肩や首がピリッと痛む・ピキッと電気が走る、、、原因はこれ!

方の痛み

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、肩・首に「電気が走ったようにピリッと痛む」原因と改善方法を鍼灸師が紹介しています。

肩や首がピリッと痛む!ピキッと電気が走る!これって何!?

肩の痛みイラスト
よく、首を回したときや腕を回したときに、
「今、ピリッとした!」とか、
「ピキッと電気が走った!」

なんて経験をしたことがある人も多いと思います。

いったい、「このピリッとする痛みはなんなのか?」
一瞬の出来事ですが、気になるものですよね。

鍼灸師という立場上、患者さんから「このピリッとについて」聞かれることも多いです。
実は、このピリッとする痛み・ピキッと電気が走るのには、ちゃんとした理由があるのです!

ピリッと痛む正体は神経痛だった!

このピリッと痛む正体は、神経痛しんけいつうです。
皮神経 模式図

神経痛のなかでも、主に皮膚の近くを走っている皮神経(ひしんけい)が、障害を受けたために起こる皮神経痛ひしんけいつうです。

ポイント
神経痛といえば、お年寄りの病気というイメージがあますが、年齢は関係ありません。神経が障害を受けたときに感じる痛みなのです。

皮神経痛はなぜ起こる?

この皮神経は、筋肉の中を通り抜けて、皮膚へ達します。

皮神経 が起こるしくみ
例えば、肩こりがあると筋肉が硬くなっている状態ですよね。
その状態で、肩や首を動かすと、さらに神経が圧迫を受けたり・引っ張られたりするのでピリッとした痛みが走る、、、つまり皮神経痛を起こすのです。

言い換えれば、この皮神経痛がよく起きる人は、肩こりがひどくなっているような人です。
また、この皮神経は肩だけでなく腰でも頭でも体全身に張り巡らされています。
なので、体中でこのピリッとした痛みが起こる可能性があります。

このピリッと電気が走る「皮神経痛」は、問題があるのか?

肩に遠赤外線をあてる
「一瞬だけピリッとした!」というのなら、そこまで気にする必要はありません。
単に、角度の問題で一時的に起こっただけです。

ポイント
ただし、注意点が2つあります。
注)ケガ・事故など、心当たりがない場合です。
注)心当たりがある場合は、神経を損傷している可能性があるので、病院を受診してみましょう。

もしも、このピリッという神経痛が、同じ場所で何度も起こるというのなら、皮神経の障害が考えられますので、その際も病院に行ってみましょう。

皮神経痛の改善方法は?

ポイント
ピリッと痛む(皮神経痛)最大の原因は、その周囲の筋肉が硬くなっていることです。

肩こりの専門の場所に行く

なので、筋肉のこりを取り除けば、症状が治まります。

筋肉を柔らかくしてくれるようなお店は、【整骨院・鍼灸院・マッサージ院・病院のリハビリ科】などです。

温めて筋肉を柔らかくする

筋肉を柔らかくするならば、ホットパックを使って肩を温めてあげるのが効果的です。
温めると、筋肉が柔らかくなり、神経も興奮がおさまります。
【肩こり温めグッズ】を参考にしてください。

肩こり解消グッズでほぐす

自分で筋肉のこりをなんとかしたい場合は、肩こり解消グッズを参考にしてください。

このページのまとめ

  • 肩や首が、急にピキッと痛むのは、皮神経痛という現象が起こっている
  • 皮神経痛とは、その周囲の筋肉が硬くなっているために、動かした瞬間に引っ張られて痛むだけなので、ほとんどが大した問題ではない
  • 皮神経痛を改善するには、筋肉のこりをほぐしたり、温めたりすることが有効

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です