子宮筋腫のツボ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、子宮筋腫のツボと「なぜ子宮筋腫が自然消滅するのか」について解説しています。

子宮筋腫のツボはこちら

ポイント

次髎の位置はこちら

ツボ次髎

ポイント
お尻の出っ張っている骨から、
内側2cm・下2cmの場所
へこんでいて、押すと痛い場所
次髎の位置

曲骨の位置はこちら

曲骨の位置

ポイント
下腹部に触れる骨(恥骨ちこつ)のキワにとる

横骨の位置はこちら

ツボ曲骨と横骨

ポイント
曲骨の横5寸(親指の半分の横幅)

子宮筋腫のツボには、お灸のほうが効果的です。

指圧よりもお灸のほうが、効果があがります。
せんねん灸でOKです。
せんねん灸は、薬局か通販で手に入ります。

子宮筋腫のツボは1日に何回、押すといいの?

指圧ならば1日2回
お灸ならば1日1回

子宮筋腫のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

1ヶ月ほど続けてみましょう。

子宮筋腫の原因は?

なぜ子宮筋腫ができるのかと言いますと、子宮自体が、自分(子宮)を守ろうとする反応です。
どういうことか、もう少し具体的に言いますと、生理の乱れなどは、子宮内に毒素が溜まりやすくなります。
毒素から守るために、細胞が増えて子宮筋腫(分厚くなる)ができるのです。

ポイント
言ってみれば、ストレス・ホルモンバランスの乱れ・食生活の乱れ・生活習慣の乱れによって、長期的に生理周期が狂うと、子宮筋腫の原因となります。

子宮筋腫は自然消滅する?

人によっては、子宮筋腫が自然消滅する場合があります。
この自然消滅で重要なのは、生活習慣をしっかり見直すこと。
子宮筋腫の原因(ストレス・ホルモンバランスの乱れ・食生活の乱れ・生活習慣の乱れ)を根本から取り除かないと、自然に消滅するどころか、子宮筋腫が大きくなっていく可能性もあります。

食べ物も重要

過剰な肉・油は、体内では毒素になりやすいです。
逆に、毒素になりにくいのは、野菜・果物・海藻類・きのこ類などなど、ヘルシーな食べ物です。
普段から、ヘルシーな食べ物をメインにしましょう。

子宮筋腫のツボを使って、、、

子宮筋腫のツボを使うことにより、子宮の働きが正常化したり、生理周期が正常化します。
これによって、子宮自体が「細胞を増やす(分厚くする)必要がない」と判断したのなら、自然消滅もありえます。
ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です