ただの肩こりでも病気が隠れている場合がある

本当は恐い、、、肩こりでも病気が隠れている場合がある!

医者
肩こりの原因には、日常の負担などによるものと、
病気が隠れている場合があります。

ではどんな病気かといいますと、、↓

  • 狭心症きょうしんしょう
  • 高血圧
  • 低血圧
  • 胆石
  • 胆のう炎
  • 更年期障害
  • 貧血
  • がん
  • 胸膜炎きょうまくえん肺結核はいけっかく
  • 慢性扁桃炎まんせいへんとうへん
  • 蓄膿症ちくのうしょう
  • 虫歯、歯周病

などなどがあります。

どうやって【ただの肩こり】と見分けるのか?

理学療法士
「なかなか良くならない肩こり、、、」
その原因には病気が隠れているかもしれないと聞いたら、ちょっと心配になりますよね。

ではどうやって、ただの肩こりと、病気の肩こりを見分けるのでしょうか?
こちらで、判別方法を紹介しているので参考にしてみてくださいね。

1,何をしたら痛いか?

肩こりとは、筋肉の緊張によって起こるものです。
ですから、体を動かしたと同時に痛みが走る場合は、肩こり由来の可能性大です。

メモ
逆に、なにもしていないのに痛む。
横になっていても痛む。

という場合は、病気が隠れている可能性があるので、病院に早めに行ったほうがよさそうですね。

2,痛む時間帯は?

肩こりの場合、痛む時間に特徴があります。
その特徴は、朝と夕方(夜)です。

メモ
朝の場合、人間の体は血流が低下している状態です。
また、体のエンジンがかかっていない状態なので、肩こりや腰痛の場合は朝に痛むことも多いです。
そして、夕方(夜)というのは、仕事でさらに筋肉が疲労するので、痛みが増すということです。
逆に、時間帯に関係なく一定のリズムで痛む場合なんかは、病気を疑ってもいいかもしれません。

3,痛む場所は?

これも人によってさまざまなんですが、
狭心症の場合は、胸の辺りが締め付けられる感覚を伴うことがあります。
なので、そのような症状がでたらすぐに病院に行きましょう。

4,どのような痛み?

慢性の肩こりの場合は、主に重だるさなどがつらかったりします。
ですが、ただの肩こりでも、筋肉が異常に硬くなっているケースがあります。
この場合は結構痛かったりします。

メモ
素人には、わかりにくい場合もあるので、ご自身で「いつもと痛み方がちがう、、変だ、、」と思ったらすぐに病院に行きましょう!

素人ではわかりにくい場合もあるので、「おかしい!?」と思ったら病院に行ってください。

病院のスタッフ
上記の例では、なかなか素人ではわかりにくい場合もあります。
なので、迷ったらとにかく病院(もしくは治療院)に行くようにしてください!

ほったらかしは、知らず知らずのうちに悪化させていくおそれがあります。
自分で「肩こりぐらいで大げさだ!」と片付けずに病院か、治療院のどちらかに行きましょう!

メモ

病院に行った場合のメリット・デメリット

病院のメリット

  1. 診断技術が優れている。
  2. 保険が効く

病院のデメリット
診察時間が短いので、こちらの要望を伝えにくい。
とくに総合病院は、3時間待って、3分診療といわれるほど


メモ

治療院にいった場合のメリット・デメリット

治療院(整骨院・鍼灸マッサージなど)のメリット
話をゆっくり聞いてもらえる

治療院(整骨院・鍼灸マッサージなど)のデメリット
保険が利かない場合がある
精密検査などでしかわからない疾患を見落とされる可能性もある。

メモ
迷った場合はとにかく病院に行き、診断を受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です