鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちがおすすめ?


 

鍼灸院の開業を考えている鍼灸師のあなた!

「都会と田舎では、どちらがいいのか、、、」と悩んでいませんか?


どちらかというと、都会のほうがやや有利だと思います。
ではその理由を、比較しながら説明していきます。


都会と田舎の【比較その1】 
メリット・デメリット

都会の場合

都会の街並み

メリット

 

人口が多い

デメリット

ライバルも多い
家賃が高い


田舎の場合

田舎の街並み

メリット

ライバルが少ない
家賃が安い

デメリット

人口が少ない

都会と田舎の【比較その2】
開業場所に必要な条件

都会の場合

都会の街並み
駅近であること(駅から徒歩10分以内)
駐車場は、必要ない。
理由は、駐車場料金が高く、電車は5分~10分に一つ来るので、電車を移動手段にしている人がほとんど。


田舎の場合

田舎の街並み
駐車場が必須
田舎は、電車が1時間に1回くらいしか来なくて、ほとんどが車を移動手段にしている。

都会と田舎の【比較その3】
集客法

都会の場合

都会の街並み
インターネット(ホームページ)による集客がメイン
メディア(テレビ・本)の露出も効果的


田舎の場合

田舎の街並み
ほぼ口コミ
田舎の人は、ネットをあまりみない、ネットの情報を信用しない。


田舎の人は、自分の知り合いが言うことしか信用しない。
なので、田舎で集客するには、自分の知り合いから患者さんを増やして、軌道に乗せるしかない。

都会と田舎の【比較その4】
鍼灸院の経営スタイルの違い


都会の場合

都会の街並み
雰囲気・リラクゼーションがメイン
1度で治すというよりも、雰囲気やリラクゼーションを与える方が効果的。
なぜなら、都会の人は日々ストレスにさらされており、リラクゼーションという癒しを求めている。


また、都会の人の体も、ストレスから自律神経失調症になり、その影響が内臓の働きが低下して、肩こりなどの病気を起こしているケースが多い。
なので、トリガーポイントにブスブスと鍼をするよりも、自律神経に働きかけて、じょじょに体調を整えてあげるほうが、良い場合が多い。


田舎の場合

田舎の街並み
反対に、田舎では1度で治せるかどうかが重要!
田舎は、土地も広く、人柄もほがらかなので、都会ほどストレスにはさらされていない。
それよりも、日々の肉体労働によって、身体を痛めている人が多い。


つまり、筋肉からくる痛みが多いので、1度で治すことも可能。
また、田舎の人も1度で治してもらうことを望む人が多い。


もう一つ、1度で治すことで重要なのが、口コミの問題。
田舎では集客は口コミがメインです。
もし、「1度で治すこと」ができなたのら、その評判はどんどん広がり、たとえ遠方でも、治療しにやってきてくれるのです。


開業するなら都会と田舎ではどちらが良い?まとめ


畑仕事
冒頭でも、述べたようにやはり、都会が有利だと思います。
なぜなら、田舎では口コミでの集客がメインです。


もし、あなたが田舎に引っ越して開業したところで、田舎の人たちは
ふーん、見知らぬものが来たのか、、、」と言って、あまり相手にしないでしょう。


※もし、田舎の出身だとか、近所に血縁関係の人が多く住んでいるというなら、見込みはあります。
ただ、田舎で、まったくの見知らぬ土地で始めるのは、止めておいた方が無難です。


反対に、都会は、ライバルが多いのが難点と思うでしょうが、ホームページがあれば、集客が可能です。
(ただし、そのホームページも、上位表示が難しい時代ですが、、、)


また、ライバルが多くても差別化を図れば、生き残れるのではないでしょうか?
例えば、自律神経失調症専門の鍼灸院などなど、、、

最後に、

 

このページでは、「鍼灸院を開業するなら都会?田舎?どっちがいい?」をテーマにしてみました。

田舎といっても、ピンキリでしょうし、
都会といっても、ピンキリです。


場所によっては、条件もいろいろと変わってくるでしょうから、100%参考にはならないと思いますが、「そうなのか~なるほど!」くらいの、参考になれば幸いです!



自賠責保険のバナー

あわせて読みたい!関連記事です。

【交通事故】自賠責保険の鍼灸・マッサージ治療の請求金額の上限は?

交通事故画像 ※こちらは、「鍼灸師」・「按摩指圧マッサージ師」に向けた内容になっています。さて、鍼灸師&マッサージ師のみなさんは、自賠責保険の請求金額は、1回いくらかご存じですか?結論から申し上げると、1回2万23...


鍼灸院の開業 マンションの一室とテナント(貸店舗)どちらが良い?

テナントの画像 マンションの一室かテナント(貸店舗)なら、断然テナント!さて、鍼灸師のあなた!開業場所を、「マンションの一室」か「テナント(貸店舗)」で悩んでいると思います。結論から申しあげましょう!テナント(貸店舗...


鍼灸院の開業は、資格を取ってからいつ(何年目)がいいのか?

骨格標本 鍼灸師の開業はいつしたほうがいい?鍼灸師のあなた!鍼灸院を開業するのは、「いつがいいのか、、、、」「修行は何年積めば、、、」と悩んでいることでしょう。人によっては、学校を卒業(資格を取得)してから、5...


鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちが良いの?

都会の街並み 鍼灸院の開業を考えている鍼灸師のあなた!「都会と田舎では、どちらがいいのか、、、」と悩んでいませんか?どちらかというと、都会のほうがやや有利だと思います。ではその理由を、比較しながら説明していきます。...


鍼灸院・整骨院は、土日祝を開けるべき?

寂れた商店街 絶対に土日祝に、開業すべき!これから、鍼灸院・整骨院を開業しようと考えているそこのあなた!土日祝を、休みにしようかどうか、迷っていませんか?結論から言います。絶対に開けるべきです!では、その理由をじっ...


鍼灸院・整骨院のホームページで重要なこと!

パソコン画像 鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちが良いの?でも触れましたが、都会で鍼灸院・整骨院を開業(集客)するなら、ホームページは必須です。では、鍼灸院・整骨院のホームページにおいて、重要なことを紹介してきます...


【鍼灸治療】1回で治すほうがいい?3回で治すほうがいいのか?

白衣の男性とグラフ 鍼灸治療は、何回目で治すのがいいのか?1回で治すほうがいいのか?治さない方がいいのか?経営面で考えた場合、鍼灸に携わる皆さんなら、一度は考えたことがあるでしょう。学生の頃に言われた一言、、、私が、森ノ...


鍼灸の同意書を書いてくれない場合、診断書でも認められる。

○サインの医師 医師が同意書を書いてくれない、、、同意書がないと、鍼灸治療の保険適用ができません。鍼灸師としては、困りますよね。では、同意書を書いてくれない場合、どうすればいいのか?実際に、大阪府鍼灸師会の勉強会で教...


鍼灸の同意書 | 6疾患以外(その他)で請求できる?

カルテを持つ鍼灸師 鍼灸の保険請求【6疾病【以外では請求できないの?※こちらのページは鍼灸師目線で書いています。鍼灸の保険請求ができる疾病は、6つ(神経痛・リウマチ・頸腕症候群・五十肩・腰痛症・頸椎捻挫後遺症)に決められ...