遅漏のツボ

男性悩み

ぶっちゃけ鍼灸師

当サイトでは、遅漏のツボを画像でわかりやすく解説しています。
東洋医学によるツボ治療は、副作用がありませんので、参考にしてください。

遅漏ちろうのツボはこちら!

医師

ポイント

遅漏のツボは、お灸が効果的です。

指圧よりもお灸(せんねん灸)のほうが効果が高くなります。

遅漏のツボは1日に何回するといいの?

1日1回が目安です。

遅漏のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

1ヶ月ほど続けてみましょう。

遅漏を東洋医学で考える

東洋医学で考える
東洋医学で遅漏を考えた場合「じん」の臓器に問題があると考えます。
腎を悪くする原因として、以下の3つに注意しましょう。

1.体の冷え

ポイント
体を冷やさないように心がけてください。

  • 毎日、お腹を出して寝ていませんか?
  • クーラーを強くし過ぎていませんか?
  • アイスを毎日のように食べていませんか?

あなたの体は、思った以上に冷えているのです!

2.栄養の吸収が悪い

ポイント
栄養の吸収は腸内環境と関係があります。

  • 食べすぎていませんか?
  • 毎日、お酒を飲んでいませんか?
  • お肉・脂っこいものばかり食べていませんか?

あなたの、腸内環境は、思った以上に悪いのです!

3.睡眠不足

睡眠不足は、「腎」を悪くしてしまいます。
心あたりがある人は、睡眠時間をたっぷり取るようにしましょう。
遅漏に悩む人は、最低でも7時間は寝たいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です