肩こり治療が難しいと嘆く治療家さんへ!肩こりはジストニアが原因!

肩こり 問診

肩こりはジストニアかもしれない!

鍼灸師

ポイント
肩こりの患者さんに対して、

  • をしてもマッサージをしてもなかなかよくならない、、、
  • いくら治療をしてもその時だけ、、、

こんな経験ありませんか?


実は、なかなか治らない頑固な肩こりはジストニアかもしれないとの見解が医学の間で広まっているのです。

この新事実は、私もとある神経内科医が書いた本を読んで衝撃を受けました。
本は文末で紹介しています

ジストニアとは?

ポイント
ジストニアは、脳(主に大脳基底核)や神経系統の何らかの障害により、持続的または不随意的に筋肉が収縮したり固くなったりする難治性の疾患です。

・持続的または不随意的に筋肉が収縮したり固くなったりすることをジストニア運動といい、ジストニア運動を伴う疾患をジストニアと呼んでいます。
参照 http://www.geocities.jp/dystonia2005/dystonia.html

ぶっちゃけ鍼灸師

つまり、ジストニアという病気が筋肉を硬くしている原因だったと考えられるのです。
「病気だったら、鍼もマッサージも効かないのか?」と思った方は続きをお読みください。

肩こりを伴うジストニアの原因はストレス?

ストレス 女性
本の中ではこのように説明されていました。
わかりやすく、まず手の震えを例にしますと、
誰でも、大勢の前で話をすることは、なれていないと緊張して手が震えたりします。
これは姿勢を位置づける神経が、正常に働けなくなるからです。

ポイント
これと似たような原理で、長期的な過度のストレスによって、姿勢を位置づける神経を狂わせてしまい、ジストニアが起こる。
つまりそれが肩こりの原因になっていると
考えられるわけです。

確かに、ストレスが強いと肩こりが強くなるというのは、治療家なら誰しも経験していることでしょう。

ジストニアの原因

ポイント
  • 精神的ストレス
  • 肉体的疲労
  • 筋疲労性痛(肩こり)があるためにさらにひどくなる。

ジストニアの肩こりに鍼灸やマッサージは意味ないのか?

マッサージ施術
ジストニアが原因で、脳由来の肩こりが起こっているのなら、いくら鍼灸やマッサージを施そうが一時的しか意味がないのかもしれません。

ただし、鍼灸やマッサージにはリラックス効果があります。
また、一時的とはいえ肩こりを楽にできたのなら、患者自身のストレス解消には有効だと思います。

ポイント
ただし、すぐに戻るような肩こりならば、患者自身の普段の生活のストレスを緩和するように、アドバイスすることも必要になってくるでしょう。

要するに、ストレスが緩和しない限り、肩こりもなかなか良くならない、、、
という状態です。

鍼灸やマッサージが、ジストニアの悪循環を断ち切ることができる!

もし、ストレスが原因でジストニア由来の肩こりが起こっているとします。
肩こりになると、誰だってストレスを感じますよね。

そこで、鍼灸・マッサージにより、一時的に肩こりを解消したとします。
すると、肩が重くてストレスに感じていたことが、スッキリと解消されます。

ぶっちゃけ鍼灸師

そうなると、ジストニアの原因となっていたストレスが緩和されるので、ジストニアも改善すると考えられますね。
つまり、肩こりのストレスが原因でジストニアになっている場合は、その悪循環を鍼灸マッサージなどで解消できるケースもあると思います!

ジストニアについて参考になる本

こちらが、「肩こりはジストニアが原因」だと書かれていた本です。
筆者の寺本 純先生は神経内科医なので説得力があります。

ポイント
この本は、一般の方にはちょっと難しいように思います。
反対に日々、肩こりを治療する側のような医療従事者や学生さんには面白い本だと思います。

ぜひ、図書館にあるか探してみてください。
また、ネットだと中古も売っています。

このページのまとめ

  • いくら、鍼灸・マッサージをしても治らない肩こりはジストニアが原因かもしれません。(ジストニアとは、付随的な反射により、肩の筋肉が硬くなること)
  • ジストニアの主な原因はストレスです。
  • ジストニア由来の肩こりでも、鍼灸・マッサージは有効だと思います。なぜなら、鍼灸マッサージによって、肩こりを緩和するとストレスが緩和され、悪循環を断ち切ることができるからです。(ただし、患者さんが、それ以外に大きなストレスを抱えている場合は、肩こりがすぐに戻るという現象が考えられます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です