治療時間を短くできない!
短時間で満足のいく治療とは!


治療家は皆、「治療時間の短さ」に悩んでいる!?

腰のマッサージ
こんにちは。
私は整骨院で8年、病院のリハビリ科に3年の臨床経験があります。


治療家が、必ずと言っていいほど、つまづく問題点、、、
それが、治療時間ですよね?


実費治療のように、長い時間だと問題ないのですが、
保険治療だと、だいたいマッサージ10分が相場ですよね?(^_^;)


その10分という短さで、みな治療家は、頭を悩ませるのです!

なぜ10分だと、悩むのか?

治療風景
ではなぜ、治療時間が短いと、治療家は悩むのでしょうか?まとめてみました↓

  • 10分だと、満足させられない、、、
  • 10分だと、痛みを治せない、、、

ほとんどの治療家が、この2つで悩むと思います。

でも、10分という時間(その治療院での決められた時間)は、守ったほうがいいのです。

じゃあ、時間を守らないとどうなるのか?

治療ベッド
では、時間を守らないとどうなるのか考えてみましょう!


  • 1.患者さんをさばけなくなり、回転が悪くなる(渋滞)
  • 2.患者さんの治療時間にばらつきが出て、不公平というクレームが出る
  • 3.指名制度を設けていないのに、患者さんは指名を言うようになる(時間の長い先生が人気がでる)
  • 4.一度、長く触ってしまうと、次から時間を短くしにくくなる
  • 5.同僚のスタッフ間でのトラブルに発展する

ふくらはぎのマッサージ

この5つをもう少し詳しく言うと、、、

1.患者さんをさばけなくなり、回転が悪くなる(渋滞)

これは、単純に考えてそうですよね。
1人10分でまわさないといけないところを、1人15分にしてしまうと、それだけどんどん遅れていきます。
保険治療では、1人辺りの単価は決まっているので、経営者からすれば、たまったもんじゃないです。

2.患者さんの治療時間にばらつきが出て、不公平というクレームが出る

患者さんはよく見てますよ(^_^;)
「○○さん(患者の名前)は、マッサージが長い!」と言われたりします。
なので、いつかクレームが出て、結局、患者さんに迷惑をかけてしまうようになるのです。

3.指名制度を設けていないのに、患者さんは指名を言うようになる

本来は指名制度を設けてない治療院なのに、患者さんが「あの先生のほうがいい」と言い出すと厄介ですね。
渋滞の原因となります。
でも、患者さんの多くが「マッサージを長くしてくれる先生の方がいい」と思っています。
だからこそ、公平に10分で終わらせないといけないのです。

4.一度、長く触ってしまうと、次から時間を短くしにくくなる

ついつい、治療院がヒマだったからといって長く治療してしまうと、次回、短くなったときにクレームが出る恐れがあります。
時間を短縮することは難しいのです。

5.同僚のスタッフ間でのトラブルに発展する

これも多いですね。
人数を多く触りたくない(疲れるから)場合、時間を自分で調整して、患者の数を減らそうとする治療家だっているのです。
ところが、そんなのはすぐに、同僚にわかるので、どうもギクシャクしてしまうものです。
実際に、それが原因で解雇となったケースを今までたくさん見てきました(^_^;)


では、いったいどうすれば、
患者さん一人一人の時間を守れるようになるのか!!

治療時間を短くできる3つのポイント!!

骨模型
実は、私もこの10分という短さに、10年近く、悩み続けてきました。
ところが、最近では、すんなりと10分で治療を終われるようになったのです!


