鍼灸師が教える!よい鍼灸院の選び方ならここをチェック!

鍼灸治療

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、鍼灸師の私が「よい鍼灸院の選び方」をまとめました!

良い鍼灸院とは

鍼灸師の先生
良い鍼灸院・先生というのは、
患者さんを主体にしてくれます。
例えば、鍼灸院に訪れる患者さんがみな、鍼や灸が好きかというと、必ずしもそうではありません。


なかにはこのような患者さんもいらっしゃいます
  • 「いろんな治療を受けたけど他では、良くならなかったので来ました」
  • 「〇〇病には鍼灸がよく効くと聞いたので来ました」

こういった患者さんも少なくありません。
つまり、鍼が始めてだったり・キライ・恐いと思っていたりするのです。

ぶっちゃけ鍼灸師

しかし、そんな鍼灸が苦手と思っている患者さんに対して、「キツイ鍼・アツイ灸」をする先生というのは、ほとんどが、患者さんのことを考えてません
(自分の治療スタイルを確立させている先生は別)

よい鍼灸の先生というのは、あなたの要望にあわせた、鍼灸治療をしてくれる先生です。

よい鍼灸院の選び方まとめ

鍼灸師

よい鍼灸院の選び方
  • 話をじっくり聞いてくれる
  • 患者さんの要望に合わせた鍼治療をしてくれる(痛くない鍼、熱くない灸)
  • 治療や症状に対して、しっかりと説明してくれる
  • 手が温かい
  • 清潔で衛生面もよい
  • 治療中、体にタオルをたくさんかけてくれる
  • 自宅での、肩こり解消方法なんかを教えてくれる
  • 治療効果をしっかり実感できる


ぶっちゃけ鍼灸師

これがすべてとは言わないですが、ここまでやってくれる先生のいるところは「よい鍼灸院」だと言えるでしょう。
よい鍼灸院のほうが、「気持ちよく治療を受けられる」ので、症状も改善しやすくなります。

ぶっちゃけ鍼灸師

だからといっても、絶対に治るという保証があるわけではありません。
もし、鍼灸院に通っているのになかなか良くならないというした人は以下の記事もお読みください。

鍼灸院に通っているのになかなかよくならない

疑問に思う女性

ぶっちゃけ鍼灸師

もしあなたが鍼灸治療を受けていて、なかなか治らない、、
と感じているなら、大きくわけて3つのことが考えられます。

1,先生の技量が少ない

これは悲しい現実ですが「へたくそな先生・経験が乏しい先生」もいるのです。

ポイント
もちろん、経験年数と技量が必ずしも比例するわけではありません。
20代で若くても、上手な先生もいれば、
50代で、年季があっても下手な先生もいます。
鍼灸資格は、18歳から取れますし、上限もないです。
(鍼灸専門学校の入学は上限を設ける場合あり)
50歳で鍼灸資格をとった先生もいるので、見た目では判断できませんね。
治療を受けてみて、未熟だと感じたら、別の鍼灸院にいくことをおすすめします。

2、先生の治療方針と、症状が合っていない

鍼灸師
鍼灸治療には「いろんなやり方」があります。
あなたの症状と「鍼灸治療法」がマッチしないと、効果が出ない場合もあります。

ポイント
鍼灸院での「治療法」はたくさんあります。
なので、あなたが鍼灸院に通っているけど、あまり良くならないのならば、別の鍼灸院に変えるほうがいいでしょう。

3、症状自体が長くかかるケースもある。

症状自体が治るのに長くかかる場合もあります。
耳鳴り・めまい・自律神経失調症など内科的な原因がある場合は、時間がかかることがあります。
また、五十肩はも基本的には、長く時間がかかります。

肩こりでも長引く場合はある
また、肩こりに関しても、慢性的な肩こりは、すこし時間がかかります。
少しずつでも、良くなっていくのが感じられる場合は、続けてみましょう。

ぶっちゃけ鍼灸師

いかがでしたか?
ここでは良い鍼灸院・鍼灸師の先生の見分け方を紹介しておきました。
鍼灸治療というのは、とてもリラックスできる治療方法です。

それが、未熟な鍼灸師のためにリラックスできないようなら治療効果も半減してしまいます。
なるべくなら、信頼のおける先生のほうが症状もグッと良くなりますので、ぜひとも参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です