鍼灸院・整骨院は、土日祝を開けるべき?

絶対に土日祝に、営業すべき!

ぶっちゃけ鍼灸師

これから、鍼灸院・整骨院を開業しようと考えているそこのあなた!
土日祝を、休みにしようかどうか、迷っていませんか?

結論から言います。
絶対に開けるべきです!
では、その理由をじっくりと、ご説明しましょう。

他院との差別をはからないと、鍼灸院・整骨院は生き残れない!

寂れた商店街
これから、開業するにあたって、必ずと言っていいほど、近所に治療院がありますよね?
鍼灸院・整骨院・整体・マッサージ、、、などなど。

もちろんですが、先に開業している治療院は、患者さんがついています。

ポイント
その患者さんは、たとえあなたの治療院が新しくできたところで、来てくれません。
なぜなら、人間には保守的な本能があるからです。

人間は保守的な生き物!

普通の人は、前回と同じ選択をするという、本能があるのです。
例えば、あなたがいつも飲む、ジュース・お茶・コーヒーなどは、ほとんどが同じ銘柄じゃないですか?
お酒・タバコもそうです。
洗剤なども、同じのを買っていますよね?

散髪で考えてみると、ほぼ、前回と同じ散髪屋に行くでしょう。
なにか理由がない限り、ほぼ同じです。

ポイント
人間には、「失敗したくない」とか」「選ぶ・考えるのが面倒」という考えがいつも働いているのです。
だから、保守的に同じ選択をする、、、これは治療院(鍼灸院・整骨院)に言い換えても、同じことが言えるのです!
(他院では、治らなかったからと、新しい治療院に来るのは少数)

じゃあ、どうやって開業して集客するのか?

すでに、何件か鍼灸院・整骨院が出店している中で、あなたが新規に開業する場合、どうやって集客するのか?
簡単な方法は、「土日祝もオープンすることです」

土日祝を営業日して、本当に患者さんは来るのか?

openの看板
本当に、「土日祝に開店したら客が来るのかな、、、」と思うかもしれません。
しかし、「土日祝は、近所であなたのところしか開いてなかった!」という選択肢にすれば、あなたのところに来るのです。

わかりやすく例をあげましょう。

例えば、土曜日の午後にギックリ腰になった、男性がいたとします。
早く治さないと、仕事にも行けない状態です。

ですが、その男性のいつも行っている治療院は、土曜の午後・日曜日が、休みなのを知っています。

ポイント
ほとんどの方が、「とりあえず、土日でも空いているところを探そう!」とか、「そういえば、あそこの治療院は、土日も営業って、看板に書いてあったな、、、」と考え、ワラをもすがる思いで、休日でも空いている治療院にやってくるのです。

カレンダー
ポイント
その時に、「一発で治すことができた」もしくは、「かなり改善することができた」となったら、その男性は、あなたの治療院にリピートしてくれるようになる、可能性大!
さらには、口コミで「あそこの治療院は、一発で治してくれた!」「土日も開いていたので、助かったよ!」という、口コミをばらまいてくれるのです。

ポイント
また、世の中には、日曜日しか休みがない、、、という人も多くいるのです。
そんな、人たちは「日曜日に開いているところないかな~」と、普段から探していたりするのです。
そういう人たちは、看板や広告で「土日祝も営業」という言葉を見つけると「今度行ってみようかな、、、」と思うのです。

ポイント
まとめ
土日祝に患者さんが来るのか?というよりも、生き残るために、土日祝を営業して差別化をしたほうがいいでしょう。

逆に患者さんが離れないというメリットもある

先程も申し上げたように、日曜日しか休みがない人は大勢います。
その人が、あなたの治療院に数回来てくれたらしめたものです。
なぜなら、日曜日はあなたの治療院しか開いてないことを知っているので、離れたくても離れられないのです。
しかし、よほどヘタな治療をしていたら、それでも患者さんの足が遠のくことは理解しておいてください。

土日祝に営業するのことのデメリット

土日祝に営業すると、大きなデメリットが一つあります。
それは、「従業員がやめていく、、、」ということです。
(もちろん、平日に休みあり)
年中無休の看板
あなた自身は、経営者なので「土日祝が、仕事でもしょうがない」と思えますが、従業員は、そうは思わないのです。
それに、求人の応募が少なくなるかもしれません。

ポイント
ですが、生き残りのほうが、最優先です。
従業員も、土日祝を休みにしていたところで、いつまで続けてくれるか保証があるわけでもありませんので、やっぱり土日祝は、営業すべきです。
(開業してから、一人で運営するというのなら、とくにこのデメリットは関係ありません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です