どうやったのか、、、
詳しくご説明しましょう!(*^ω^*)


1、痛みを治すのは、患者である
2、時間を長くすると、誰も幸せにならない
3、治療技術を上げる


詳しく、解説します↓

1、痛みを治すのは、患者である

時間が短いと困るのは「痛みが治らない」という思いがあるからです。
この「思い」を捨てましょう!
なぜなら、痛みを取るのは、治療家ではありません。
患者さん本人です。
つまり、治療とは「手助け」でしかないのです。
だから、「俺が一生懸命治療すれば、治るんだ!!」という思いを捨ててください。
そうすれば、10分で治療が終われるようになります。

※間違っても”手を抜け”と言っているのではありません。
わかりやすく言うと、
痛み10→1にするのではなくて
痛み10→7くらいで良いということ。
あとは、患者さんの自己治癒力に任せる。ということです。

※また、どんなに治療をしても、患者さん自身の生活スタイル&食習慣を改善しない限り、治りません。
人間はもともと、病気や痛みを自分で治す自己治癒力があります。
だから、手技だけで治そう!と意気込むのではなくて、患者さんに「こうするといいよ!」といった知恵をどんどん授けると、痛みも改善しやすく、かつ信頼関係にもつながるのではないでしょうか。

※もし、治療部位が複数におよぶというのなら、毎日、来てもらえばいいだけのことです。

 


整体師

2、時間を長くすると、誰も幸せにならない

時間を長くしても誰も幸せになりません。

どういうことか、詳しくいいますと

  • 自分→クレームが出る
  • 長くしてもらった患者→他の患者から、文句を言われる
  • 別の患者→不満が出る
  • 同僚→ギクシャクする
  • 受付→患者さんのクレームの対応
  • 経営者(院長等)→クレームの対応、治療院が渋滞する

どうですか?時間を長くしてもらった患者も、他の患者から迷惑がられたり、
場合によっては、居づらくなって他の治療院へ移るケースもあるのです。
だから、誰も幸せにならないのです。


3、治療技術を上げる

ちょっと、暗い内容の話が続きましたね。
でも、この3つ目は違います。
自分の治療技術を上げれば、10分という短い時間でも、患者さんを十分に満足させることが可能になるのです。
言い換えれば、「10分で満足させられない!!」と焦っているうちは、自分の治療技術が未熟だと思ったほうがいいでしょう。

いかがでしょうか?
治療家が悩む問題の一つに「10分という治療時間が短い」「治療時間をうまくコントロールできない」という点を取り上げてみました。
参考になりましたら幸いです。(^^)

自賠責保険のバナー


あわせて読みたい!関連記事です。

鍼灸院・整骨院・治療院ホームページ激安制作!初期費用0円!

初期費用0円ホームページ 鍼灸院・整骨院・治療院のホームページを激安で作りたいと思っていませんか?当社では、激安でホームページを作っています。※只今、多忙によりすぐには対応できない場合がございます。詳しくはメールにてご確認くだ...


鍼灸師は稼げるの?これから鍼灸師になろうと考えている方へ

整体 こちらの記事は、「鍼灸師になろうかな~」と思っている人が、「鍼灸師って儲かるのかな?」という疑問に対して、鍼灸師である私が、答えております。あくまで、私個人の感想も含んでおりますので、この内容が100...


鍼灸の技術は鍼をしていないと落ちる?

問診をする鍼灸師 鍼灸の技術は、普段から鍼をしていないと落ちてしまうのでしょうか?「鍼灸の技術は、ブランクがあると落ちてしまうのか、、、?」そんな疑問にお答えします!※「ブランク」とは、鍼灸をしていなかった期間のことで...


鍼灸師になるには?試験や勉強は難しい?

入学式 鍼灸師になるために必要なこと・条件お金 (専門学校の学費 500万円)時間 (3年間)高卒以上専門学校の入試専門学校での試験国家資格の試験合格鍼灸師になるには、専門学校を卒業して、国家試験に合格すると...


いい鍼灸師になるには思いやりの心が大事です。

想いやる医療人 いい鍼灸師になるための条件!せっかく、鍼灸師という「人を治療する」職業を選んだのですから、いい鍼灸師になりたいですよね。では、いい鍼灸師になるために、必要なものとは、何でしょうか?それは、思いやりの心...


