ふわふわとしためまい!
治療ポイントはこちら!


めまいの治療ポイントを伝授!

注意)こちらのページは、鍼灸師・マッサージ師・柔道整復師・整体師などの治療家に向けて記載しています。


どうも!ぶっちゃけ鍼灸師です!(*^ω^*)ニコッ
現時点では、臨床経験は10年を経過しました、、、


今日は、めまいの治療ポイントについて紹介します。
興味のある方は最後まで読んでくださいね!

どんな、めまいの人に効くのか?

いちおう、タイトル通り、
フワフワと宙に浮いているようなめまいを訴える場合の治療ポイントにしぼっています。
※その他のめまいについては、ここでは省いています。


その他の症状

私の臨床経験では、この「フワフワとしためまい」を訴える人の場合、
同時に首コリがひどいです。肩こりもひどいのですが、首コリが特にひどいのです。


じゃあ、そんな「ふわふわとしためまい」があり「首コリ」ひどい患者さんの治療ポイントはいったいどこなのか、、、それでは、伝授します↓

治療ポイントは「枕下側線」

「枕下側線」の場所
治療ポイントは「枕下側線ちんげそくせん」といいます

「枕下側線」の場所

この「枕下側線」の場所は、ツボ玉枕を含めた下2寸(約5cm)の線上になります。

玉枕の場所

外後頭隆起の直上陥凹部にツボ「脳戸」をとります。
その、脳戸から外側、1寸3部(約3.2cm)が玉枕
または、天柱の上2寸(約5cm)が玉枕

主治

「枕下側線」の主治は
本「経穴マップ」によると、
小脳障害による運動の協調性の異常・後頭痛とされています。
「枕下側線」の主治

フワフワめまいを訴える患者さんの「枕下側線」は硬い

フワフワめまいを訴える患者さんの「枕下側線」は、
筋肉が異常に硬くなっています。
後頭筋・後頭下筋
後頭筋後頭下筋群(上頭斜筋・下頭斜筋・大後頭直筋・小後頭直筋)辺りです。
ここの筋肉をマッサージ・鍼灸・手技などによって、柔らかくしてください。

「枕下側線」の患者さんの反応

「枕下側線」をマッサージしていると、
ほとんどの方が、
「気持ちいい」
「よく効く」

と、言ってくれます。

「枕下側線」の治療効果

フワフワとしためまいによく効きます。
もちろん「枕下側線」に限定するのではなく、並行して肩こりを治してあげると、めまいはさらに改善しやすいです。

「枕下側線」の刺鍼の注意点

私が、「枕下側線」に鍼をする場合は、横刺によって、3~4cmほど刺入します。
肩こり症だと「気持ちいい」「よく効く」という反応が多いです。


※ただし、後頭下神経にふれてしまうと「ものすごくビリっと電気が走る場所」なので、事前に患者さんに承諾を得たほうがいいと思います。
また、自分でも鍼ができる場所なので、必ず自分の体で確かめてからのほうがいいです。


以上となります。
ぜひとも、あなたの治療のお役に立ててみてくださいね(*^ω^*)ニコッ

自賠責保険のバナー


あわせて読みたい!関連記事です。

六王鍼~未病を治す鍼~長野仁先生の鍼灸技

六王鍼のロゴ 六王鍼(りくおうしん)をご存じですか?みなさんは、六王鍼(りくおうしん)をご存じでしょうか?六王鍼(りくおうしん)とは私が森ノ宮医療技術専門学園の学生だった頃、大好きだった講師に長野仁(ながのひとし)...


東洋医学が体質チェック!自分にピッタリのツボを探す!

東洋医学のマーク タイプその1「気」が不足している気虚(けっきょ)疲れやすい風邪をひきやすい胃腸が弱い食欲がない朝起きるのがつらい手足がだるい3つ以上当てはまったらこちら↓↓↓↓↓東洋医学で「気」が不足する【気虚タイプ...


東洋医学で「気」が不足する【気虚タイプ】

あくびをする女性 東洋医学で気虚(ききょ)とは東洋医学で「気」とは、体を流れるエネルギーと捉えます。しかし、疲労やストレスが続くと、胃腸の働きが悪くなり、「気」が不足します。そうなると今度は、免疫力が低下して、病気や風...


