潰瘍性大腸炎のツボ

腹痛 女性

年々増加している【潰瘍性大腸炎】

腹痛
潰瘍性大腸炎は、年々増加しているようです。
現在では、原因不明完治する治療方法なしということで、難病にも指定されています。

薬を飲んでも治らない場合、ツボがよく効くかもしれません。
こちらでは、潰瘍性大腸炎のツボを紹介していますので、参考にしてみてください。

【潰瘍性大腸炎のツボ】5つ

ポイント

潰瘍性大腸炎のツボは、お灸のほうが効果的です。

指圧よりもお灸のほうが、ツボの効果が高くなります。

潰瘍性大腸炎のツボは1日に何回するといいの?

お灸を毎日、1回続けてみましょう。

潰瘍性大腸炎のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

2週間ほど続けて様子をみます。
調子の良い状態が続くようならば、そのまま継続してみましょう。
症状がまったく出なくなれば、お灸の間隔を少しずつ空けてみましょう。

東洋医学で考える【潰瘍性大腸炎の原因】

潰瘍性大腸炎は、原因不明とされています。
可能性としては、免疫・遺伝・感染・精神的要因が考えられています。

東洋医学で考える

東洋医学で考えた場合

食べ物の影響が大きいと思います。
「別に悪い物は食べていない」と思っている人は大間違い。
他の人は大丈夫でも、あなたにだけ特異的(アレルギー的)に、拒絶反応がでている場合があるのです。

注意
その結果、腸内環境が乱れたり、免疫機構が狂うことによって、潰瘍性大腸炎が発症しているのかもしれません。
特に、注意してほしい食べ物は、加工食品です。
なぜなら、現在の日本の加工食品には、自然界には存在しない、人工的な物質を添加しているものが多いからです。
胃腸の機能が弱っていたり、敏感な人は、この当たり前のように食している加工食品が原因で、潰瘍性大腸炎になっているのかもしれません。

じゃあ、何を食べれば良いのか?

ポイント
加工食品でないものです。
つまり、野菜・果物です。
肉類は減らして、大豆からタンパク質を摂取するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です