鍼灸の同意書6疾患以外での請求の場合


鍼灸の保険請求【6疾病【以外では請求できないの?

※こちらのページは鍼灸師目線で書いています。
鍼灸師

鍼灸の保険請求ができる疾病は、6つ(神経痛・リウマチ・頸腕症候群・五十肩・腰痛症・頸椎捻挫後遺症)に決められています。
しかし、同意書の用紙によっては、 7つ目の「その他」を設けている用紙もあります。


では、6疾病以外では、請求はできないのでしょうか?
結論から言います。できません!
では、その理由を私の体験談をもとに、述べていきます。

厚生労働省では認めている

役所の建物
厚生労働省が定めた鍼灸に係る療養費関係によると、6疾病以外でも支給対象となると定めています。

以下、引用文

6疾病以外の病名であっても、慢性的な(必ずしも慢性期に至らない場合もある。以下同じ。)疼痛を主症とする疾患であれば療養費の支給対象としても差し支えないが、症状(主訴を含む。)の記載内容等から医師による適当な治療手段のないものかを判断し、支給すべきである

請求できるのでは?

「じゃあ、請求できるんじゃないの?」って思いますよね?
でも、ほぼ返戻へんれい(請求を返される)になります。
実際に、私は過去に違う病名(パーキンソン病)の同意書で、請求をしたことがあります。※保険者は後期高齢者広域連合

実際に、違う疾病で請求したときの体験談

パソコンをする鍼灸師

80代女性の往療(訪問鍼灸)を依頼されました。
患者のかかりつけの医師に同意書を依頼しました。
依頼状には、6疾病の中からとありましたが、実際には、「その他(パーキンソン病)」に、記載を頂きました。

そのまま、同意書を添付して、鍼灸のレセプト(診療報酬明細書)を保険者に送付しました。
すると、担当者より電話があり「6疾病から1つお選びください。今回は、返戻とさせていただきます。」とのことでした。
∑(゚ω゚; )カ¨ーン


おそらく、担当者もマニュアルに沿って業務をこなしていると思います。
なので、6疾病以外の同意書を送っても、マニュアルに沿って返戻になると思います。

もちろん、すべての保険者がそうだとは、限っていません。
また、地域によっても変わってくると思います。

その後、患者さんは、、、
同意書を新たに、腰痛症としてもらい直しました。
そして、請求可能となりました。

鍼灸師会も、6疾病を推奨している

カルテを持つ鍼灸師
大阪府鍼灸師会でも、このように言っていました。
「厚生労働省では、6疾病以外も認めるとしていますが、6疾病にしておいたほうが無難です。」

まとめ

  • 厚生労働省では、6疾病以外でも認めるとしている。
  • 実際は、返戻になる可能性が高い。
  • 6疾病で、同意書に記載してもうらほうが無難
  • たとえ返戻になっても、再度6疾病の同意書をもらえば問題ない。

自賠責保険のバナー


あわせて読みたい!関連記事です。

【交通事故】自賠責保険の鍼灸・マッサージ治療の請求金額の上限は?

交通事故画像 ※こちらは、「鍼灸師」・「按摩指圧マッサージ師」に向けた内容になっています。さて、鍼灸師&マッサージ師のみなさんは、自賠責保険の請求金額は、1回いくらかご存じですか?結論から申し上げると、1回2万23...


鍼灸院の開業 マンションの一室とテナント(貸店舗)どちらが良い?

テナントの画像 マンションの一室かテナント(貸店舗)なら、断然テナント!さて、鍼灸師のあなた!開業場所を、「マンションの一室」か「テナント(貸店舗)」で悩んでいると思います。結論から申しあげましょう!テナント(貸店舗...


鍼灸院の開業は、資格を取ってからいつ(何年目)がいいのか?

骨格標本 鍼灸師の開業はいつしたほうがいい?鍼灸師のあなた!鍼灸院を開業するのは、「いつがいいのか、、、、」「修行は何年積めば、、、」と悩んでいることでしょう。人によっては、学校を卒業(資格を取得)してから、5...


鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちが良いの?

都会の街並み 鍼灸院の開業を考えている鍼灸師のあなた!「都会と田舎では、どちらがいいのか、、、」と悩んでいませんか?どちらかというと、都会のほうがやや有利だと思います。ではその理由を、比較しながら説明していきます。...


鍼灸院・整骨院は、土日祝を開けるべき?

寂れた商店街 絶対に土日祝に、開業すべき!これから、鍼灸院・整骨院を開業しようと考えているそこのあなた!土日祝を、休みにしようかどうか、迷っていませんか?結論から言います。絶対に開けるべきです!では、その理由をじっ...


鍼灸院・整骨院のホームページで重要なこと!

パソコン画像 鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちが良いの?でも触れましたが、都会で鍼灸院・整骨院を開業(集客)するなら、ホームページは必須です。では、鍼灸院・整骨院のホームページにおいて、重要なことを紹介してきます...


【鍼灸治療】1回で治すほうがいい?3回で治すほうがいいのか?

白衣の男性とグラフ 鍼灸治療は、何回目で治すのがいいのか?1回で治すほうがいいのか?治さない方がいいのか?経営面で考えた場合、鍼灸に携わる皆さんなら、一度は考えたことがあるでしょう。学生の頃に言われた一言、、、私が、森ノ...


鍼灸の同意書を書いてくれない場合、診断書でも認められる。

○サインの医師 医師が同意書を書いてくれない、、、同意書がないと、鍼灸治療の保険適用ができません。鍼灸師としては、困りますよね。では、同意書を書いてくれない場合、どうすればいいのか?実際に、大阪府鍼灸師会の勉強会で教...


鍼灸の同意書 | 6疾患以外(その他)で請求できる?

カルテを持つ鍼灸師 鍼灸の保険請求【6疾病【以外では請求できないの?※こちらのページは鍼灸師目線で書いています。鍼灸の保険請求ができる疾病は、6つ(神経痛・リウマチ・頸腕症候群・五十肩・腰痛症・頸椎捻挫後遺症)に決められ...