医者の診断が100%正確とは限らない!
鍼灸師からみた見解はこちら!


医者の診断が100%ではない!

医者

もしあなたが、「○○と診断されてしまった、、、」
けれど、病院に通っても一向に良くならない、、、

というならば、そもそも医師の診断を疑うことも、時には必要です。


それはなぜかといいますと、私の体験談からです。

私は、以前に鍼灸整骨院に8年ほど勤務してました。
鍼灸整骨院には、いろんな患者さんが来られます。


その中で、病院から鍼灸整骨院へ流れてくるケースが多いのです!


人によって症状もさまざまですが、「病院で○○と診断されました。けど一向に良くなりません。」
という人がとても多かったのです。
(例えば、腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛などですが)


医師には診断権があるので、問題はないのですが、
しかし、気をつけるべきポイントがあります。

気をつける点その1:専門医の診断ではない

聴診器 イラスト
病院などで診てもらう時は、やっぱり専門医のほうがいいです。
肩・腰・ヒザなどの痛みは一般的には、整形外科が専門となります。


けれど、鍼灸整骨院に患者さんが来た時、
「○○病院で△△と診断されました!」と言いいます。


「そこは何科の病院ですか?」と尋ねると、
「内科です。」と答えた場合、診断名と症状と矛盾を感じることはやはり多くなります。
なぜなら、内科は専門ではないからです。



気をつける点その2:画像診断をしたかどうか?

MRI イラスト
これも私の経験談ですが、腰のヘルニアと診断された患者さんが来られました。
そこで、「MRIは撮りましたか?」と尋ねると撮っていません。
レントゲンを撮っただけだと言います。


ヘルニアは、レントゲンでは写りませんので、MRIなどの画像検査で正確に調べる必要があります。

気をつける点その3:そもそも治療家と見解が違う。

鍼灸師
たとえば、ただの肩こりが、痛み止めで治るでしょうか?
もし、治ったとしてもそれは、放っておいても治っていた肩こりでしょう。


そもそも、肩こりは筋肉の痛みです。
ですから、筋肉や関節から考えるべきです。
それを、痛み止めでどうこうというのは、最初から見解が違うのです。

気をつける点その4:医者にも間違いがある

困る医者
これは単純にそのままです。
医者とて人間なので、診断を誤る場合もあるでしょう。


失敗しないためにもセカンドオピニオンが大事!

女医
以上の4点が、医者の診断も100%ではないと思える点です。
これを回避するためには、セカンドオピニオンを受けるのがもっとも効果的です。

セカンドオピニオンとは
セカンドオピニオンは、「第2の意見」という意味です。
つまり、1人の医者だけでなく、2,3人の医師から意見を聞くほうが良いということです。


また、その場合は、違う科の診察を受けてみたり、鍼灸院整骨院を受けてみたりしたほうがいいでしょう。
そうすることで、あなたにあった診断や治療法がハッキリすることでしょう。


”医師の診断は100%ではない!!”ということをハッキリと意識して、もし一向に症状が良くならない場合は、セカンドオピニオンをおすすめします。

今回は、肩こり・腰痛・ヒザ痛に重点をおいて説明しました。
ですが、めまい・耳鳴り・頭痛、、、などすべての病気において、セカンドオピニオンは大事なので、知っておいて下さい。


あわせて読みたい!関連記事です。

ただの肩こりで整形外科には行ってはいけない

医者 ただの肩こりで整形外科に行ったらだめ!「ただの肩こりで、整形外科に行かないでください!」もちろん私が、勝手に言ってるだけのことです。では、なぜただの肩こりで整形外科にいってはいけないのか、、、それは肩...


ただの肩こりでも病気が隠れている場合がある

医者 本当は恐い、、、肩こりでも病気が隠れている場合がある!肩こりの原因には、日常の負担などによるものと、病気が隠れている場合があります。ではどんな病気かといいますと、、↓狭心症(きょうしんしょう)高血圧低...


整形外科で首や腰の手術は絶対にしてはダメ!

手術スタッフ 肩こりで首の手術をしてはダメ!いままで、たくさんの【首の骨の手術】をした人に出会ってきました。。首にまじまじと、傷跡が残っています。そして全員、術後が良くないです。みなさん口をそろえて「痛い痛い」とい...


頸肩腕症候群ってなに?肩こりと関係あるの?

女性 頸肩腕症候群・変形性頚椎症ってなんなの?肩・首・腕・手に、痛みやしびれがあり、病院に行ったら、頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)と診断されてしまったあなた!(^_^;)あわてなくても大丈夫です...


変形性頚椎症なんてこわくない!鍼灸師が教える上手な付き合い方

女性鍼灸師 病院で変形性頚椎症といわれました、、、首~肩~手になんとなく痛み・しびれがあったあなた、、病院で、レントゲンやMRIなどの画像診断を受けましたね。そして、お医者さんからこういわれました、、、「首の骨が...


