訪問鍼灸のメリット・デメリットまとめ


【訪問鍼灸】のメリット・デメリットをまとめました!

鍼灸師
【訪問鍼灸】のメリット・デメリットをまとめました。
これから、訪問鍼灸治療を始めようと思っている、
もしくは、【訪問鍼灸のみ】開業しようと思っている先生は、参考にしてください。
※注)保険適応での治療についてお話します。実費ではありません。

【訪問鍼灸】のメリット5つ!

○サイン

1.施術所を構えなくてもよい(訪問のみで開業する場合)

これが一番大きなメリットではないでしょうか?
鍼灸院・整骨院が乱立する昨今、潰れてしまう治療院も増えてきました。
理由は、競争が激しいからですよね。
競争が激しいだけでなく、家賃が10万も20万もしたら、廃業せざるを得なくなります。
ところが、【訪問鍼灸のみ】だと、家賃は、自分の住んでいる家だけでOKです。

さらに、開業費もほとんどいりません。
なぜなら、治療院の設備を整える必要がないからです。

 

2.患者さんが離れない

これも大きなメリットです。
患者さんが離れないとは、
例えば、開業鍼灸院だと、ちょっと患者さんが気に入らないと、すぐよそに移ってしまいます。
だって、鍼灸院・整骨院なんて山のようにあるから当然です。


しかし、【訪問鍼灸】の場合だと逆です。
なかなか家まで来てくれる治療家は、少ないんですよ。
だから、とても重宝してくれる。
つまり、患者さんが離れないのです。
5年以上も離れないのはザラです。

もう一つ、離れない理由としては、やはり家というプライベートな領域に入って来られるのは、「誰でもいい」というわけではありません。
やっぱり慣れ親しんだ先生が、良いのです。
だからこそ、患者さんもすぐにコロコロと治療家を変えたりはしないのです。


3.治すことを前提としていない・難病のため長期になる

保険適応で、訪問鍼灸治療というのは、「歩行困難の方」が多くなります。
私も、いろいろな患者さんを見てきましたが、歩行困難の方は、「難病」もしくは「ご高齢」になります。
こういった方々というのは、治すことを前提としていないのです。
現状維持を前提としているのです。
「週に3回でも来てもらったら、ものすごくラクだわ~。だから、ず~っと来てくださいね」となるのです。
反対に、開業の場合は、若い人が来て、肩こり・腰痛が治れば、もう通いませんよね。


4.単価がよい(往療代をつけやすくなる。)

2016年10月時点での、保険適応内での鍼灸治療代は、

  • 治療費・・・1520円
  • 往療料・・・1800円

となっています。

これは、1回の訪問治療につき、1520円+1800円を請求できることになっています。
もし、治療院に出向いてもらったなら、1520円しか請求できませんが、訪問で行うと1800円を上乗せして毎回請求できるのです。
単価が倍以上になっていますね!(´∀`*)


5.訪問での口コミは広がりやすい

【訪問鍼灸】を続けていると、「訪問をやって欲しいのですが、、、」という依頼が、ちょこちょこあります。
というのも、「家まで来てくれる」ということ自体、特化していますので、口コミが広がりやすいのかな~って思います。

例えば、訪問に出向いている患者さんから「あそこの奥さんも足が悪いから、来てほしいみたいよ。」とか、
老人ホームに出向いていたら、「あの人もお願いできませんか?」と施設の職員から声をかけられたりするのです。

【訪問鍼灸】のデメリット7つ!

慌てる鍼灸師

1.大変

やはり、訪問というのは大変です。
訪問になると、基本は車ではなくバイクのほうが多くなります。
となると、雨・風・冬場などは、やはり大変ですね(^_^;)
とくに冬場のバイクは、心が折れそうになりますよ(笑)

さらに、雨の日はカッパを着ていても、1日に10件周るとしたら、脱いだり着たりを繰り返します。
そうなると最後の方では、服にがしみこんで濡れてしまいます。
濡れた服で、家にあがるというのは、とても神経を使いますよ。


2.駐車禁止違反のリスク

バイクにしろ、車にしろ、駐車禁止違反のリスクが常につきまといます。
違反金は1万5千円くらいで、点数も減点です。
私も2回経験しましたが、なんのために訪問治療しているのかわからなくなります。


3.交通事故のリスク

どんなに気をつけていても、交通事故のリスクは避けられませんね。
向こうからぶつかってくる場合もありますから、、、。

ちなみに、私の場合ですが、8年間、毎日訪問をして(多い時は1日10件以上)事故は1回だけです。
かすり傷で済みましたが、、、参考までに(;^ω^)


