鍼灸治療の刺入深度はどれくらいがいいの?筋膜で止めるとよくゆるむ

鍼の刺入深度はどれくらいがいいの?

鍼の刺入の深さ
肩こり・腰痛などを治療するときに、筋肉にある筋硬結などを狙って治療するわけですが、その深さはいったいどれくらいが良いのかご存じですか?

  • 筋硬結の手前で止めるの?
  • 筋硬結を貫くの?
MEMO
正解は、ずばり筋膜です。

なぜ、筋膜で止めるのが良いのか?

筋膜で鍼をとめたイラスト
筋硬結を貫くのが好きな先生もいますが、私の経験上では、筋膜で止めるのが、筋膜をゆるめるのにもっとも効果があるように思います。

それに、触診の際に触れる筋硬結というのは、思っている以上に表層にあります。

メモ
それを、深く刺入してしまうと、一番ゆるめたい筋硬結を逃してしまうことになるからです。

また、刺入痛も軽減できるので、患者さんの負担が軽くなります。

どうやって筋膜で鍼を止めるの?

鍼灸治療触診
ポイントはズバリ触診のときに決まっているのです。

鍼を刺す前に、ツボの状態を把握するのに、手で触って確かめますよね。

メモ
このときに、ある程度の深さの指標を計っておくのです。
そして、そのまま押手を作り刺入するという流れです。

どうやって筋膜で鍼止めたことがわかるの?

筋膜を鍼でたわませるイメージ
筋硬結のできている筋膜ならば、ゆっくりとし入していけば、コツンと壁に当たった感触がします。
(深層に筋硬結がある場合は、そこで感触がします。)

メモ
筋膜にあてたら、筋膜を貫かないように雀啄もしくは撚鍼をします。
コンコンと扉のノックをするイメージです。

そして、そのまま筋膜を貫かずに、筋膜を少したわませた状態で置鍼します。
そうすると、筋硬結もフワッと一気にほぐれやすいです。

もしも、筋硬結のコツンという感触がしなかったら

メモ
必ずしも、鍼を刺入していき、コツンという感触があるわけではありません。
コツン、というのはあくまでも筋硬結ができてるときに感じるものです。

ですが、筋硬結がない場合でも、鍼がズシ~んと重たくなるときがあります。
これは、筋肉の固くなっているところに到達したサインなので、その辺りで鍼をとどめておくと良いでしょう。

またこの時に患者も得気を得やすいです。

いかがでしょうか?

鍼灸師
紹介した筋膜で止めるというのは、あくまでも私の一つの考えです。

メモ
自分の体に、鍼をしていろいろ試したのですが、筋膜をノックするかのように雀啄した時が、一番得気をえられたのです!
得気をえたほうが、筋肉も緩みやすく神経にもよく働きかけている状態なので、得気を最目標にしている方は「筋膜で止める」ということを試してみてはいかがでしょうか?
反対に、筋膜を貫いてしまうと、ぜんぜん響かなくなったのです。
ぜひ、みなさんも自分の体や臨床で試してみてくださいね。

追記:現在は深鍼りになりました

この記事を最初に書いた時は、2015年でした。
がしかし、現在(2018年)では、中国鍼(深い鍼)にどっぷりはまってしまいました。

その理由は、深く鍼を刺したほうが深層にある筋肉を緩められる、つまり治療効果が高いということを身をもって経験したからでした。
患者の負担が少ないとか、安全面とかで言うのならば、筋膜でとめるという方法も悪くないのですが治療効果を追求するのなら、深い鍼のほうがよく効くという結論にいたりました。
深い鍼については、こちらのページなんかが参考になると思います。

なにをやっても治らない腰痛に効果的な【鍼灸治療】

ぶっちゃけ鍼灸師

言ってることが変わってしまって申し訳ないですが、みなさんも勉強するにつれて、考え方が変わるということは、あると思うので、ご勘弁を(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です