首こり・肩こりの治療ポイントは肩甲挙筋がほとんど

このあたりを手でなぞったら、、、 図のように肩こり・首こりがあると言われたら肩甲挙筋を疑え!患者さんが、肩こり首こりで来院するとしますよね?私の場合、最初にまず 「どのあたりが痛い (こる) のですか?手で押さえてみてください」と訪ね...


肩こりの治療ポイントは肩甲骨が動きやすくなること!

座位にて肩甲骨をうごかす方法 なかなか治らない肩こりの治療に困っていませんか?肩こりを治療するも、なかなか良くならない、、、、鍼灸師やマッサージ師などの治療家は、必ずこういった壁にぶち当たりますよね。私が肩こりの治療をする場合は、...


鍼が上手・痛くないと思われるために、まず爪を切りなさい!

指の画像 K痛くない鍼・上手な鍼」と思われたいならまず爪!もしも、あなたが鍼灸師で、患者さんから「鍼が上手!」 「鍼が痛くない!」と思われたいなら、まず毎日爪を切りましょう!私は毎日、鍼の施術に当たる前に爪を切...


患者さんとの会話に困らない方法!鍼灸師はよく話をするべき?

会話をするお年寄りと治療家 治療中に会話は必要? 「はい、かなり重要です!」みなさんの中には、 「会話は必要ない!治ればそれでいいのだ!」と思う方も多いかもしれないですね。確かにそれも一理あるかもしれませんが、鍼灸整骨院にて8年...


鍼灸師向け!腰痛の治療ポイントならここで間違いない!

志室重要 腰痛の治療が上手くいかない鍼灸師さんへ、、、患者さんの腰痛がなかなか治らない、、、腰痛の鍼灸治療が難しい、、、そんな風に思っていませんか?実は私も、鍼灸師の資格をとってすぐはそうでした。ですが、一般的...


鍼灸の学生は得をする!?寝なくても頭スッキリにはこのツボ!

尾崎朋文先生 「寝なくてもいい」体が欲しい、、、寝なくてもいい体が欲しい、、、寝ている時間がもったいない、、、1日24時間以上あればいいのに、、、毎日、勉強に忙しい学生のあなた!一度は「寝なくてもいい体が欲しい」思...


治療家としてマッサージや鍼灸が上手になるコツは、受けにいくこと!

いっすん君 最初はマッサージが下手クソで、苦労の連続でした、、、これは私の体験談ですが、カイロプラクティックの学校(1年)に行き、そして卒業と同時に、鍼灸整骨院に就職しました。初めての臨床現場がそこの鍼灸整骨院だ...


鍼灸治療において重要なタオルのかけ方

タオルのかけ方見本 タオルのかけ方がこんなに重要なのご存知ですか?もっと鍼灸治療の効果を上げたい!患者さんに優しい治療家になりたい!そう思っているのなら、タオルのかけ方は無視できません!なぜならば、タオルは患者さんの体に...


鍼にもいろんな方法があるけど結局どれがいい?!そんな時は7疑3信

鍼灸の手技 いろんな治療や手技がありすぎる!治療家と呼ばれる分類には、整体、手技、カイロ、マッサージ、鍼灸などなどたくさんの治療法がありますね。また、鍼灸治療においても東洋医学的に治療するのか、それとも局所的な治...


マッサージで指が痛いのは最初だけ!指を変形させないために!

10年以上マッサージをしているけど変形のない親指 「このままでは指を潰すぞ!」 院長の言葉でした!まずは、私の体験談からどうぞ!私は鍼灸の専門学校に入る前に、まず鍼灸整骨院に就職しました。そして、まずマッサージを仕込まれたのですが、入社して6ヶ月ぐら...


鍼灸師でもマッサージは必要か?当たり前どころかもったいない!

頭部のマッサージ 鍼灸師でも、マッサージはなぜ必要?鍼灸師でもマッサージが必要だと思っています。その理由は、大きく2つに分けますと↓治療効果が高まる引き出しを増やしておくこの2点が重要になります。では、それぞれを具体的...


鍼灸学校に入学する前に、事前に予習勉強しておいたほうがいい?

