お肉は食べた方がいいの?
食べない方がいいの?


なぜお肉は食べない方がいいと言われるのか?

バツを出すお医者さん
お肉はあまり食べない方がいいという理由については、消化に関係していますね。
なぜなら、お肉というのは、消化に悪いです。


なので、胃腸に負担をかけてしまいますし、また悪玉菌のエサとなりやすいので悪玉菌も繁殖しやすい環境を作ってしまう事になります。


またお肉には、悪玉コレステロール値を上げて、善玉コレステロール値を下げてしまうので、お肉は余り食べない方がいいと言われる理由がこれらです。

なぜお肉は食べた方がいいと言われるのか?

◯を出す女医
お肉を食べた方がいいと言われる理由については、お肉の栄養が関係していますね。
お肉には、人間が体内で作ることのできない必須アミノ酸を豊富に含んでいます。


なので、ダイエットをしている人がお肉をまったく食べないでいると、アミノ酸が不足して筋力が低下してきます。
筋力が低下すると代謝が下がるので、結局ダイエットに失敗しやすいために、お肉も食べましょう!と言われることが多いです。


もちろん、脂質も人間にとっては大事な栄養素です。
細胞膜に使われたり、ホルモンの材料になるためです。

結局どっち!?理想は8:2でした!

歯イラスト
お肉は食べたほうがいいのか、、、食べたほうがいいのか、、、
「 結局どっちなの!? 」 と言いたくなりましたね(^_^;)


実は、答えは8:2の割合でお肉を食べるというものです。 (お肉が2 )
その根拠としては、動物の歯にありました。


動物の歯は、食べ物によって形状が違います。
肉食動物は、キバのようにするどく尖っています。
これはを噛み切る食べですね。


反対に、草食動物たちのは、平らになっています。
これは、雑穀などをすりつぶすためですね。

人間の歯で、8:2がわかる!?

そして人間の歯は、平な臼歯が8、するどい犬歯が2という8:2の割合になっています。
つまり、野菜や果物を8、お肉を2の割合で食べるのが理想ということになります。


お肉を食べる目安がこちら

  • 1週間だとお肉は1~2回ぐらい
  • 1ヶ月だとお肉は5~6回ぐらい

アミノ酸不足にならないの?

お肉イラスト
お肉には必須アミノ酸が含まれているので、食べた方がいいと前述しました。
じゃあ、8:2の割り合いで食べていたら、「アミノ酸」が足りないんじゃないの?
という疑問がでてきますよね!?


しかし、大丈夫です!実は、野菜&大豆にもタンパク質の元になるアミノ酸が豊富に含まれているのです!


とくに大豆には、お肉により1種類少ないだけで、その他の必須アミノ酸はちゃんと含まれています。
ですから、野菜をメインにして、お肉は月に数回程度、、、これで十分アミノ酸は摂取することができます。


また、タンパク質や脂質についても、お肉よりお魚にすることをおすすめします。
お魚のほうが、お肉よりも消化にもいいですし、なんといっても魚の脂質は、体内の悪玉コレステロール値を下げ、善玉コレステロール値を上げるという特徴まであります。


最終的には、バランスよく食べることが一番大事ですが、
お肉はたまに食べるくらいがちょうど良いということになります。


あわせて読みたい!関連記事です。

認知症予防におすすめの食事や健康法!これでバッチリ!

電話をするおばあちゃん 認知症が社会問題に!ガンや脳梗塞も、もちろんやっかいですが、認知症も、あなどれない症状です。とくに認知症の場合は、本人よりも周りの家族の負担が大きいのです。なので、できるならば予防が望ましいと思います...


活性酸素を増やさないことが健康第一!

泣いている活性酸素 活性酸素(かっせいさんそ)ってなに?活性酸素(かっせいさんそ)とは、別名フリーラジカルとも呼ばれます。その名の通り、活性化した酸素で、酸素よりも数十倍もの酸化力を持ちます。なぜ、この活性酸素がいけない...


食べ過ぎないようにするためには

体重計に驚く女性 意外!食べ過ぎの原因はこれだった!普段から「ついつい食べ過ぎて」困っていませんか?食べ過ぎは、胃腸に負担をかけてしまい、代謝が衰えます。代謝が衰えると、肩こり&老化原因になります。まずは、食べ過ぎの原...


消化によい食べ物と悪い食べ物

ポテトチップス 消化に【良い食べ物】と【悪い食べ物】を知ることが健康への第一歩!食べ物が人間の健康を左右することは誰もが知っています。一般的に知られているのが、栄養価の高い食べ物は体に良い!というとこですね。がしかし...


代謝を上げる方法 代謝アップでダイエット・美容・肩こりにも!

お風呂に入る女性 代謝を上げる方法を知らないとかなり損します!代謝が低いと人生でいろいろ損をしてしまいます!なぜなら、代謝が高いとこんなに良いことがあります!↓↓↓↓↓ダイエット効果 ( 太りにくい )美容効果 ( お...


