押して痛いところはツボ?自己流で押してもいいの?

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは「ツボの秘密」を鍼灸師がわかりやすく解説しています。

押して痛いところがツボ?

押したら痛いところ イラスト
体のある部分を押さえると
やたらと痛いところってありますよね?
それは、ツボなのでしょうか?
それとも一体なんなのでしょうか?


実は、これには2つのパターンがあります。

メモ
  1. 実際にツボと重なっている場合
  2. ツボじゃないけど、押さえると痛い場合
では、この2つについてもう少し詳しくご説明しますね。

1 押して痛いところが、実際のツボだった場合

こめかみのツボ押しイラスト
押してみて、「すごく痛いな~」と思ったら、実際のツボと偶然に重なっている場合もあります。

ツボなので、押して痛いのは当然です。
この場合は、押しても問題はありません。

むしろ、押すことによってツボを刺激するので、該当するツボ効果が得られるでしょう。

メモ
また、西洋医学的観点からみた治療ポイントに
トリガーポイントがありますが、実に70%も東洋医学のツボと合致している部分があるので、
案外、押さえて痛いところというのは、ツボである可能性は高いです。

2 ツボではないけれど押したら痛む場合

肩のツボ押しイラスト
実際のツボとは重ならないけれど、押したら痛む場合があります。
押して痛い場合、主な原因は、筋肉のコリ血流不足です。

筋肉のコリや血流不足によって、発痛物質がたまっていたりするので、押すと痛みを感じるのです。

押しても大丈夫なの?

メモ
押しても、まったく問題ありません。
押して痛い場所というのは、反応点として、治療に使うこともあります。

つまり、針やお灸・指圧などによって、血流を促進し、発痛物質はっつうぶっしつ(痛みの物質)を洗い流せば痛みが軽減するので、たとえツボじゃなくても治療ポイントとしては有効です。

※ただし、これは専門家の判断によって、成立します。
※素人判断でヘタをすれば、痛みがひどくなる場合があります。

押すのがよくない(押してはいけない)場合はこちら

メモ
怪我ケガ内出血ないしゅっけつ・デキモノ・火傷やけど」など異常がある場合は、押すのを控えてくださいね。

目安としては、押してみて痛みが改善していくならドンドン押して大丈夫です。。
反対に、押していると痛みがひどくなってきた、、、なんて場合は押すのをやめましょう。

”しこり”は要注意!

メモ
しこりが、ある場合は、腫瘍しゅようが考えられます。
なので、、早めに皮膚科のお医者さんに相談しましょう!

このページのまとめ

  • 押して痛い場所というのは「ツボだから痛い場合」と「こっているから痛い場合」に大きくわけられる
  • 「ツボだから痛い場合」「こっているから痛い場合」も、どちらも自己流で押して問題ない。むしろ痛みを改善する効果がある
  • 押してはいけない場合は「ケガ・内出血・できもの・やけど・しこり」など皮膚に異常がある場合は、押してはいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です