低体温のツボ

メモ
こちらでは低体温のツボを画像でわかりやすく紹介しています。

低体温は損をする?

ぶっちゃけ鍼灸師

低体温は、をします。
なぜなら、代謝が悪くなるからです。

低体温だと、、、

メモ
  • 冷え性
  • 痩せにくい
  • 病気になりやすい
  • 便秘になりやすい

普段から低体温の人は、、、

普段から低体温の人は、東洋医学では「気血のめぐりが悪い」と考えます。
なのでこちらでは、「気血のめぐり」を改善するツボ(つまり低体温を改善するツボ)を紹介しておきます。

低体温のツボはこちら

寒いイメージ

メモ

低体温のツボは1日に何回、押すといいの?

1日3回を目安に刺激してみましょう。

低体温のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

3週間を目安に、まずは続けてみましょう。

低体温を改善する食べ物は?

メモ
低体温を改善してくれる食べ物はズバリ、生姜しょうがです。
生姜しょうがには、体を温める効果があります。
実は、漢方薬の9割生姜しょうがが含まれています。
なぜなら、体を温めることによって、体温を上げて、代謝を上げて、免疫力を高めるからです。
免疫力が上がれば、自己治癒力じこちゆりょく(自分で病気を治す力)が上がるので、病気が治ります。
だから、ほとんどの漢方薬に生姜しょうがが利用されているというわけです。

低体温には、筋トレが効果的!

低体温のツボを刺激すると、自律神経にはたらきかけて、改善しようとします。
筋トレをすると、筋肉が付きますが、この筋肉こそが、体温を作る一番の場所なのです。
ですから、低体温に悩むひとは、筋トレも併用して続けると、基礎体温が上がりますので、是非参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です