脳梗塞後遺症のしびれが強くなる!原因と予防について

リハビリをする男性

脳梗塞後遺症のうこうそくこういしょうのしびれが強まる場合がある!

医師
脳梗塞後遺症のうこうそくこういしょうによって、手や足にしびれが残る場合があります。
これは脳梗塞によって、脳組織の病変部位が死滅した状態であり、再生することはありませんので、しびれは治らずに固定したままです。

しかし、天気が悪かったり、体調が悪いときにしびれ感が強くなる場合があるのです。
ひどいと、普段は感じない部分にまでしびれ感を感じる場合もあります。

では、しびれが強くなる原因を今から、ご説明します。

脳梗塞後遺症のうこうそくこういしょうのしびれが強くなる原因

脳梗塞 イラスト
しびれが強くなる原因としては、脳梗塞後遺症を起こしている病変付近で、死滅している神経細胞が血流不足のために働きが悪くなり、病変に反映する症状、つまりしびれが少し大きく表れると考えられています。

血流が悪くなる原因に天気と体調が関係する

天気が悪いと、気圧が下がり細胞の働きを低下させます。
もちろん、血流も悪くなるのです。
それによって、しびれが強く感じたりします。
また、体調が悪くても、細胞の働きや血流と関係してきます。

脳梗塞後遺症のしびれが強まるのを防ぐには?

リハビリで体操をする女性
このような脳梗塞後遺症のしびれが強まるのを防ぐには、脳全体の血流を保っておくことが望ましいです。

病院によっては、血管拡張薬けっかんかくちょうやく(血管を広げる薬)を処方するケースもありますが、あまり効果がないといった場合が多いようです。

ポイント
薬に頼るよりも、普段から血流を改善するために、適度な運動をするなどして、体を動かすことが良いでしょう。

ストレスを減らす

ストレスを感じてしまうと、血管が収縮します。
なので、ストレスと上手に付き合うようにしましょう。
リッラクスできる時間を持つことも、有効です。

お風呂は毎日浸かる

お風呂に浸かると全身の血流が促進します。
また、毛細血管を増やすのにも有効なので、毎日浸かりましょう。

水をよく飲む

水を飲んで、脱水を防いでおくと、血流はサラサラと流れやすい状態です。
目安としては、1日1ℓ~1.5ℓほどは飲むようにしましょう。

適度に運動する

日頃から運動することによって、日々の血流が改善されます。

肩こりが強いと、脳への血流が悪くなる

また、肩こりが強いと脳への血流も低下してしまうので、肩こりを和らげるために、ご自身でストレッチや体操を行ったり、リハビリなどでマッサージを受けるのも効果的かと思います。

肩こり温めグッズも、おすすめです。

このページのまとめ

  • 脳梗塞後遺症によるしびれは、日によって強く感じる場合がある
  • 強く感じる場合は、脳の血流低下が原因
  • 血流低下を防ぐためにも、日々、血流アップすることを心がけておくと良い
  • しびれに対し、血管拡張薬などの薬が処方されるが、効果はいまいちとされている(しびれに対して)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です