骨盤内炎症性疾患(PID)のツボ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは骨盤内炎症性疾患(PID)のツボを画像でわかりやすく解説しています。

骨盤内炎症性疾患のツボはこちら

ポイント

気海の場所はこちら

ツボ気海

ポイント
おへその(指2本分)(人差し指~中指)

中極の場所はこちら

ツボ中極

ポイント
おへその(指5本分)(親指~小指)

帰来の場所はこちら

ツボ帰来

ポイント
中極の(指3本分)人差し指~薬指)

骨盤内炎症性疾患(PID)のツボには、お灸のほうが効果的です。

指圧よりもお灸のほうが効果が高まります。
お灸はせんねん灸でOKです。
薬局・通販で手に入ります。

骨盤内炎症性疾患(PID)のツボは1日に何回、押すといいの?

指圧なら1日2回
お灸なら1日1回

骨盤内炎症性疾患(PID)のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

2週間ほど続けてみましょう。

温めるのもOK

骨盤内炎症性疾患のツボを紹介しました。
ぜひ、お灸をしていただければ、効果的だと思います。
ツボの位置を正確にとるのが難しい場合は、ホッカイロを貼って温めるのもOKです。

炎症なのに、お灸したり温めてもいいの?

ポイント
慢性的な炎症の場合、構いません。
慢性的は長期的に続いているという場合です。
この場合、血流が悪いために、長期化(慢性)に、なっています。
お灸・温めるという行為は、細胞を活性化させて、炎症を早く抑えるのに効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です