4.時間に追われる

【訪問鍼灸】の場合は、ある程度、訪問する曜日・時間を決めて伺います。
患者さんによっては、「時間通りに来て欲しい」という人もいます。
そういった時に、時間に追われると言うのは、少ししんどいですよね。
特に、訪問だと渋滞がありますので、、、時間にゆとりを持つのもいいのですが、ゆとりを持ちすぎると今度は逆に、時間が余って時間を無駄につぶすことにもなります。

 

5.時間に縛られる

【訪問鍼灸】の患者さんは、歩行困難の方が多くなります。
そうなると、訪問看護・訪問入浴・ヘルパーなど、他の業者と結構ぶつかります。
患者さんによっては、この曜日・時間はNG!と言われ時間に縛られてしまうのです。


6.歩行困難という文言が少し、敷居が高くなるかも

鍼灸治療を、保険適応にする場合、医師の同意書が必要になります。
医師の同意書をもらうだけでも、少し厄介なのですが、往療代をつける場合、医師の同意書に「歩行困難」という文言が必要になります。
これが、少し敷居が高くなる(もらいづらくなる)ように思います。
関連ページ→医師が同意書を書いてくれない理由!同意書を書いてもらうコツも紹介

7.治療がやりにくい場合が、、、

患者さんの家なので、治療がやりにくい場合が多々あります。

  • スペースがものすごく狭い、、、
  • ベッドではない、、、
  • 部屋が乱雑になっている、、、

などなどです。

最後に

患者と鍼灸師
さて、【訪問鍼灸】のメリット・デメリットについてまとめてみました。
こうやってまとめてみると、メリットだけでなくやはりデメリットもありますね~(;^_^A
しかし、大きなメリットもあるので、訪問鍼灸もやってみたらいいと思いますよ。
これから、訪問鍼灸を始めようと思っている、もしくは訪問鍼灸のみで開業なさる先生方の参考になりましたら幸いです。


あわせて読みたい!関連記事です。

訪問での鍼灸治療(往療)は、保険適応で請求額は?儲かるの?

訪問介護 イラスト 訪問での鍼灸治療は治療報酬(請求金額)はいくら?鍼灸師の先生の中でも、訪問治療を取り入れたり、新たに訪問専門として独立したりする先生が急増しています。なぜかご存じですか?表現が不適切かもしれませんが、...


鍼灸の訪問治療において往療の条件・認められないケース

女性介護士 イラスト 往療には条件がある!訪問の鍼灸治療にすれば、往療(訪問代)が加算できるから稼げる!と思っている鍼灸師のあなた!実際は、そんなに甘くはありません。往療を認めてもらうには、条件があったり、認められないケー...


訪問専門 鍼灸院の開設の方法・手順について

部屋 イラスト 訪問鍼灸院開業の方法・手順過去に鍼灸整骨院に8年ほど勤務した経験があります。そこでは、訪問治療も行っていました。あるとき、新たに分院として鍼灸院を開業することになり、その終始を任さされたときの経緯をお...


保険者に訪問鍼灸が必要な理由を求められた場合

保険者に訪問鍼灸が必要な理由を求められる!?こんにちは。ぶっちゃけ鍼灸師です。( ^∀^ )さて、訪問の鍼灸治療で、保健者から「治療が必要かどうかの理由」を求められる場合があります。こちらのページでは...


訪問鍼灸で、患者が鍼を嫌がる(できない)場合

ケアマネジャーと老人 新しい訪問鍼灸の患者さんが、鍼灸治療を嫌がる場合訪問鍼灸治療(往療)を続けていると、紹介を受けることが多いです。患者さんからの紹介だったり、、、ヘルパーさんからの紹介だったり、、、ケアマネジャーさんか...


訪問鍼灸(往療)の患者さんを長続き(継続)させるテクニック!

訪問治療をする女性 訪問鍼灸(往療)の患者さんを長く継続したい!訪問と言うのは、とてもオイシイです。なぜなら、訪問代(往療料)を加算できるからです。そのため、鍼灸師なら誰でも逃したくない、、、なるべく長続きさせたい、、、...


訪問鍼灸は、週に何回治療していいの?(保険適応)

疑問に思う鍼灸師 訪問鍼灸は、何回行っていいの?保険適応内で、訪問鍼灸を行うとします。では、週に何回治療していいのか?結論は、3回です。もちろん、3回以上でも認められる場合があります。もう少し詳しく解説していきます。


訪問鍼灸のメリット・デメリット!開業する前に知っておきたい!

慌てる鍼灸師 【訪問鍼灸】のメリット・デメリットをまとめました!【訪問鍼灸】のメリット・デメリットをまとめました。これから、訪問鍼灸治療を始めようと思っている、もしくは、【訪問鍼灸のみ】で開業しようと思っている先生...