便秘に困っても下剤は飲んではいけない!クセになってからでは遅い!

便秘に悩む女性 もし、あなたが慢性の便秘でも下剤は飲まないほうがいいです。なぜなら、下剤というのは強力なお薬だからです。思い出して下さい。お風呂やトイレを掃除するときの◯◯キラーや◯◯ハイターを!!ニオイも強烈だし、...


胃薬は飲んではいけない!常に飲んでいるひとは副作用に注意!

腹痛の女性 危険!胃薬は飲んではいけない!もし、あなたが胃の不調(胃もたれ・胸やけ)があるたびに、胃薬をいつも飲んでいるというのなら、危険です!なぜなら、胃薬の種類によっては、胃酸を抑えるタイプがあります。それは...


お肉は食べた方がいいの?食べない方がいいの?実は目安は8:2!

お肉イラスト なぜお肉は食べない方がいいと言われるのか?お肉はあまり食べない方がいいという理由については、消化に関係していますね。なぜなら、お肉というのは、消化に悪いです。なので、胃腸に負担をかけてしまいますし、ま...


なぜ笑うと免疫力が上がるの?白血球も増加する秘密が明らかに!

口角を上げる女性 笑うとなぜ免疫力があがるの?皆さん、笑うと免疫力を上げる効果があるのをご存知でしょうか?笑うことで、白血球の数値が上がります。実際に、ガン治療に笑いを取り入れている病院もあるくらいです。ではなぜ、笑う...


東洋医学でいう未病とはどんな状態?未病を治すには?

体調が悪い女性 未病とは、症状がないのに体調が悪い状態!未病とは、体内のさまざまなシステムが正常に働いて機能している状態を「健康」とした場合、バランスが乱れた状態を「未病」としているのです。体内システムのバランスを崩...


食べてすぐ寝てはいけない!寝る前に食べると起こる怖い病気!

夜の診療 イラスト 寝る前に食べると良くないのはなぜ?よく、寝る前に食べるのは良くない!と言いますよね。いったい、なぜ良くないのでしょうか?「単に太るから?」いいえ!それだけではありません!実は、怖い病気になるからです!...


なぜ野菜から食べると体やダイエットにいいの?血糖値の急上昇が危険

野菜 イラスト なぜ野菜から食べると体にいいの?「野菜から食べると体にいいよ!」「野菜から食べるとダイエットにいいよ!」なんて耳にしたことがある人も多いと思います。ではなぜ、野菜から食べると、健康やダイエットに良いの...


老化の原因に自律神経の乱れがあり!肩こりがひどい人は要チェック!

アンチエイジングを目指す女性 老化を早める原因に自律神経の乱れが関係!誰しも、年はとりたくないですよね。とくに、実年齢よりも老けて見られるのは、いやだ思うのが当たり前です。そこで少しでも老化を遅らせるために、知っておいて欲しいのが...


ホッカイロどこに貼る?貼る場所によってこんなに健康効果が!

ホッカイロイラスト カイロを貼る場所によって、いろいろな効果が!寒い季節に重宝する貼るカイロ!みなさんは、寒さしのぎにしか利用方法がないと思っていませんか?実はそんなことないのです!というのも、ホッカイロを貼った場所はじ...


口で呼吸するな!鼻でせよ!アレルギーアトピー花粉症の本当の原因!

喉炎症 イラスト なぜ鼻呼吸が大事なのか?「呼吸なんて鼻から吸っても口から吸っても同じでしょ?」って思っているあなたは大間違いです!実は、口呼吸にしているとアトピー・アレルギー・花粉症・膠原病(こうげんびょう)などさま...


東洋医学でいう瘀血になるとなぜいけないの?瘀血と病気の関係!

注射器と血液 イラスト 瘀血(おけつ)ってどんな状態?東洋医学では病気に対してこのような言葉があります。「万病一元(まんびょういちげん)、血液の汚れから生ず」すなわち、病気は血液の汚れから生じるという意味です。この血液の汚れ...


危険!血液が汚れて滞る!つまり瘀血になる原因はこれだ!

吐き気 イラスト 瘀血(おけつ)になる原因!別のページ 東洋医学でいう瘀血になるとなぜいけないの?瘀血と病気の関係!でも紹介しましたが、瘀血(おけつ)とは東洋医学では血が滞(とどこ)っている状態です。また、血液が汚れて...


ガンになりやすい食べ物・ガンになりにくい食べ物!今すぐガン予防!

女医 日本人のガン患者が急増中!いまや2人に1人が【ガン】になる時代って知ってましたか?すごいですよね、、、(^_^;)さらにガンになった人の中から、3人に1人が【ガン】で亡くなるという計算です。なので健康...


古傷の痛み・骨折の痛みにお灸で痛みを止める!

古傷が痛む男性 こんな経験はありませんか?古傷が痛む、、、寒い日や雨の日は特に痛む、、、古傷というのは、細胞に血液が通いにくくなっているので、痛むことがよくあります。また、冬場など冷えたり、雨の日で痛みが増すのは、さ...