを紹介してきます...


【鍼灸治療】1回で治すほうがいい?3回で治すほうがいいのか?

白衣の男性とグラフ 鍼灸治療は、何回目で治すのがいいのか?1回で治すほうがいいのか?治さない方がいいのか?経営面で考えた場合、鍼灸に携わる皆さんなら、一度は考えたことがあるでしょう。学生の頃に言われた一言、、、私が、森ノ...


鍼灸の同意書を書いてくれない場合、診断書でも認められる。

○サインの医師 医師が同意書を書いてくれない、、、同意書がないと、鍼灸治療の保険適用ができません。鍼灸師としては、困りますよね。では、同意書を書いてくれない場合、どうすればいいのか?実際に、大阪府鍼灸師会の勉強会で教...


鍼灸の同意書 | 6疾患以外(その他)で請求できる?

カルテを持つ鍼灸師 鍼灸の保険請求【6疾病【以外では請求できないの?※こちらのページは鍼灸師目線で書いています。鍼灸の保険請求ができる疾病は、6つ(神経痛・リウマチ・頸腕症候群・五十肩・腰痛症・頸椎捻挫後遺症)に決められ...