ただの肩こりで整形外科には行ってはいけない

整形外科

ただの肩こりで整形外科に行ったらだめ!

整形外科をすすめない鍼灸師
「ただの肩こりで、整形外科に行かないでください!」
これには、ちゃんとした理由があるのです!
では、なぜただの肩こりで整形外科にいってはいけないのか?
これを解説していきます。

それは肩こりが良くならないからです。

肩こりという病名がない!?
肩こりという病名は、西洋医学にはありません。
もちろん、なかには、東洋医学を勉強されたお医者さんもいますが、整形外科医には、ほとんどいません。
西洋医学では、肩こりという概念がないので、診断名を変形性頚椎症へんけいせいけいついしょうなどと「あたかも大病のような病名」をつけられます。

そして、治療方法はというと、「シップを出すのみ」というのがお決まりのようです。(^_^;)
もちろん、すべての整形外科医を否定するわけではありません。
ですが、私が臨床経験を積んできた中で、患者さんたちからよく聞いた話では、シップのみが多かったのです。
その結果「ただの肩こりで整形外科に行ったらだめ!」という結論にいたったのです。

整形外科に行ったほうが良い場合もあるよ!

整形外科医
だからといって、いかなる場合でも整形外科に行ってはいけないのかというと、そうではありません。

このような場合は、整形外科に飛んで行きましょう!
  • 肩にするどい痛みがある
  • 肩~腕~手がしびれる
  • 触って変な感じがする(知覚異常)
  • 腕が上げられないほどの痛み
  • 転倒外傷によって痛みだした

などなど、あくまでも「ただの肩こり」とはに考えてくださいね。

じゃあ結局、肩こりはどこにいけばいいの?

では、どうやって「病院に行くか・行かないか」を見極めるのかといいますと、以下の2パターンです。

パターンA
A
自分で、「ただの肩こり」と思えば、整骨院・鍼灸院・マッサージなどを受けましょう。⇒(治療院)
パターンB
B
自分で、「ただの肩こりじゃないぞ!?」と思ったら整形外科を受診しましょう。⇒(病院)

ぶっちゃけ鍼灸師

この2パターンについて詳しく説明します。

A(治療院)に入った場合

整形をすすめる鍼灸師
A
整骨院や鍼灸院の先生でも、「おかしいぞ!?」と判断したら、最近は整形外科の受診をすすめます。
なぜなら、それだけ西洋医学の診断技術が優れているからです。
「とにかく、レントゲンやMRIをとってから、また教えて」というパターンですね。
これは、万が一のことを考えてのことなので、実際に言われた通りにしたほうが無難です

B(病院)に行った場合

女性鍼灸師
B
とりあえず、画像診断などで、異常がなければ、「シップで様子をみてください」となります。
シップだけで、慢性の肩こりが治るわけもないので、その後に治療院(整骨院・鍼灸院)に行くほうがよいです。

ぶっちゃけ鍼灸師

結局はAもBも一緒です。
「たかが、肩こり、、、」とほったらかしが一番よくないのです。
いろいろ行ってみて肩こりについて、相談できる先生を一人を見つけておくほうがいいでしょう。

このページのまとめ

  1. ただの肩こりで、整形外科に行かないほうが良い。理由はシップだけで済まされるからである。
  2. ただし、「痛み・しびれ」の度合いが強い場合は、整形外科に行って画像診断を受けることをおすすめする
  3. 肩こりは、整骨院・鍼灸院など「筋肉」を改善する場所に行くと良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です