首のヘルニアなんてへっちゃら!鍼灸師が教える上手な付き合い方

鍼灸師 病院で首のヘルニアと言われた、、、ヘルニアとは?治療法は?首や肩の調子が悪く、病院に行ったあなた、、、。MRIなどの画像診断をうけて、「首のヘルニアです」と診断されてしまいました。ヘルニアって聞くと、...


整形外科での肩こりの保存療法はこのような内容です。

介護スタッフ 整形外科で受ける保存療法ってどんなの?肩こりがひどい、、、首肩が痛い、、、などの理由で、整形外科に行った場合、いきなり手術!っていうのはほとんどないですね。急を要する症状以外はほとんど保存療法で様子を...


肩こりで神経ブロックをする場合、知っておいたほうがいいこと

医療スタッフ 肩こりで受ける神経ブロックとは?肩こりで整形外科を受診しました。保存療法をやっても、あまり効果が無い、、、痛みが、激しい、、、神経ブロックをしたら、肩こりが良くなるかもしれない、、、などの理由から、医...


肩こりや首の症状において医者によって診断名が違う場合

困る医者 医者や病院によって診断名が違う(肩・首)肩・首の不調で、病院に行った時に医者の診断名が違うということは、よくあることです。具体定期には、頚椎症(けいついしょう)変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう...


医者の診断は100%ではない!もし、一向に症状が良くならないなら

MRI イラスト 医者の診断が100%ではない!もしあなたが、「○○と診断されてしまった、、、」けれど、病院に通っても一向に良くならない、、、というならば、そもそも医師の診断を疑うことも、時には必要です。それはなぜかと...


整骨院を繁盛させるには?リピーターを増やし、生き残るポイント!

治療内容を説明する治療家 整骨院が選ばれる時代現在、あちこちに整骨院ができて競争が激しくなっています。もう患者さんが整骨院を選べる時代になっていますので、質のよいサービスを提供しないと患者さんが増えないどころか、潰れるのが現実...


病院でレントゲン・MRIなどの画像検査で異常なしと言われたら

手のレントゲン画像 イラスト レントゲンやMRIが異常なしでも【肩の痛み・腰痛】がある場合【首・肩・腰の痛み】があり病院に行ったとします。ほとんどの場合、レントゲンもしくは、MRIなどの画像検査を行います。しかし、画像検査に異常が...


病院で骨がとがっていると言われたら見てください!それは骨棘です

医師の診察 骨が「とがっている」と言われました。首肩や腰・膝・足などの痛みがあり、病院に行ったとします。ほとんどの場合レントゲン(もしくはCT・MRI)などの画像検査を行います。そこで、「背骨の骨がとがっている」...


膝に水が溜まったら抜く方がいいはウソ!?何度も溜まる方は要注意!

注射 イラスト こちらのページのもくじです!なぜ、膝(ひざ)に水が溜まるの?炎症が起きる原因膝(ひざ)の水は抜いたほうがいいの?水が溜まったらどうすればいい?膝(ひざ)に水を溜めない予防法は?


神経痛とは?神経痛の原因や治療方法、痛み方の種類について

痛み イラスト 神経痛ってなに?よく、病院や整骨院、鍼灸院などで、痛みに対して質問をすると「それは神経痛です。」と言われることがあります。では、具体的にこの神経痛とはいったいなんなのか?もうすこし詳しく痛みについて紹...


痛みが慢性化を起こす仕組み!肩こりや腰痛が慢性化するのはなぜ?

肩の痛み 痛みが慢性化してしまう仕組み!「痛みが、なかなか治らない、、、」こんな経験ありませんか?ひょっとすると、あなたのその痛みは慢性化(まんせいか)している可能性があります。痛みが慢性化していると、なかなか...


炎症とは?どんな状態なの?わかりやすく説明!

炎症っていったい何? 炎症とは?よく、病院でもテレビでも炎症(えんしょう)という言葉を耳にします。炎症と聞くと、だいたい「悪いとこなんだな、、、」「痛みがあるところなんだな、、、」というのは、わかっていても詳しくは知らない...


レントゲンを頻繁に撮って被曝しないの?体に悪い?技師さんのお話

鍼灸師 レントゲンを頻繁にとって被曝しないの?昔、整骨院に努めている頃の、患者さんにもいました。年に何回もレントゲンを撮っている人が、、、その時は「そんなに頻繁にレントゲンを撮って被曝しないのかな~」なんて思...


なぜ痛みって必要なの?痛みを感じないと大変なことに!

腰痛がある初老の男性 なぜ痛みって必要なの?つらい肩こり・腰痛など体の痛みが続いた場合、「もう痛いのイヤ!いらない!」なんて思ったことはありませんか?確かに、痛みがあると気分的にも沈んでしまいますし、仕事・日常生活・人間関...