なぜ笑うと免疫力が上がるの?白血球も増加する秘密が明らかに!

笑うとなぜ免疫力があがるの?

カゼを引かない女性
皆さん、笑うと免疫力を上げる効果があるのをご存知でしょうか?
笑うことで、白血球の数値が上がります。
実際に、笑いをガン治療に取り入れている病院もあるくらいです。

ではなぜ、笑うと免疫力が上がるのか?

実は、いままでこの理由はに包まれていました。

ですがここ最近、明らかになってきたのです。
その秘密は、【複式呼吸ふくしきこきゅう】と【腸の仕組み】にあったのです。

秘密は複式呼吸ふくしきこきゅうにあった!

メモ
腹式呼吸とは、腹筋を使う呼吸のこと。
呼吸の際に、お腹がよく動く呼吸。
腹式呼吸じゃないのは、胸式呼吸と言い、呼吸時に胸が動いている。
笑う女性
笑うと、自然に複式呼吸ふくしきこきゅうになります。
複式呼吸になると、お腹の筋肉がよく動くので、腹部のリンパ管の流れが良くなります。

この、腹部のリンパ管の流れが、免疫力に関係があります。
なぜなら、人間の腸には、免疫細胞の70%が存在しており、まさに免疫システムの指令塔になっていたのです。

ぶっちゃけ鍼灸師

つまり、笑うことで腸が活発になり免疫システムを活性化するのです。

じゃあ、笑わなくても複式呼吸だけしておけば免疫力は上がるの?

深呼吸をする女性
もちろん、腹式呼吸だけでも免疫力があがります。
しかし、「笑うこと」にはそれ以外にも、免疫力アップの秘密があるのです。

笑うと、自律神経を副交感神経優位ふくこうかんしんけいゆういにする

メモ
自律神経とは、人間の内蔵を調節している神経です。
副交感神経とは、リラックス時に働きやすい神経で、内蔵をよく動かす神経です。
反対に交感神経とは、内蔵の働きを鈍くする神経です。
落ち込む女性
免疫を担っている部分の7割は腸に関係すると説明しました。
残り3割が、メンタル(精神)に関係すると言われています。

イライラ・ストレス・落ち込み・不安という状態は、自律神経の交感神経を優位にします。

交感神経は、内蔵の働きを低下させてしまうので免疫力も低下してしまうのです。
メモ
つまり、笑うことが免疫力を上げる秘密は

  1. 腹式呼吸によるリンパの活性化
  2. 自律神経のバランスがよくなり内蔵機能よく動く→腸もよく動く→免疫力の活性化

このW効果があったのです!

無理やり笑顔にするだけでも効果がある!

口角を上げる女性
笑うことが、免疫力が高まり健康に良いことがわかりました。
でも、「そんなにしょっちゅう笑うことって実際は少ない!」という人におすすめなのが、「おかしくなくても無理やり笑顔」にすることです。
つまり「ウソの笑顔」です。

このウソの笑顔は、ただ口角を上げるだけでいいのです。
日頃から、リラックスできる時間を作って、口角を上げるようにして下さい。

人間の脳は、それを笑っているのと錯覚して神経がリラックスするからです。それプラス、腹式呼吸をすることで、前述したW効果を得られます。

でも、一番は心の底から笑うことが、一番免疫力アップ効果があがるので、友達とおしゃべりしたり、お笑いやコメディーのDVDを見たり、本を読んだり、ぜひ毎日笑いの絶えない生活をしてみてください。

メモ
普段からニコニコ笑顔になるということは、
あなた自身も健康になれますし、周りの人も癒やされて、あなたにもっと好感を持ってくれるようになりますよ(*^_^*)

このページのまとめ

  • 笑うと免疫力が上がることが、最近わかってきた。実際に笑いをとりいれる病院も増えている。
  • 笑うと、腹式呼吸になり腸のリンパ管を刺激する。この行為が、免疫細胞が70%も存在する腸を活性化することになるので、免疫力が上がる
  • 笑うと、副交感神経が優位になり、腸がよく動く。このことも腸を活性化させて免疫力が上がる
  • 本当におかしくなくても、ウソの作り笑い(口角をあげる)をするだけでも、脳は錯覚して副交感神経を優位にする(リラックスする)つまり、免疫力アップにつながる。ただ、ウソの笑いよりも本当におかしくて笑ったほうが、免疫力アップには効果がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です