【抗がん剤の副作用】対策のツボ

抗がん剤イメージ

メモ
ガンが見つかると、多くの人が抗がん剤治療を始めます。
(抗がん剤だけでなく、放射線治療もあると思います。)

抗がん剤治療は、副作用が強く、特に白血球減少が大きな問題となります。
こちらでは、抗がん剤治療による、白血球減少に対して、効果が認められたツボを紹介していますので参考にしてください。

【抗がん剤の副作用】対策のツボはこちら

メモ

【抗がん剤の副作用】対策のツボは、お灸が効果的です。

免疫力をアップさせるには、ツボに対してお灸のほうが効果的です。
せんねん灸でOKです。

【抗がん剤の副作用】対策のツボは1日に何回するといいの?

1日1回が目安です。

【抗がん剤の副作用】対策のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

抗がん剤治療を受けている間、続けるようにしてください。
もちろん、お灸自体に副作用はありません。

笑うと白血球数が上昇します。

○サイン
笑うことによって、白血球数が上昇すると、医学的にも認められています。
なので、日頃から笑う回数を増やすと、免疫力が上がり、抗がん剤の副作用対策として用いることができます。

笑顔だけでも可能

面白い出来事がなくても、いつもニコニコと笑顔になっているだけでも、効果があるとされています。

抗がん剤を飲んでいる時の食事(栄養)は?

食事
基本的には、栄養のバランスが一番です。
栄養を減らす必要はなく、むしろ少し多めに、エネルギー&タンパク質をとるように意識したほうがいいでしょう。
ただし、なんでもかんでも食べたら良い、というわけではありません。
注意点を書いておきます。

加工食品は食べない。

メモ
なるべく加工食品は、とらないようにしましょう。
加工食品には、添加物がたくさん含まれています。
添加物というのは、消化・吸収を悪くする要因です。

なので、できるだけ加工されていない食品を食べるようにしましょう。
野菜・果物・海藻類・きのこ類などが理想です。

お肉も減らす

メモ
お肉は、日本人の胃腸には、合っていません。
なので、お肉を食べると、腸内で腐敗が起こり、毒素を多く発生して病気の原因となります。

抗がん剤を飲んでいる間は、お肉を減らすようにしたほうが懸命です。
「お肉にも栄養があるのでは?」と思うかもしれませんね。

それなら、大豆製品で十分です。
大豆にも、必須アミノ酸がすべて含まれていますし、タンパク質も多いのです。
お肉を減らして、大豆製品を食べる機会を増やすと良いでしょう。

「病は気から」は本当です。

落ち込み

メモ
ここで伝えたいことはは、こうです。↓
「病気になったことをクヨクヨといつまでも、悩んだり愚痴を言っていたら、免疫力は回復できません。」

ストレスが、あなたの免疫力をいつまでも回復させてくれないのです。

じゃあどうすればいいのか?

  • クヨクヨと過去を後悔しないこと。
  • 愚痴を言わないこと。
  • いつもニコニコしていること。
  • 病気のことは考えずに、違う楽しいことをたくさん考えること。

難しいと感じる方が多いと思います。
しかし、そのように気分を変えたら、がん細胞がすべて消えてしまったという人がいることも事実です。

「病は気から」という言葉があるように、あなたのストレスを少なくすることが免疫力アップ(抗がん剤治療の対策)につながります。
ぜひ、参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です