ぶっちゃけ鍼灸師の
腰部脊柱管狭窄症はこうしろ!


腰部脊柱管狭窄症ようぶせきちゅうかんきょうさくしょうとは?簡単に説明

脊柱管狭窄症のレントゲン図

人間は、背骨が空洞になっており、その中に神経血管が通っています。


腰部脊柱管狭窄症ようぶせきちゅうかんきょうさくしょうとは、その空洞が加齢につれて、空洞が狭くなり神経を圧迫する状態です。


※空洞が狭くなるのは、変性へんせいつまり、老化によって背骨がくずれたことが、主な原因です。

主な症状3つ

  • 腰痛
  • しびれ・痛み
  • 歩けない

詳しくは↓

腰痛

特徴的なのが、前かがみにすると楽になり、後ろに反らすと痛みが強くなります。


しびれ・痛み

また、お尻~足にかけて、しびれ・放散痛ほうさんつうが出るのも特徴です。
放散痛ほうさんつうとは、神経にそって走る痛み


歩けない

歩く距離が、5分ももたないが、少し休めばまた歩けるという症状も特徴的です。
(※間欠跛行かんけつはこうと言う。)

腰部脊柱管狭窄症ようぶせきちゅうかんきょうさくしょうになったらどうすればいいの?

脊柱管狭窄症のイラスト詳細
病院にて、腰部脊柱管狭窄症と診断された場合、主に2パターンです。

1.症状が強い場合

  • 歩くのがつらい、、、
  • 痛みがひどい、、、

このように、症状が強い場合は、
手術をすすめてくる場合がほとんどです。

2.症状が弱い場合

痛いのは痛いけど、日常生活が困難なほどではない。
つまり、症状が弱い場合は、
手術をせずにリハビリで経過をみる保存療法ということになります。

手術はしない方がいい?

手術医
私の経験から言わせてもらえば、手術はしないほうがいいです。
理由の一つとして、神経の部分の骨を削るわけですから、神経を傷つけてしまうと、足が動かなくなるというリスクがつきまとうからです。


また、腰部脊柱管狭窄症の手術に関しては、手術をして一時的に痛みがマシになったが、数ヶ月でまた以前のように腰が痛くなった、、、という方が多いのも事実です。

手術をした人はこんな感じ

ゴルフをする高齢者
ちょっと脅かしてしまったかもしれませんね。ですがご安心を(^O^)
私自身、腰部脊柱管狭窄症の手術をした人を何人も見ています。


中には、経過が良好な方もいますが、ですが骨を削っているため、やはり支える力が弱くなり、腰痛と付き合っていかなくてはいけなくなります。


手術をしなくても、良くなった人もいる!

しかし、反対に手術をしなかった人でも、元気になった人をたくさん見てきました。
そのような人たちは、努力をしてきた人たちです。

例えば、、、

  • 規則正しい生活
  • 食生活の変化
  • 適度な運動
  • リハビリ・鍼灸院・整骨院に通う

このように努力をして、上手に付き合えば、旅行でもゴルフでもできるレベルに、なった人はたくさんいます。

腰部脊柱管狭窄症に鍼灸治療は効果あるの?

鍼灸治療
鍼灸師として、言わせてもらいますが、正直なところ「 やってみないとわからない!」というのが本音です(^_^;)


というのも、人によって背骨の圧迫具合がぜんぜん違うからです。

実際に、腰部脊柱管狭窄症の患者さんをたくさん鍼灸治療してきましたが、症状がかなり改善される方もいれば、ほとんど変わらない、という人もいます。


やはり「やってみないとわからない」というのが正直なところです。

まとめ

鍼灸師
もし、あなたもしくは、ご家族が腰部脊柱管狭窄症と診断されても慌てないで下さい。
とりあえず手術は後回しです。
高齢でなければ、手術はいつでもできます。


できれば、セカンドオピニオンとして、1~3箇所の病院で診てもらうほうが良いでしょう。
医者の中には、「これぐらいなら手術をしなくても大丈夫。」と言われるケースもあるからです。


セカンドオピニオンとは、病院を複数、診察すること。
そのほうが、いろんな意見を聞けるメリットがある。

次にしてほしいこと

セカンドオピニオンの次に、してほしいことは、保存療法で様子をみるということです。
この保存療法も、いろんなところを受けてみましょう。


病院のリハビリ・整骨院・鍼灸院などなどです。
良くならなければ、いろんな先生を転々とするほうがいいです。


1年~2年くらい保存療法をやってみます。
その間に、まわりで腰部脊柱管狭窄症の手術をした人がいないかなど、情報収集もしてみて下さい。


保存療法を続けてみて、変わらず腰が痛い、、、どんどんひどくなるような感じ、、、という状態ならば、手術という選択肢も視野に入れてください。


ただし、最初から痛くて痛くて歩けない、、、仕事に支障をきたす、、、という場合は、すぐに手術をするという選択もしなければならないことも知っておいて下さい。



あわせて読みたい!関連記事です。

長年苦しんだ腰痛がピタッと変わる!鍼灸師が選んだ腰痛解消グッズ!

