過敏性腸症候群のツボ!便秘と下痢を繰り返すあなたに!

過敏性腸症候群のツボ!

  • 便秘と下痢を交互に繰り返す、、、
  • お腹が張る、、、
  • お腹がゴロゴロなる、、、

過敏性腸症候群はつらい症状です。
人によっては、仕事をやめる人もでてくるようです。

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、過敏性腸症候群のツボを紹介していますので、参考にしてみてください。
画像で解説しているのでわかりやすいです。
鍼灸師が監修しておりますので、安心してご利用ください。

過敏性腸症候群のツボその1 【天枢てんすう

過敏性腸症候群のツボ天枢

天枢てんすう】の場所

おへそから、指3本分外側
両側にある。
ツボ天枢の見つけ方

天枢てんすう】の押し方

お腹の指圧
あお向けに寝る
両手の中指をそろえて、ゆっくりと指圧する。
5秒間5回が目安
※消火器全般の機能を促進

過敏性腸症候群のツボ その2【大巨だいこ

過敏性腸症候群のツボ大巨

大巨だいこ】の場所

ツボ「天枢」から、指3本分下がったところがツボ「大巨」
ツボ大巨の見つけ方

大巨だいこ】の押し方

※上記「天枢」の場合と同じ

過敏性腸症候群のツボその3 【足三里あしさんり

過敏性腸症候群のツボ足三里

足三里あしさんり】の場所

ヒザのお皿にできるくぼみ(外側)から
指4本分下がったところがツボ
すこしへこんいて、押さえると痛い場所
足三里の見つけ方

足三里あしさんり】の押し方

足三里の指圧
親指でグイーッと指圧する。
5秒間5回が目安
※胃腸の調子をととのえる

過敏性腸症候群のツボは、お灸のほうが効果的です。

指圧でのツボ刺激よりも、お灸のほうが効果が高まります。
お灸で続けてみることをおすすめします。
お灸はせんねん灸でOKです。
せんねん灸は薬局・通販で手に入ります。

過敏性腸症候群のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

1ヶ月ほど続けてみて様子をみましょう。

過敏性腸症候群の原因!

過敏性腸症候群の原因は一般的にはストレスと言われています。
また、あまり知られていませんが、過敏性腸症候群の原因として、ねじれ腸の可能性もあるという医師もいます。
腹痛の女性
ねじれ腸とは、字のごとく腸がねじれている状態です。
このために便秘をしやすく、後ろにたまっていた便は下痢になるというもので、便秘と下痢を繰り返すのではないかというものです。
ねじれ腸の参考→http://www.kurihama-med.jp/endoscope/nejire.html

もう一つの過敏性腸症候群かびんせいちょうしょうこうぐんの原因

これは東洋医学的観点での原因なので、一般的にはあまり知られていませんが、腰痛が原因の場合があります。
もう少し具体的にいいますと、腰にある大腰筋だいようきんという筋肉が緊張している場合、腰痛も引き起こしますし、神経を圧迫するので、腸への連絡がうまくいかずに、便秘・下痢を繰り返してしまうという考え方です。
もし、慢性的な腰痛があり、なおかつ過敏性腸症候群かびんせいちょうしょうこうぐんで悩んでいるのならば、大腰筋を治療してくれるところに行ってみるのがいいでしょう。
大腰筋を治療してくれるところはおもに鍼灸院です。
ただ、鍼灸院でも大腰筋の治療を行っているところはマレです。
なので、検索で【大腰筋 鍼灸治療 地域名】などで検索してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です