鍼灸の学生は得をする!?寝なくても頭スッキリにはこのツボ!

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、「睡眠を削れるツボ」「睡眠不足でも頭をスッキリさせるツボ」について、私の体験談を交えながら紹介しています。
鍼灸の学生さんに向けた話です。

「寝なくてもいい」体が欲しい、、、

ポイント
深夜まで勉強をする女性

  • 寝なくてもいい体が欲しい、、、
  • 寝ている時間がもったいない、、、
  • 1日24時間以上あればいいのに、、、



毎日、勉強に忙しい学生のあなた!
一度は「寝なくてもいい体が欲しい」思ったことがあるでしょう。

私も、鍼灸の学生の頃は、テスト前になったら、いつも思っていました。
ポイント
ちなみに、私が学生の頃をちょっと話させてください!
↓↓↓↓↓↓↓↓

学生の頃は、鍼灸整骨院に勤務しながら、夜間の学校へ通いました。

午前中は院内の施術をして、すぐにお昼の訪問治療に向かいます。

昼ごはんも、ろくに食べれずに、訪問治療で患者さんを8名施術してると、もう夕方です。

さらに休むまもなく学校に行き、夜間の授業(18時~21時)を受けます。
学校が終わり、自宅に帰るころには22時前、、、

これじゃあ勉強する時間も、ろくにありません。(;´・ω・)

必然的に睡眠時間を削るしかなくなってくるのです!!

でも、睡眠時間を削ったら「体がしんどい、、、」当たり前ですよね?
しかし、鍼灸を勉強している学生さんだからこそできる裏技を紹介します!↓

「睡眠時間を削るとしんどい!」
そんなときは尾崎先生直伝のこのツボ!

尾崎朋文先生

実は、睡眠不足でも、体がしんどくならないツボがあるのです!!

これは、私が森ノ宮医療学園の学生だった頃の話です。

森ノ宮の功労者でもある、「 尾崎朋文先生 」の言葉が今でも忘れられません。


ポイント
「 寝なくても大丈夫大丈夫!百会したまま眠れば、体もスッキリするよ!
私なんかも昔は1日睡眠4時間だったけど、鍼のおかげでいけたよ!」

と、おっしゃっていたのを今でも覚えています。

ポイント
現に、私も睡眠時間が少ない時は、百会に鍼したまま眠ります。
確かに、多少は体が楽になります。
1cm以上刺入しておけば、途中で鍼が抜けていることもありません。
鍼が気になって、途中で目が覚めることもなく、朝起きた時に、頭に鍼が刺さったままになっています。

どうしても、睡眠が短くなるときだけでも、お試しください。

追記:尾崎先生ご本人からお返事が、、、

ぶっちゃけ鍼灸師

なんと、このページをご覧になった尾崎朋文先生ご本人からメールをいただきました!

↓メールを一部抜粋↓

ポイント
  • 授業で話したことを覚えていただいて、教師冥利みょうりにつきます。
  • 私もこのホームページの存在を在校生に紹介させていただいています。
  • 一言追加していただければありがたいです。→「百会は睡眠不足や不眠に効果ありますが、不規則な生活はだめ、規則正しい生活が基本です。」を入れていただければ幸甚こうじんです。

ぶっちゃけ鍼灸師

なんと、このようなありがたいお言葉をいただきました。
ええ先生や~、、、
つД`)

最後に!

尾崎先生のおっしゃるとおり、睡眠不足で体調を崩してしまったら本末転倒です。
どうしても、睡眠不足を削らなければいけない時にだけ、百会の裏技を使ってみるといいでしょう。
それ以外は、ご自身の体調に合わせながらしっかりと休息することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です