これってセクハラ?鍼灸治療に疑問を感じたら!不妊治療は要注意!

セクハラ 禁止 イメージ

もくじ(クリックで飛びます)

鍼灸院で、セクハラ被害を受けたという事実がある!?

鍼灸師
私は、鍼灸師でもありながら、
当サイトの運営者でもあります。

先日、当サイトに、鍼灸治療のセクハラ問題について、お問い合わせをいただきました。

注意
その内容(一部を抜粋)がこちら。

  • 直接、を見られた
  • 直接、を触られた
  • 下着に手を入れられた
鍼灸師である私が、まず思ったことは「ヒドすぎる!」です。
これは、鍼灸治療ではありません!セクハラの度をこえて犯罪です。

他にもネット上で、鍼灸治療のセクハラ被害を調べてみた、、、。

パソコン
お問い合わせ以外に、他に同じような被害にあった女性がいないか、ネットで検索をしてみました。
すると、被害にあったという女性が複数いることがわかりました!
そして、次のように書かれていたのです。

注意
「鍼灸治療の一環なのか、セクハラなのかわからない!」
「これって明らかに、おかしいよね?」

という訴えがありましたので、まずは誤解を招かないように、
鍼灸師である私が、「セクハラ」 か 「治療の一環」なのか公平なジャッジを入れていこうと思います。
ポイント

ブラジャーを外すようにいわれる!

さんかく
ちょうど、ブラジャーのヒモのあたりに、ツボあり
邪魔になる場合があるのは事実です。
なので、ブラジャーを外すように言う場合もありえますが、
気を遣う鍼灸師は、ブラジャーはつけたまま施術を行います。
ブラジャーを外すかどうかだけでは、セクハラの判別が難しいですが、
もし、ほかにも気になることをされたのなら、その鍼灸院には行かないほうが良いでしょう。

ポイント

「彼氏いるの?」とかプライベートなことを聞いてくる

ばつ
セクハラです。
鍼灸治療とは関係ありません。
今後は行かないほうがいいでしょう。


ポイント

パンツをずらされる(お尻が完璧に見える状態)

さんかく
おしりにツボはたくさんあります。
腰痛・生理・不妊症などに効果のあるツボも多くあります。
セクハラかどうかの境界線としては、おしりの割れ目が見えるまでパンツを下げられたらセクハラの可能性大です。
陰部が見えるまで下げられたら100%セクハラです。
気を遣う鍼灸師は、おしりのツボを使う前に、事前におしりのツボを使う説明をします。
もし、説明も無いのにパンツを下げられたのなら、今後はその鍼灸院には行かないほうが良いでしょう。


ポイント

背中側が全部開いているような服装に着替えさせられる。

まる
鍼灸治療において、鍼をしやすい服装に着替えていただくことはあります。
また、そのような服装は、実際に治療用として売られております。
これだけでは、セクハラとはいえませんが、もしその他に気になることがあるのなら、その鍼灸院には行かないほうがいいでしょう。


ポイント

胸を触られるも、治療におけるマッサージかと思い、我慢していた。

さんかく
胸の上に、大胸筋などの筋肉があり、肩こりに関係があります。
がしかし、胸をダイレクトに触ってくるようならば、セクハラだと思っていいでしょう。


ポイント

お尻を何度も揉まれた。

さんかく
お尻にもツボがあり、腰痛などに効果があります。
なので、お尻をマッサージすることはよくあります。
しかし、特に陰部周辺の疾患がないにもかかわらず陰部に近いところを必要以上にマッサージするのはセクハラの疑いがあります。
また、お尻をわしづかみにするようなマッサージも、セクハラの疑いがあります。


