円形脱毛症のツボ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、円形脱毛症に効果のあるツボを画像でわかりやすく解説しています。
また、円形脱毛症を治すのに、効果的な道具についても解説しています。

円形脱毛症のツボはこちら

頭維の場所はこちら

ツボ頭維

ポイント
  • おでこの、生え際の角にある
  • 少しへこんでいる場所
  • 左右両方にあります。
頭維の場所

天井の場所はこちら

ツボ天井

ポイント
  • 肘の出っ張りの上にあるくぼみ
  • 肘を少し曲げたほうが、探しやすい
天井の位置

円形脱毛症のツボは1日に何回、押すといいの?

朝晩の1日2回、刺激をくわえてみましょう。

円形脱毛症のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

2~3ヶ月ほど続けてみて、様子をみましょう。

円形脱毛症について注意点

ストレスを減らそう

ストレスを感じると、血管が収縮します。
つまり、血流が悪くなります。
血流が悪くなると円形脱毛症の原因にもなるので、なるべくストレスを減らすようにしましょう。

ブラシでトントンはOK

実は、円形脱毛症を鍼灸治療する場合、直接、円形脱毛症の部分に、ブラシのようなはりをトントンします。
ブラシのような鍼とは梅花鍼ばいかしんです。

ポイント
梅花鍼はこういうのです


梅花鍼ばいかしんは、先端に鍼がついています。
これで、頭皮を刺激して治療します。
なので、ブラシで円形脱毛症をトントンすることは、東洋医学的に考えても間違いではありません。

睡眠と体を冷やさない

東洋医学で、髪の異常を考えた場合、「じん」のエネルギーに関係があると捉えます。
じん」は、睡眠不足・冷えによって、ダメージを受けやすいです。
なので、睡眠・冷えには、十分に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です