おめでとうのくす玉 事前に勉強しようとしている 「あんたはエライ!」サクラ舞う季節に、晴れて鍼灸の専門学校に入学することが決まっているあなた!おめでとうございます(*^_^*)そして、さらに入学前までに、「事前に予習して...


鍼灸師に告ぐ!患者さんとの接し方、プライベートまでは慎むべき!

鍼灸師 「鍼灸師」と「患者」は、つかず離れずがちょうどいい鍼灸師という立場上、患者さんと一線を越えてはいけません。具体的には、プライベートまで共に行動するということは慎むべきです。なぜなら、どちらも幸せになら...


鍼灸師の国家試験対策!まずどの教科から勉強したらいい?

マンガのシーンスラムダンク 国家試験対策に、あなたならどの教科に重点を置く?鍼灸資格の国家試験を間近に控えている学生さんに、ささげる言葉があるとすれば、「ツボを制するものは国家試験を制する!」です。アニメスラムダンク「リバウンド...


脾虚ってどこが悪くなるの?膵臓なんて思っていませんか?

膵臓 イラスト 脾虚は、脾臓の疾患ではない!腸で考えると納得がいく!東洋医学には脾虚という症状があります。東洋医学の五行論は、肝・心・脾・肺・腎と、習いましたよね。しかし、脾臓だけはマイナーというなんとなく脾虚と結び...


東洋医学がわからない、、、このように考えると東洋医学が楽しくなる!

勉強がつまらない学生 東洋医学がキライな学生が多い!?鍼灸の学生を悩ます「第一の関門」がまず、東洋医学です。なぜなら、子供の頃から西洋医学に慣れ親しんだ現代人にとって、いきなり東洋医学をならってもちんぷんかんぷんになります...


切皮治療で効果でる?この話を聞けば誰でも経絡治療に納得がいく!

切皮治療 弾入時 切皮で効果あるの?鍼灸治療にはいろいろな治療法がありますね。そのなかに、切皮(せっぴ)という治療法があります。主に、経絡治療に使われる技法ですが、実は私も、最初は切皮なんて頼りない、、、なんて思ってい...


治療家に問う!優れた治療法はどれ?ポイントは筋肉だけでよい!

腰の矯正をする治療家 治療家に問う!おすすめの治療法はどれ?われわれ治療家にとって”治療法”にはたくさんの種類があります。例えばこちら↓鍼灸治療マッサージ整体AKAカイロストレッチモビリゼーションetc、、、民間療法も含め...


鍼灸・マッサージで筋肉の治療ポイントは?筋硬結できやすいのは?

筋肉の中間地点 あなたは筋肉のどこが最も治療効果が出やすいかご存知ですか?肩こり・腰痛・膝痛など、筋肉が固くなりすぎたために痛みを引き起こしている場合が多々あります。そのようなときは、筋肉を治療する、つまり、筋肉をゆ...


鍼灸治療の刺入深度はどれくらいがいいの?筋膜で止めるとよくゆるむ

鍼の刺入の深さ 鍼の刺入深度はどれくらいがいいの?肩こり・腰痛などを治療するときに、筋肉にある筋硬結などを狙って治療するわけですが、その深さはいったいどれくらいが良いのかご存じですか?筋硬結の手前で止めるの?筋硬結を...


鍼灸師・柔道整復師の学生の間は、臨床にでてバイトをするべき!?

脚気の徒手検査 イラスト 鍼灸や柔道整復師の専門学校に通っているときは、鍼灸整骨院でバイトした方がいい?結論から申し上げます。鍼灸師・柔道整復師など、在学中の間は鍼灸院・整骨院・病院など臨床と関連のある職場でバイトしておくほう...


鍼灸マッサージ師に告ぐ!治療ポイントは、拮抗する筋肉も見逃すな!

上腕二頭筋と上腕三頭筋 拮抗する筋肉を見逃すな!肩こり腰痛の治療をする際、痛みの原因となっている筋肉をゆるめると痛みが改善するのはご存知の通りです。しかし、さらに拮抗する筋肉も緩めてあげると、治療効果がグンと高まるのをご存知...


