赤痢のツボ

赤痢 ツボ

赤痢のツボについて

ポイント
注)こちらでは、鍼灸師に向けたページになっています。
一般の方が、赤痢と思われる症状にかかった場合、病院へ行くことをおすすめします。

赤痢とは

  • 病原菌「赤痢菌」による腸内感染症
  • 潜伏期は1日~3日で、病態は急に発病する
  • 感染源はヒト(保菌者の糞便)・手指・食品・水・ハエ・器を介して感染
  • 2類感染なので、診断した医師は、保健所への届け出が必要

赤痢の症状

  • 腹痛
  • 下痢(水様便)
  • しぶり腹(テネスムス)
  • 脳粘血便「粘液・膿・血」が混じった便がでる(1日に数回)
  • 発熱(1日~2日続く)
  • 左下腹部に圧痛
  • 悪心嘔吐
  • 食欲不振

診断

確定診断は、糞便からの赤痢菌の検出

治療法

対処療法の場合

整腸剤で様子をみる

抗菌薬療法の場合

抗生物質の投与

赤痢に対して鍼灸治療の有効性

ポイント
  • 免疫力増強作用
  • 腸の蠕動運動の亢進をおさえる
  • 腸の血流改善
  • 生理機能の乱れを改善
  • 物質代謝障害を改善

赤痢のツボ

ポイント
  • 天枢
  • 上巨虚
  • 足三里
  • 大椎(高熱)
  • 内関・中脘(嘔吐)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です