パニック障害のツボ!動悸・呼吸困難・ふるえ・めまいが出る前に!

パニックを起こす女性

パニック障害のツボ!

パニックを起こす女性

  • パニック障害がおこる、、、
  • 動悸・息切れ、、、
  • 呼吸困難、、、
  • ふるえ、、、
  • めまい、、、

理由もなくわき起こる激しい不安感が引き金となり
動悸・息切れ、呼吸困難、震え、めまいなどの症状を伴うのがパニック障害です。

ぶっちゃけ鍼灸師

これらの症状が起こる前にパニック障害のツボを利用して最小限にとどめましょう!
こちらではパニック障害のツボを画像でわかりやすく解説しています。
また、鍼灸師監修なので安心してご利用いただけます。

パニック障害のツボその1 【神門しんもん

パニック障害のツボ神門

神門しんもん】の場所

手首のシワを小指側に向かってなぞります。
そのときに、端で止まるところがツボ
ツボ神門のとりかた

神門しんもん】の押し方

神門の指圧
親指でグイーッと指圧します。
5秒間5回が目安です。
※パニック障害の急な発作や予防に効果があります。

パニック障害のツボその2 【郄門げきもん
手のしびれに

パニック障害のツボ郄門
郄門げきもん】の場所

手首の内側のシワの真ん中を探します。
その部分ととの中間にあります。
郄門の探し方

郄門げきもん】の押し方

郄門の指圧
反対の親指で、ギューっと指圧します。
5秒間5回が目安です。
※パニック障害の急な発作や予防に効果があります。

パニック障害のツボその3【孔最こうさい

ツボ孔最

孔最こうさい】の場所

まず肘の内側にできる、親指側のくぼみを探します。

孔最の位置

そのくぼみから、指4本分離れた場所が、【孔最こうさい】のツボです。
押すと痛い場所です。

孔最の位置

孔最こうさい】の押し方

孔最の指圧
親指でグイーッと指圧します。
5秒間に5回が目安です。
※とくに、パニック障害による呼吸困難、息切れなどの症状に有効です。

パニック障害のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

パニック障害が頻繁に起こる人は、日頃からツボ押しを続けてみましょう。
2週間ほど続けて様子をみます。
また、パニック障害が起こりそうだなと思った直前に、ツボ押しするのも効果的です。

パニック障害のツボの効果を高めるためにして欲しいこと

不安感・パニックという状態は、東洋医学で分類すると「」に当てはまります。
」は、腸内環境ととても関係が深いです。
」を傷めるのは、甘い物のとりすぎが当てはまるので、甘い物はとりすぎないようにしてください。
また、腸内環境という点では、食べすぎない・加工食品をとらないといったことを心がけましょう。
腸は脳腸相関といって、人間のメンタルととても関係が深い場所なので、参考にしてください。

深呼吸も大事!

ツボといっしょに活用してもらいたいのが、深呼吸です。
深呼吸をする女性
深呼吸はなるべく、お腹での呼吸(腹式呼吸)と、吸う息1に対して吐く息2(1:2)くらいゆっくりにすることです。
このように、深呼吸すると、自律神経を副交感神経優位にして、リラックスすることができるからです。

パニック障害では予防が大事!

パニック障害の症状というのは、短時間でおさまるのがほとんどですが、
一度、起こってしまうと「次にも起こるのではないか?」という不安感がさらに、次の発作への引き金となりやすいです。発作を起こす男性
そうならないためにも、パニック障害のツボをしっかりと指圧して、心を安定させることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です