代謝を上げる方法 代謝アップでダイエット・美容・肩こりにも!

ダイエットイメージ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは鍼灸師が「代謝を上げる方法」を解説しています!

代謝を上げる方法を知らないとかなり損します!

冷え性の女性
代謝が低いと人生でいろいろ損をしてしまいます!
なぜなら、代謝が高いとこんなに良いことがあります!
↓↓↓↓↓

ポイント
  • ダイエット効果 ( 太りにくい )
  • 美容効果 ( お肌のターンオーバー )
  • 血流改善効果 (肩こり予防・冷え性予防 )
  • 健康効果 ( 疲れにくい・病気になりにくい )
こんなにたくさん体にうれしいことが盛りだくさんなんですね\(^o^)/

もし、代謝が低かったら、人生損していると思いませんか?
そうならないためにも、代謝を上げる方法をまとめていますので参考に↓

では、さっそく代謝を上げる方法を紹介します!

【代謝を上げる方法1】:筋力をつける

鉄アレイトレーニングをする女性
もし、ダイエット目的で代謝を上げたいのなら、筋力アップが一番重要です。

ポイント
なぜなら、人間の消費するカロリーで、一番多いのが筋肉による消費だからです。

ポイント
ちなみに運動をいくら頑張っても、消費カロリーでは全体の5%にしか過ぎないようです。
ところが、筋力がついているだけで「運動をしなくても」筋肉による熱産生効果によって、勝手に代謝します。(消費カロリーでは20%を超える)
つまり、30分のウォーキングよりも、筋力の高い人のほうが、1日の消費カロリーは高くなる

ですので、ダイエットでは運動を意識するよりも、筋トレ(筋力アップ)に力を注いだほうが基礎代謝がアップして痩せやすくなるのです!

【代謝を上げる方法2:体を常に温める( 冷やさない )

お風呂に入る女性
体が温まると代謝は上がります。
毎晩、お風呂に浸かるほうが、代謝は良くなります。

ポイント
また、普段のファッションにも注意したいですね。
オシャレを優先させるあまり、腰を露出したり、スカートをはいたりというのは、よくありません。
体が冷えてしまい代謝が下る原因です。

食べ物や飲み物でも、温かいものを積極的に摂りましょう!

【代謝を上げる方法3】:食生活を見直す

胃イラスト
人間の消化と代謝は、体内酵素たいないこうそによって行われます。

ポイント
消化に使われる酵素をうまく抑えると、代謝に全力を注いでくれます。
つまり、消化が良いと、代謝も良くなるのです!

消化が良い食べ物とは、野菜・果物です。
野菜・果物をメイン(8割)にして食生活を過ごすと、どんどん代謝はアップしていきます。
ポイント
また、抑えておきたい食生活でのポイントとしては、食べ過ぎない!こともしっかり意識しましょう!

【代謝を上げる方法4】:よく眠る

布団で寝る少女と猫
人間は、寝ているときに代謝を高めて、細胞の修復などを行います。
なので、最低でも1日6時間は良質な睡眠をとることをおすすめします。
※理想は1日7時間30分です。

ポイント
また寝る前の最低3時間前は、なにも食べてはいけません!
寝ている最中に、胃の中に食べ物があると、そちらに手を取られて代謝は下がります。

【代謝を上げる方法5】:適度な運動をする

ウォーキングをする男女
運動をすれば、代謝が上がります。
激しい運動は、活性酸素が大量に発生するので、ウォーキングなど緩やかな運動がおすすめです。

【代謝を上げる方法6】:水をたくさん飲む

水のペットボトル
人間の体の60%は水でできています。
つまり、水がないと代謝もうまくいかないので、しっかりと水をたくさん飲みましょう。

水を飲む目安は何ℓ?

人間は1日に2ℓの水分が理想です。
ただし、食事にも水分は含まれるので、水として飲むのであれば1日に1ℓ~1.5ℓの水を飲みましょう。

ポイント
気をつけて欲しいのが、コーヒーや清涼飲料水ではなく 「水」 を飲むことが大事です。

そうしないと利尿作用で、水分をだしてしまったり、甘い飲み物は体内の水分が吸収されるからです。
 

ぶっちゃけ鍼灸師

いかがでしたか?
ぜひ、代謝を上げる方法を試してくださいね。
そうすれば、ダイエット・美容効果がアップしますよ!(^^)

ちなみに、こちらのページで代謝を上げるツボを紹介しております。
ぜひ、代謝アップに役立ってくださいね。

このページのまとめ

  • 代謝を上げると、【美容・アンチエイジング・健康・ダイエット】に効果がある
  • 代謝を上げる方法として、一番オススメなのは筋力をつけることである。理由は、筋力の熱産生によるカロリー消費が最も高いためである(30分のウォーキングよりも、筋力が付いている人のほうが1日の消費カロリーは高くなる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です