ポイント

ずっと手を握られた。

ばつ
ずっと手を握ることは鍼灸治療ではありません。
ただし、脈診といって、脈を見るために、手首の脈に触れることはあります。


ポイント

もう今にもキスされそうなくらい必要以上に顔を近づけてこられた。

ばつ
鍼灸治療に必要ありません。
セクハラと思っていいでしょう。


ポイント

人が着替えてると判っているのに、いきなりカーテンを開ける。

ばつ
セクハラです。
カーテンを開ける前に、一言、確認してこない鍼灸院は行かないほうが良いでしょう。


ポイント

下着(パンツ)だけになるように言われた

ばつ
基本的に、下着(パンツ)を見せる必要は、ありません。
もし、鍼灸院側からショートパンツを用意してくれないような鍼灸院ならば行かないほうが良いでしょう。


ポイント

下着の中に手を入れる

ばつ
セクハラの度を超えて強制わいせつ罪です。
二度と近づかないようにしてください。


ポイント

股関節のマッサージ

さんかく
腰痛・股関節痛の場合、股関節をマッサージする場合があります。
しかし、しつこく陰部周辺にまでマッサージがおよぶ場合はセクハラの可能性大です。


ポイント

全身治療する

まる
たとえ、肩こりだけでも全身を治療することはあります。
その他、気になることをされなければ、特に問題はあリません。


ポイント

マッサージ中に股間を押し付けてくる

ばつ
マッサージの最中に、術者(鍼灸師)の体が当たることはありますが、
術者の股間を必要以上に押し付けてくる場合はセクハラです。


ポイント

腕や足の付け根をもまれる(リンパの流れを良くしているとの説明が、、、)

さんかく
たしかに、腕や足のつけねにはリンパ節があります。
がしかし、説明もなく、必要以上に胸や陰部に当たるようなマッサージを繰り返すようならセクハラです。


ポイント

「いいお尻してるね」「くびれもキレイだね」などと言ってくる

ばつ
100%セクハラです。
鍼灸治療には関係ありません。
今後、その鍼灸院には、行かないほうがいいでしょう。


ポイント

「生理痛の有無」や生理の「量」や「色」を聞いてくる

まる
生理の「痛み・量・色」などは、東洋医学では、問診で聞くことがあります。
これはセクハラではありません。


ポイント

恥骨に針をされました。

ばつ
恥骨にツボは確かにあります。
がしかし、関連した症状がないのに、いきなり恥骨に鍼をされたらセクハラの可能性大です。
また、恥骨に鍼をすることを、事前に説明も無しにしてきた場合、その鍼灸院には今後、行かないほうが良いでしょう。


とくに、不妊治療の場合は要注意!

女性鍼灸師
とくに、不妊治療の場合は注意が必要です。
なぜなら、不妊治療の場合は、たしかに骨盤まわりのツボをよく使うからです。
また、患者さんの悩みも真剣なので、なかなか治療院を変えづらいというのも、問題になります。


ポイント
なので、とくに不妊治療においては、なるべく、女性の鍼灸師が担当する場所を選ぶ。
もしくは、女性スタッフが常駐しているような鍼灸院を選ぶのがベターです。

どうすれば、鍼灸治療でのセクハラを回避できるのか?

考える女性鍼灸師

  1. 上記と同じく、女性の鍼灸師が担当する場所を選ぶ。
  2. もしくは、女性スタッフが常駐しているような鍼灸院を選ぶ
  3. また、一度、鍼灸治療を受けて、「おかしい、、、」と感じた鍼灸院は、2度と行かないことです。
  4. なぜなら、鍼灸師に「不快に思われてない」と、勘違いされ、セクハラの内容がエスカレートしていく可能性があるからです。

最後に、、、

鍼灸師
誤解のないように言っておきますが、ほとんどの鍼灸院ではこのようなセクハラは起こりません。
ごくごく一部です。

がしかし、実際に被害にあった女性がいるということも事実でしょう。

注意
鍼灸治療は、どうしても肌を露出しないとできない治療であり、また東洋医学という一般の方には、認知度が低いものです。
それがゆえに、セクハラに会っても「治療の一環なのか?」という疑問がおこり、セクハラだと言えずに、困ることがあるかもしれません。

しかし、一般の方からみて「ちょっとおかしい!」と思った時点で、セクハラの可能性が高くなりますので、そのような被害に遭われた場合は、二度とその鍼灸院には、行かないようにしてください。
そして、一人で悩まずに身近な人に相談してください。

場合によっては、警察に相談されてもいいでしょう。
内容が悪質でないと判断されれば、そのままですし
悪質だと判断されれば、痴漢行為もしくは、強制わいせつ罪で捜査をしてくれるはずです。

強制わいせつ罪は、立派な犯罪なので、そのような事実があった場合は、処罰を受けるべきです。
以上、参考にしてください。

セクハラだったのか、違うのか鍼灸師に相談したい場合

鍼灸師に相談したい場合は、私にメールでご相談くださいませ。
私は鍼灸資格を持っておりますので、あなたのメール内容から【セクハラか治療の一環なのか】は、すぐに区別がつくと思います。
お問い合わせからメールをお願いいたします。

このページのまとめ

  • 実際に鍼灸院では、セクハラが起こり得る(数は少ない)
  • 鍼灸院でのセクハラは、判断が難しい場合がある
  • 鍼灸院でセクハラを受けた場合は、警察に被害届を出したほうが良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です