筋力が落ちない骨盤ベルト ただの腰痛解消グッズではない自分の話ですが、、、^^;鍼灸資格をもち、自分も腰痛に悩み、腰痛の勉強をしてはや10年、、、いろいろと試していく中でこれは使える!と思った腰痛解消グッズを紹介いてます。


腰痛の原因は90%が悪い姿勢からきている!

猫背 腰痛がいつまでたっても治らない原因は?腰痛に苦しむ方のなかには、ず~っと腰痛に悩まされているという人も多いです。「 もう何十年と腰痛持ち、、、 」といった具合ですね。では、なぜこんなにも長く腰痛にを患...


腰痛は保険治療が利きますか?病院、整骨院、鍼灸院は保険適応です!

腰痛に悩む女性 腰痛は保険適応で治療ができます!ただし注意が!腰痛は、保険医療機関において保険適応内で治療が受けられます。ただし注意点がありますので、詳細を説明します。このページのもくじです↓病院で腰痛を診てもらう場...


ぎっくり腰・慢性腰痛の痛み!腰痛の治療はどこにいけばいいの?

病院 腰痛ってどこに行くのがいい?よく治るの?あなたのつらい腰痛は、どこで治療するのがいいのでしょう!?そんな悩みを、「病院や鍼灸整骨院」で勤務した経験のある私がお答えします!だいたい大きくわけると、腰痛を...


腰部脊柱管狭窄症になったらどうすればいい?手術は?鍼灸師の答え!

脊柱管狭窄症のレントゲン図 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは?簡単に説明人間は、背骨が空洞になっており、その中に神経や血管が通っています。腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、...


「腰痛が10秒で治る!」は大ウソ!?結論から言えばウソです!

腰痛に悩む男性 腰痛が一瞬で治るって本当なの?つらい腰痛が10秒で治る!慢性腰痛があっという間に治る!これさえ読めばあなたの腰痛が必ず治る!ちまたでは、こんな謳い文句(うたいもんく)をよく見かけます.ね!とくに、本の...


誰も教えてくれなかったギックリ腰の原因!仕組みから生活習慣まで!

腰痛に悩むおじいさん ぎっくり腰の原因ってなに?ぎっくり腰とは、腰に激痛が走り、前かがみになったまま動かれない状態、、、というのは、みなさんイメージされるでしょう。でも、ぎっくり腰とは、体の中でどのようになっている状態なの...


ぎっくり腰はクセになる?実はクセになります!理由はこちら!

ぎっくり腰になった男性 結論から言うと、ぎっくり腰はクセになります!よく、「ぎっくり腰はクセになる!」と聞いたことがある方も多いと思います。実際に、何度もぎっくり腰を繰り返す人がいますよね。結論から言いましょう!「ぎっくり腰...


腰痛や膝痛など痛みがあるときは歩いてもいいの?

運動をする老夫婦 腰や膝が痛いときに「歩くのは」よくないの?患者さんからよく聞かれる言葉として多いのが、「痛いときに歩いてもいいですか?」です。たしかに、痛いときに動かさないほうがいいのは、みなさんなんとなくわかってい...


急なぎっくり腰になったらどうすればいい?対処法はこうしろ!

ぎっくり腰の女性 急なぎっくり腰になったらどうすればいい?ぎっくり腰、、、動けないほど辛い場合があります。急になったらどうすればいいのか、あなたならわかりますか?そこでぎっくり腰の経験がある私が、すべての解決策を動画付...


ふくらはぎが痛い!原因は腰・坐骨神経・筋肉・内蔵に分かれます。

ふくらはぎの痛みイラスト ふくらはぎが痛い原因ふくらはぎが痛みでもさまざまな原因が考えられます。どこから由来しているのかによって大きく4つに分かれます。ふくらはぎの痛みは、主に腰が原因座骨神経が原因足が原因その他(内蔵由来)が...


コルセットは夜寝るときは外すべき!血流を悪化させる原因!

就寝前 イラスト 夜寝るときコルセットはつけないほうがいい?腰のコルセットは、腰痛の場合は、なくてはならない必需品ですよね。では、コルセットは1日中、つまり寝ている間もつけた方がいいのでしょうか?


腰椎分離症とは?鍼灸治療で痛みに効果がありますか?

腰椎分離症 イラスト 腰椎分離症とは腰椎分離症は、腰椎が上関節突起と下関節突起との間にある椎弓部で分離している状態です。その多くは第4・第5腰椎に起こることが多いです。腰椎分離症だからといっても、無症状の方もいれば、腰痛や...


妊娠中や出産後に起こる腰痛の原因はこれ!腰痛予防にはこれ!

妊婦と医師の問診 妊娠中や出産後に起きる腰痛について妊娠中や出産後に腰痛を訴える女性は多いです!普段は、腰痛持ちじゃなくても体の変化によって、腰痛が発生してしまうのです。では、なぜ妊娠中や出産後に腰痛が出やすくなるのか...