痛みが慢性化を起こす仕組み!肩こりや腰痛が慢性化するのはなぜ?

痛み イメージ

ぶっちゃけ鍼灸師

人間には、多少の痛みならば時間とともに治す能力があります。がしかしそれでも慢性化を起こしてしまうのは、どのような原因(仕組み)があるからでしょうか?どうして、肩こり・腰痛は慢性化しやすいのでしょうか?その疑問に鍼灸師がお答えします!

痛みが慢性化してしまう仕組み!

肩の痛み
「痛みが、なかなか治らない、、、」
こんな経験ありませんか?

ひょっとすると、あなたのその痛みは慢性化まんせいかしている可能性があります。

痛みが慢性化していると、なかなか治りません。

ぶっちゃけ鍼灸師

ここでは、慢性化する仕組みについて鍼灸師がもう少し詳しくお伝えします。

慢性化の仕組み

血圧計 イラスト
何かが原因で痛みが起こったとします。
そうなると交感神経こうかんしんけいが緊張して、その部分の血管が収縮します。

それと同時に、運動神経が興奮することにより、筋肉が緊張して固くなります。
この血管収縮と、筋緊張のダブルパンチによって、血流が低下します。

血流が悪くなると、痛みを起こす物質も停滞してしまうのです。

これらが、痛みの悪循環(慢性化)を引き起こしてしまうのです。

ぶっちゃけ鍼灸師

ですが、痛みの慢性化の原因はこれだけでは、なかったのです!!

痛みが続くとさらに不安に、、、

不安になる女性
痛みの慢性化に、悪循環が原因となっていることをお伝えしました。

しかし、それだけではなくストレスも関係してきます。

例えば痛みが長期化すると、ストレスを感じますよね。
今度は、そのストレスが、自律神経を「交感神経優位」にしてしまい、血流を悪くするのです。

こうなると、痛みによる不安・ストレスも、慢性化の原因となっていることが理解できるかと思います。

ポイント
それだけでなく、ストレスは不眠・うつ病を併発する原因にもなります。

不安による痛みの慢性化を繰り返さないために

診察風景
痛みの慢性化を避けるためには、まず専門のところを受けましょう。

専門のところとは、病院・鍼灸院・整骨院などいろいろ行ってみるといいです。

そして、なぜ痛みが起こっているのか、しっかりと原因を説明してもらいましょう。
そうすることによって、あなたの痛みに対する不安が少し和らぎます。

不安を和らげることが、痛みの悪循環を断ち切る第一歩となります。

痛みの慢性化を断ち切るために!

この痛みの悪循環を断ち切るためには、痛みを改善することです。
当たり前のように感じるかもしれませんが、痛みがあっても放って置く人が多いのも事実です。
痛みを放っておくと、どんどんひどくなり、次第に「手が上がらなくなった!」など、ひどくなるケースもあるので注意しましょう。

痛みがあるならおすすめの場所

痛みがある場合は、整骨院・鍼灸院・マッサージなどを受けてみましょう。
最初は病院でも構いませんが、病院だと「薬を飲んで様子をみてください」で終わる場合があるので、そのように言われたら、体を触ってくれる場所に行ったほうが良いですよ。

普段から血流をよくするように心がけよう。

運動をする夫婦
痛みの慢性化は、血流低下が悪循環の原因となっているとお伝えしました。

逆に言えば、血流を改善してやれば、悪循環を断ち切れるのです。
簡単にできる血流改善方法は、運動・ホットパック・お風呂です。

※ただし、運動したり温めて痛みが悪化するようならば、すぐに中止をして専門家の意見を聞きましょう。

このページのまとめ

  • 痛みが慢性化してしまう原因(メカニズム)は、血流低下が主な原因です。
  • 精神面での不安・ストレスも痛みの慢性化を引き起こす原因となります。
  • 痛みを感じたら、まずは痛みを相談したり、改善してくれるような場所「整骨院・鍼灸院・マッサージ・病院」などに行きましょう。放っておくとどんどんひどくなる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です