咳(せき)の「耳ツボ」

せき(咳嗽がいそう)とは

メモ
※せきを難しく言うと咳嗽がいそうと言います。

  • せきとは、気道の異物・分泌物を除去するために生体防御反射の一つ。
  • 気管・咽頭(のど)・呼吸筋によって起こります。
  • 呼吸器疾患だけでなくても起こります。

せきの「耳ツボ」はこちら

せきの耳ツボ

咳(せき)の「耳ツボ」は1日に何回押せばいいの?

朝昼晩と1日3回にわけて押してみましょう。
貼るタイプの場合は上から押さえましょう。

咳(せき)の「耳ツボ」はどれくらい続けたら良いの?

ぶっちゃけ鍼灸師

3日ほど続けて様子をみましょう。
それでも、効果を実感できない場合は、体にある咳のツボも併用しましょう。
1週間ほど続けても効果を実感できない(咳が治まらない)場合は、病院に行くことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です