妊娠中や出産後に起こる腰痛の原因はこれ!腰痛予防にはこれ!

腰痛

妊娠中や出産後に起きる腰痛について

妊婦と医師の問診
妊娠中や出産後に腰痛になる女性は多いです!
普段は、腰痛じゃなくても体の変化によって、腰痛が発生してしまうのです。

では、なぜ妊娠中や出産後に腰痛が出やすくなるのか?
もう少し、具体的にお話します。

妊娠したら腰痛になる原因

妊婦と旦那さん
妊娠中は、お腹の赤ちゃんが大きくなるに連れて、重心のバランスをとろうとします。

ポイント
実はこの姿勢が、どうしても腰椎を反る姿勢になるので、腰痛を引き起こしやすくなるのです。
ポイント
この反る姿勢は、妊娠後期(赤ちゃんが大きくなる)になるにつれて大きくなります。
大きく反れば反るほど、腰椎を支える関節周囲の組織が引き伸ばされる形となり、さらに腰痛を引き起こしやすくなります。

「出産~出産後」に腰痛になる原因

出産が近づくにつれて

新生児を抱っこするお母さん
出産を間近に控えると、母体に体の変化が起こります。
子供を産むために産道を広げる必要があるのです。
骨盤が開いたり、骨盤や腰椎の周囲の組織が柔らかくなるのです。

ポイント
これらの変化が腰椎に負担がかかりやすくなり、腰痛の原因となってしまうのです。

出産後

また出産後に、開いた骨盤はすぐに戻るわけではありません。
少しずつ戻らず、骨盤が不安定な状態となっています。

ポイント
それなのに赤ちゃんを抱っこする姿勢が、前かがみになり腰椎に負担がかかります。
これが、出産後に腰痛が発生する原因となるのです!

妊娠中や出産後の腰痛を少しでも改善するために

妊娠中の腰痛予防

歩く妊婦
赤ちゃんが妊娠したら、腰痛を予防するコルセットなどはお腹を圧迫するために出来ません。
ですから、自然のコルセットとして、お腹まわりの筋肉がしっかりしているほうが腰痛予防になるのです。

だからと言って、腹筋や背筋などはできるわけもありませんから、ウォーキングなど適度な運動を日頃から心がけるようにしましょう。
(※ただし、妊娠中の運動をしてよいタイミングは、必ず担当の医師と相談してください。)

整骨院に行く

妊娠中でも整骨院にいけます。
ただし注意事項があるので、こちらの記事を確認してください。↓
妊娠中に整骨院に行ってもいいの?

出産後の腰痛予防

腰痛ベルト
出産後は、骨盤が開いた状態になっています。
これをすこしでも安定させたり、正しい位置に固定させる目的として骨盤ベルトをしましょう。

骨盤ベルトは、なんでもいいわけではありません。
ちゃんと出産後専用の骨盤ベルトが販売されているので
赤ちゃん用品専門店(もしくはネット通販)などで、探してみてください。

産前~産後の骨盤ベルトで人気なのは「トコちゃんベルト」です。

産後が落ち着けば、腰痛も落ち着く場合がほとんど

産後3か月もたつと、腰痛が落ち着くことがほとんどです。
なぜなら、赤ちゃんがお腹にいた時の重みもなくなり、開いていた骨盤も閉じてくるからです。
ただし、今度は抱っこによる腰の負担が考えられます。
赤ちゃんの抱っこによる腰痛は、整骨院・鍼灸院・マッサージ院などに行って相談してみましょう。

このページのまとめ

  • 妊娠中~産後というのは、体の変化のために腰痛が起こりやすくなる
  • 妊娠中~産後の腰痛を予防できる方法がある
  • 出産後は、腰痛が自然に治まる場合がほとんど(出産による腰痛)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です