薬に含まれるステロイドって大丈夫?ステロイドの副作用とは?

ステロイド

ステロイドとは

ステロイド薬イラスト
ステロイドとは、体内で作られている副腎皮質ふくじんひしつホルモンを人工的に作りあげたものです。

免疫抑制めんえきよくせい作用抗炎症こうえんしょう作用は大変すぐれているので、薬にたくさん使用されてる成分となります。

また、外用薬だけでなく、喘息発作の吸入ステロイド薬や、脳浮腫のうふふしゅなどの病気でも使用されるなど、いろんな種類の薬で使用されています。

なぜここまでステロイドのイメージが悪いのか、、、

虫刺され少年
ステロイドって聞くと、イメージを悪く持っている人がたくさんいますよね?
なにを隠そう、私もステロイドのことを良く思っていなかった一人です((*゚д゚*))


ポイント
では、なぜここまで、多くの人からステロイドが悪いイメージを持たれるようになってしまったのかといいますと、
過去に、ステロイド外用薬を使ったことによって、皮膚が黒ずんだり、皮膚が薄くなるなどを訴える人が、続出してメディアからもバッシングされたからです。

しかし、その原因は適切な使用をしなかったからと言われています。
なので、適切な使用をすれば、ステロイドはそこまで悪い薬ではないのです!

では、「ステロイドに副作用がまったくないのか?」といえばそうではありません!

ステロイドの副作用

女医
もちろんステロイドが悪いイメージをもたれている理由の一つに副作用があります。

ステロイドの副作用はこちら

  • 満月様顔貌まんげつようがんぼう(別名:ムーンフェイス)といって、顔がお月様のように膨れる
  • 感染症にかかりやすくなる
  • 骨粗しょう症になりやすくなる

などの副作用が知られています。

ポイント
なぜ、副作用があるのかと言いますと、さきほど副腎皮質ふくじんひしつホルモンといいましたが、ステロイドを長期投与することにより、本来、体内で作られている副腎皮質ホルモンの効き目が悪くなるためです。

副作用があるんだったら、ステロイドのお薬は使用しない方がいいの?

女医
ステロイドは、用法・用量を守っていれば、そこまで神経質にならなくてもいいでしょう。
それよりも、喘息やかぶれなど、目の前の症状を治療したほうがいいでしょう。

注意
注意したいのは、ステロイドの長期投与が必要になる場合です。
この場合は、折り合いをみながらステロイドをじょじょに減らしていくことが理想になります。
その点は、考慮している医者も多いので、相談されてみてはいかがでしょうか。

結論!

一般的な薬に含まれているステロイドは、とくに問題なく使用しても構いません。
量も少量なので、副作用を心配しなくてもいいでしょう!
※ただし、人によってお肌が敏感な人などは、症状が出る場合があるので、症状が出た際はすぐに医師または薬剤師に相談しましょう。

しかし、ステロイドの長期投与が必要な病状の場合は、副作用が心配になります。
その場合は、副作用についてと、長期投与についての計画をしっかり医師と話し合いましょう!

このページのまとめ

  • ステロイド剤に悪いイメージがあるのは、過去にメディアからバッシングされたから(事実は用法を守っていなかった)
  • ステロイド剤には副作用があるが、短期使用ならさほど心配しなくてよい
  • 病院からステロイド剤を出された場合でも、心配しなくてよい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です