逆子を直す方法にお灸があります!ツボの場所はこちら!

逆子のツボ

逆子とは、胎児の赤ちゃんが本来は頭が下にこないといけないのに、上下で反対になっている状態のことです。

このままでは、生まれることができないので、なんとか妊娠中に逆子を直そうと試みるのです。

逆子のお灸がある。

逆子を直すお灸があるというと、ビックリするかもしれませんが、東洋医学では実際にあります。

また、逆子のお灸で実際に直ったという例も多く、鍼灸師の間では常識となっているツボがあります。

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、鍼灸師が画像でわかりやすく解説しているので参考にしてください。

逆子のツボ 【至陰】しいん

至陰 ツボ

ツボ【至陰】しいんの場所

至陰 ツボの場所
足の小指のにとります。
図のように爪の外側の角にとります。

ツボ【至陰】しいんの刺激方法

お灸イラスト
逆子を直すとして知られている【至陰】しいんですが、
効果的なのはお灸です。

お灸といっても、せんねん灸でOKです。

ぶっちゃけ鍼灸師

自分でせんねん灸をしたことのある人はいいのですが、したことない人は、こちらのページをご覧ください。

逆子のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

逆子が治るまで毎日、お灸をすえてください。
1日1回で大丈夫です。

逆子のツボは副作用はありません

こちらで紹介した逆子のツボは、副作用がありませんので安心してお試しください。

お灸の他に、逆子を直す方法

妊婦 イラスト
逆子を直すのはツボだけでなくいろいろな方法があります。
一般的なのは、自分で寝る姿勢を調整してみたり、逆子体操まであります。

また、専門の方がお腹を撫でるようにマッサージして、回転させる方法まであります。

一度、ネット検索して調べてみて下さい。

逆子を直す前に医師に相談しよう!

妊婦と医者
逆子のツボをにお灸したり、自分で治そうとする前に気をつけてほしいのが医師にきちんと相談をしておいてください。

おなかの中の状態を一番よく把握しているのは、なによりも医師や助産師です。
なので、逆子を直すことについて必ず相談してからにして下さい。

お灸で逆子を直すなら、早めがいい!

ぶっちゃけ鍼灸師

お灸を使って逆子を直すなら、なるべく逆子とわかった段階からお灸をやり始めるほうががいいです。
というのも、妊娠して10週を過ぎていたら、胎児が大きくなっているので、逆子が戻りにくくなるからです。

ポイント
先日も、うちのがちょうど妊娠10週目でして、逆子でした。
担当医から、「お灸で逆子が直った人がいるよ!」と言われ
さっそく、鍼灸師である私のところに連絡が、、、
「逆子に効くツボ教えて~!」でした(笑)

すぐに、行ってお灸をすえて、さらにマジックで印をして、せんねん灸をあげました。
一応、私は「10週目にもなっているから、直るのは難しいと思うよ、、、」と伝えておきました。
毎日、せんねん灸をしていたようですが、結果は、ダメでした。

ポイント
まあ、マジックで印したところに、上から塗っていっても、微妙にずれていきますし、10週目だとやはり、逆子が直る成功率は下がるように思います。
結果的には、帝王切開で生まれました。
現在は、元気にすくすくと育っているので、終わり良ければ全て良しです!!(*^ω^*)ニコッ

このページのまとめ

  • 東洋医学では、逆子を直すツボがあります。
  • 逆子のツボは、お灸の刺激が基本です。
  • 逆子のツボは、胎児が大きくなってからだと、成功しにくいので逆子がわかってからすぐに始めるほうが成功しやすい。
  • 逆子のツボを試す時は、事前に担当の医師と相談しておくことをおすすめします。
  • 逆子のツボでは副作用はない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です