痛くない鍼灸治療のコツ!切皮痛を軽減させるポイント!

押手 切皮痛・弾入・刺入の際になるべく痛みを軽減させるポイント鍼灸師ならば「誰でも一度は苦労するのが切皮痛です」とくに駆け出しの頃は、切皮痛を与えてしまうと、患者から「この先生はヘタクソなんじゃないの!?」...


鍼灸の学生時代はしっかりと勉強しているほうがいい?

勉強に行き詰まる女性 学生時代 しっかり勉強しているほうがいい?あるとき、学生さんから、当サイトにこんな質問を頂きました。「学生の間から、しっかり勉強しておくほうがいいですか?」と、、、結論からいえば、鍼灸の専門学生の頃か...


片手挿管がもっと速くなるコツは?3つのポイントを極秘に紹介!

間違いの抜針 片手挿管 コツ鍼灸の専門学校に行って、まず誰もが苦労する難関が、この片手挿管です。だいたい、鍼灸の専門学生1年生に「なにか聞きたいことない?」って尋ねたら、「片手挿管のコツってありますか?」って聞かれ...


鍼灸師は腰痛になりやすい!体は資本!腰痛を予防するために!

治療ベッド 鍼灸師は腰痛になりやすい!?鍼灸師は、案外、腰痛に悩まされる人も多いです。なぜでしょうか?やはり、職業病とも言えるでしょう。というのも、鍼灸治療は両手を前にのばして行うために、腰に負担がかかりやすいの...


鍼灸・マッサージの学生におすすめの本!ツボを覚えるのにおすすめ!

本 イラスト 鍼灸マッサージ師におすすめの本こちらでは、鍼灸師やマッサージ師の学生さんにおすすめの本を紹介しています。ツボを覚えるのにおすすめの本マッサージが上手になるためにおすすめの本2冊に厳選して紹介してみまし...


鍼灸師のメリット・デメリット!鍼灸師になって良かった?悪かった?

土木作業員 鍼灸師になって良かったところこれから、鍼灸師になろうと思っている方は、「鍼灸師になって良かったところ」「鍼灸師のメリット・デメリット」など、検索に打ち込んで調べるかもしれません。そこで鍼灸師である私が...


肩こり治療が難しいと嘆く治療家さんへ!肩こりはジストニアが原因!

マッサージ施術 肩こりはジストニアかもしれない!肩こりの患者さんに対して、鍼をしてもマッサージをしてもなかなかよくならない、、、いくら治療をしてもその時だけ、、、こんな経験ありませんか?実は、なかなか治らない頑固な肩...


めまいの治療について鍼灸師が知っておくといいこと!判別法やツボ!

鑑別法 イラスト 鍼灸師が「めまい」について知っておいたほうがいいこと!(こちらのページは、鍼灸師に向けた内容になっています。)鍼灸治療では、めまいは適応範囲になっていますが、なかなか鍼灸治療をしても治らないめまいもあ...


肩こり・腰痛・鍼灸治療・ツボなど参考文献

しびれがスッキリわかる本 参考文献についてこちらでは、私が読んだ本を忘備録として紹介しています。鍼灸師など、医療従事者向けというわけではなく、一般の方でも読める本ばかりです。感想を簡単にまとめているので興味のある方はどうぞ参考...


鍼灸師はどんなことを勉強するの?ツボ以外にも覚えることはいっぱい

机で勉強する女性 鍼灸師は、どんなことを勉強するの?鍼灸師といっても、ツボだけを勉強しているわけではありません。西洋医学だったり、人体の構造だったりいろんなことを勉強します。では、どんなことを勉強するのか、もう少し具体...


鍼灸師が知っておきたい神経障害まとめ

脳梗塞 / align= 鍼灸師が知るべき「神経障害まとめ」鍼灸師は、神経障害をよく知っておく必要があります。なぜなら、患者さんのなかには「○○がしびれる」「ジンジンする」「ピリピリする」というような神経障害を訴える方が非常に...


