パーキンソン病のツボ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、パーキンソン病の方に実際に使用され、効果があったと言われるツボを画像でわかりやすく解説しています。
パーキンソン病自体が、完全に治るわけではありませんが、動きやすくなったり、自律神経系の症状が緩和されたりなどの効果があります。

パーキンソン病のツボ7つ

ポイント
その他パーキンソン病に関連する(不随意運動)の耳ツボはこちら↓
不随意運動の「耳ツボ」

瘂門あもんの位置(画像解説)はこちら

ツボ瘂門

ポイント
  • 頭の後ろの「出っ張り」を探します。
  • その「出っ張り」のすぐ下。
  • へこんでいるところがツボ瘂門あもん
瘂門の位置

パーキンソン病のツボ1日に何回するといいの?

1日1~2回を目安にしましょう。

パーキンソン病のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

パーキンソン病のツボを刺激している間は、東洋医学的に体の調子を整えていることになります。
つまり、継続して行う必要があります。

パーキンソン病で重要なこと

パーキンソン病の特徴 イラスト
パーキンソン病を簡単に説明しますと、ドーパミンがでなくなる病気です。
病院の治療では、ドーパミンと同じ働きをする薬を飲んで様子を見るというものです。
しかし、パーキンソン病の薬は長年飲んでいると、効果が弱くなってきます。
そうなる前に「日頃から注意したいこと」をまとめてみましたので参考にしてください。

パーキンソン病で、日頃から注意したいこと

1:歩く

やっぱり、歩くのが一番です。
体も動かすし、血流・代謝も改善します。
なにより、五感によっていろんな感覚を刺激するのが、脳にも良いです。
※パーキンソン病は、転倒しやすいので危険です。なので杖・歩行器を使うなどしてください。

2:笑う

笑うことは、免疫力もあげます。
自律神経のバランスも整えます。
また、パーキンソン病は、無表情になるのが特徴です。
それを気にして、人前に出るのがおっくになる方も多いです。
しかし、人前に出ない(体を動かさない)と、どんどんひどくなる病気です。
それを防ぐためにも、たくさん笑ってください(*^ω^*)

3:水分をこまめにとる

「トイレの回数が増えるから、、、」と、水を飲まない方が多いです。
しかし、水分はあなたの細胞に栄養・血液を運ぶのに必要です。
水分不足だと、血流・代謝が悪くなるので、水分をしっかりとるようにしましょう。

4:腸内環境を整える

パーキンソン病の方は、ほとんどが便秘です。
薬の副作用ももちろんですが、動かないことも大きな原因です。
しかし、腸内環境が悪くなると、代謝が落ちます。
なので、野菜・果物をメインにしましょう。
お肉は、週1回くらいに減らしましょう。
※甘いお菓子を食べ過ぎるのもダメですよ( ^∀^ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です