東洋医学で「血」が不足する【血虚タイプ】

顔色が悪い女性 東洋医学で血虚(けっきょ)とは?東洋医学で、全身をめぐり、臓器の栄養源となるのが「血」です。この「血」不足した状態を血虚(けっきょ)といいます。女性は、生理があるので「血」が不足しやすく、現代女性に血...


東洋医学で「水」が不足する【陰虚タイプ】

のぼせ 東洋医学で陰虚(いんきょ)とは?「水」は、体をうるおしたり、活動後の合分を沈める作用があります。「水」が不足すると、体の熱を覚ますことができなくなり、のどが乾いたり、空咳も多くなります。40歳以上に多...


東洋医学で「熱」と「気」が不足する【陽虚タイプ】

寒がりの女性 東洋医学で陽虚(ようきょ)とは?慢性的な冷え性タイプです。東洋医学では、体を温める気を「陽」といいます。「陽」が弱いと、手足や下半身が冷えやすく寒がりになります。生まれつき虚弱体質な人が多い


東洋医学で「気」が停滞する【気滞タイプ】

イライラする女性 東洋医学で気滞(きたい)とは?イライラして精神的に不安定ストレスが多いと「気」のめぐりをコントロールする機能が乱れて「気」が停滞します。この状態を「気滞(きたい)」といいます。自立神経もみだれて怒りっ...


東洋医学で「血」が停滞する【瘀血タイプ】

顔色が悪い女性 東洋医学で瘀血(瘀血)とは?背中や腰にコリや張り、痛みが出る。血の流れが悪く渋滞を起こしてしまった状態を瘀血といいます。原因は冷えとストレスです。


東洋医学で「水」が停滞する【湿痰タイプ】

肥満女性 東洋医学で湿痰(しつたん)とは?代謝が悪く、水分や脂肪がたまりやすい。水は必要以上に溜まると、体の熱を奪い、気と血の動きを鈍らせる。余分な水は「湿」とよばれ、これが固まって動きが悪くなると「痰」になる...


東洋医学で「熱」がこもる【実熱タイプ】

暑がり女性 東洋医学で実熱(じつねつ)とは?気・血の流れが悪く、分泌物が多くでる状態体を温め活動を促す「熱」と体を冷やして潤す「水」の両方が過剰になった状態熱を伴った症状が出やすくなる。


腰椎すべり症・脊柱管狭窄症における鍼灸治療で使うツボ

鍼灸師 鍼灸治療のツボをご紹介!腰椎すべり症と脊柱管狭窄症この2つの疾患は、鍼灸治療にて痛みが改善するケースがあります。なかには、変化がない場合もあるのですが、著効する場合もあるので、そのときのツボを忘備録と...


肩こり首こりの治療には、前面や側面のツボや筋肉も狙うのがコツ!

頚の治療は前面と側面 首の治療は後ろだけでなく横も前も肩こりや首こりがなかなか良くならない、、、、となげいている治療家のあなた!そんなときは、首の後ろだけでなく、横も前もほぐしてみてください。なぜかといいますと、だいたい首...


按腹法のやり方!東洋医学的にみた、お腹のマッサージの方法

鍼灸師 按腹法における反応点の見つけ方1,シワを探す座った状態で自分のお腹を見る(シワが見つからない場合は、前かがみになる)寝て、横向きになって横腹をみる仰向けになり、膝を立てて下腹部を見る鏡で後方をみる


難病を鍼灸治療で治す場合、どんな治療法が良いの?

鍼灸治療のようす 難病での鍼灸治療がわからない!ガン・腫瘍・膠原病・リウマチ・SLE・パーキンソン病・精神疾患・原因不明の病、、、など鍼灸治療に携わっている以上、たくさんの症状をみる機会があると思います。ですが、これら...


めまい・ふわふわ・浮遊感・肩こりの治療ポイント!鍼灸師に捧ぐ!

「枕下側線」の場所 めまいの治療ポイントを伝授!注意)こちらのページは、鍼灸師・マッサージ師・柔道整復師・整体師などの治療家に向けて記載しています。どうも!ぶっちゃけ鍼灸師です!(*^ω^*)ニコッ現時点では、臨床経験は...


鍼灸の治療法まとめ

症状型大阪式阿是穴(あぜけつ)治療 触診を重視する大阪に古くからあった治療。中国の阿是穴が渡ってきたもの。筋肉を触り、痛む部分やコリをさす鍼灸治療。トリガーポイント 触診を重視する痛い部分ではなく、痛...