鍼灸師が知っておきたい手~上肢のしびれ判別法まとめ

上肢デルマトーム 「手~上肢のしびれ」の判別法鍼灸師となると、「手~上肢のしびれ」というのは遭遇する機会がとても多いです。しびれの原因を簡単に把握できたら、治療ポイントを即座にしぼれて、なおかつ治療効果も高まりやすいで...


急性期は冷やすよりも温めたほうが断然早く治る!実際に試してみた!

体温計を持った看護師 急性期は、冷やすよりも温めたほうが良いって知ってた?いままでは、当たり前のように「急性期は冷やして炎症を止めたほうが良い!」ってみなさんも習ってきたと思います。がしかし、いまからそんな常識をくつがえす...


AKAテクニックとは?なぜ効果があるの?鍼灸師の実体験はこちら!

足のストレッチ イラスト AKAテクニックについて治療家の方ならAKAという手技療法を聞いたことがあるかもしれませんね。実は、私も「AKAの講習を受けた医師」から、直接AKAを教えていただいた経験があります。そこで、「AKAと...


鍼灸師はどこで働くのがおすすめ?鍼灸院?整骨院?病院?

医療従事者 イラスト 鍼灸師はどこで働くのがおすすめ?鍼灸資格を取得した後、一般的な勤め先は、鍼灸院・整骨院・病院・介護施設などなどです。では、さらにそれぞれ務めた場合、どのような待遇やメリット・デメリットがあるのか考えて...


鍼灸師向け!たった2回の治療だけで、しゃっくりを止めたツボ!

喉の不調イイラスト 「しゃっくり」をたった2回で治したツボを知りたくないですか?こちらでは、鍼灸師さん向けに、私が実際にたった2回の鍼灸治療で「しゃっくり」を治してしまったツボ、および体験談を紹介しています!


鍼灸師に告ぐ!皮膚に異変があったら、患者さんにすぐ報告しよう!

鍼灸治療の様子 鍼灸治療をする前に、皮膚の異常を発見したら、すぐに報告すべき!鍼灸治療をする前は、まず衣服を脱いでもらい肌を露出しますよね。そして、鍼灸治療を始める前に、触診・消毒をしている際に、内出血や皮膚のかぶれ...


鍼灸院・整骨院での集客アップ方法は内覧会!患者数の伸び悩み・開業時に!

地域密着POP 鍼灸院・整骨院での効果的な集客方法はこれ!なかなか、今のご時世では、鍼灸院・整骨院の経営も難しいのが現状ではないでしょうか。理由の1つは、鍼灸院・整骨院の数が飽和状態です。そのため、集客に悩む治療家も...


流行らない治療院(整骨院・鍼灸院)の特徴!患者さんが増えない院!

整骨院の風景 流行らない治療院(整骨院・鍼灸院など)の特徴治療院(整骨院・鍼灸院など)は、昔と違って、たくさん増えました。その中で、流行らない治療院と流行る治療院との二極化が進んでいるのです!では、そんな流行らない...


治療時間が短縮できない!10分のマッサージで満足させるには!

腰のマッサージ 治療家は皆、「治療時間の短さ」に悩んでいる!?こんにちは。私は整骨院で8年、病院のリハビリ科に3年の臨床経験があります。治療家が、必ずと言っていいほど、つまづく問題点、、、それが、治療時間ですよね?実...


鍼灸院の適切な室温は?

寒がる女性 案外と難しい鍼灸院(治療所)の室温鍼灸院の室温は、思ってる以上に難しい問題です。なぜなら、個人差がある(暑がり・寒がり)体格も違う(太っている・痩せている)治療効果を左右してしまう服を脱ぐ・脱がないな...


鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師で迷う。資格を取るならどっち?

鍼灸師 鍼灸師?按マ指師?どっちがおすすめ?当サイト宛てに、このようなお問い合わせをいただいたことがあります。【鍼灸師】と【あん摩マッサージ指圧師】のどちらの資格を取るかで迷っています。どちらがいいでしょうか...