自賠責保険の鍼灸・マッサージ治療の請求金額について


※こちらは、「鍼灸師」・「按摩指圧マッサージ師」に向けた内容になっています。
交通事故画像
さて、鍼灸師&マッサージ師のみなさんは、自賠責保険の請求金額は、1回いくらかご存じですか?
結論から申し上げると、1回2万2320円です。


驚かれたかもしれませんね。
実は、私もかなり驚きました。(;^_^A

ちなみに、請求金額の詳細はこのようになります。

  • 治療費:7920円(1回につき)※1※2
  • 時間外加算量:3000円(1回につき)
  • 休日診療:3000円(1回につき)
  • 証明書料:6000円(1ヵ月1枚)
  • 電気・光線器具による療法:1100円(1回につき)
  • 温罨法:200円(1回につき)※3
  • 変形徒手矯正術:1100円(1回につき)※3

この合計が2万2320円です!
さらに詳しく知りたい方は、こちらのマニュアルをご覧ください

あはき師のための自賠責保険活用マニュアル


※1(はりきゅうの2術・もしくは、はり又はきゅうと、マッサージの併用の場合)
※2(「労災基準の1.5倍から2倍が上限の目安」であり、7920円は、2倍で計算した場合)
※3(按摩・マッサージ・指圧師のみ)

私の自賠責保険の失敗談

さて、私が雇われ鍼灸師だった頃の話。
交通事故により、自賠責保険を使用して、患者さんを治療した経験があります。
その時の失敗談をお話しします。
車の模型とお金

ある日、交通事故の患者さんが来院しました。
40代男性で、自転車を走行中に、車と衝突。
主訴としては、首の痛み目の疲れでした。


私は、事故の鍼灸治療は初めてだったので、すぐに所属していた大阪府鍼灸師会に、請求方法を相談しました。
その時、自賠責保険の担当者(開業鍼灸師)から、教えてもらったのが次の内容です。

自賠責保険の場合、自由診療になります。
相場では、1部位2000円~3000円
明細書発行が1ヵ月につき4000円
明細書は、損保会社が「指定した用紙、もしくは任意の用紙」

という内容を教えてもらいました。

で、実際に請求したのは、、、

1部位2000円で請求
肩と首の治療をすることになったので2部位
つまり、1回の治療は4000円でした。(明細書発行代は4000円)

 

今思えば、ビビらずに1回6000円にしておけば良かったかな~なんて思います。
まあ、雇われだったので別にいいんですけどね(^_^;)

そもそも、自賠責保険で鍼灸・マッサージ治療できるの?

結論から言えば、自賠責保険で、鍼灸&マッサージ治療はできます。

車の模型と電卓


なぜなら、交通事故の被害者には、医療機関を選択する権利があると、国が認めています
もしも、損保会社の担当者から、「自賠責保険で鍼灸マッサージ治療はできません。」と言われたのなら、自賠責保険を審査する調査事務所に相談すると良いでしょう。

管轄の調査事務所を調べるには、損害保険料率算出機構のサイト内にあるお問い合わせ・ご相談先を参考にすると良いでしょう。

さらに知っトク!自賠責保険の請求!

  • 医師の同意は必要ない
  • 治療の回数制限はない
  • 往療も認められる(一般的には認めないとされていますが、受傷状況・往療を必要とする理由が明らかな場合、妥当な範囲で可能とされている)

さらに詳しく知りたい方は、こちらのマニュアルをご覧ください

あはき師のための自賠責保険活用マニュアル

いかがでしょうか。
損保会社のやり取りが、苦手なために、事故患者をみすみす逃してしまう先生も多いと聞きます。
しかし、は自賠責保険の鍼灸・マッサージ治療を認めています。
事故患者さんが、治療を望むなら、億劫おっくうにならずに治療してあげればいいと思います。


あわせて読みたい!関連記事です。

【交通事故】自賠責保険の鍼灸・マッサージ治療の請求金額の上限は?

交通事故画像 ※こちらは、「鍼灸師」・「按摩指圧マッサージ師」に向けた内容になっています。さて、鍼灸師&マッサージ師のみなさんは、自賠責保険の請求金額は、1回いくらかご存じですか?結論から申し上げると、1回2万23...


鍼灸院の開業 マンションの一室とテナント(貸店舗)どちらが良い?

テナントの画像 マンションの一室かテナント(貸店舗)なら、断然テナント!さて、鍼灸師のあなた!開業場所を、「マンションの一室」か「テナント(貸店舗)」で悩んでいると思います。結論から申しあげましょう!テナント(貸店舗...


鍼灸院の開業は、資格を取ってからいつ(何年目)がいいのか?

骨格標本 鍼灸師の開業はいつしたほうがいい?鍼灸師のあなた!鍼灸院を開業するのは、「いつがいいのか、、、、」「修行は何年積めば、、、」と悩んでいることでしょう。人によっては、学校を卒業(資格を取得)してから、5...


鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちが良いの?

都会の街並み 鍼灸院の開業を考えている鍼灸師のあなた!「都会と田舎では、どちらがいいのか、、、」と悩んでいませんか?どちらかというと、都会のほうがやや有利だと思います。ではその理由を、比較しながら説明していきます。...


鍼灸院・整骨院は、土日祝を開けるべき?

寂れた商店街 絶対に土日祝に、開業すべき!これから、鍼灸院・整骨院を開業しようと考えているそこのあなた!土日祝を、休みにしようかどうか、迷っていませんか?結論から言います。絶対に開けるべきです!では、その理由をじっ...


鍼灸院・整骨院のホームページで重要なこと!

パソコン画像 鍼灸院の開業は、都会と田舎とどっちが良いの?でも触れましたが、都会で鍼灸院・整骨院を開業(集客)するなら、ホームページは必須です。では、鍼灸院・整骨院のホームページにおいて、重要なことを紹介してきます...


【鍼灸治療】1回で治すほうがいい?3回で治すほうがいいのか?

白衣の男性とグラフ 鍼灸治療は、何回目で治すのがいいのか?1回で治すほうがいいのか?治さない方がいいのか?経営面で考えた場合、鍼灸に携わる皆さんなら、一度は考えたことがあるでしょう。学生の頃に言われた一言、、、私が、森ノ...


鍼灸の同意書を書いてくれない場合、診断書でも認められる。

○サインの医師 医師が同意書を書いてくれない、、、同意書がないと、鍼灸治療の保険適用ができません。鍼灸師としては、困りますよね。では、同意書を書いてくれない場合、どうすればいいのか?実際に、大阪府鍼灸師会の勉強会で教...


鍼灸の同意書 | 6疾患以外(その他)で請求できる?

カルテを持つ鍼灸師 鍼灸の保険請求【6疾病【以外では請求できないの?※こちらのページは鍼灸師目線で書いています。鍼灸の保険請求ができる疾病は、6つ(神経痛・リウマチ・頸腕症候群・五十肩・腰痛症・頸椎捻挫後遺症)に決められ...