マッサージの揉み返し(もみかえし)について知ろう!

「揉み返し」とは?

、マッサージのあとに「揉み返し」をしたことはありませんか?
※揉みおこしと書く場合もあります。

「揉み返し」とは
「揉み返し」とは、マッサージをやりすぎた、もしくは、強すぎた場合に、数時間後や翌日に痛みが出ることを言います。

なぜ痛くなるの?

なぜ痛みが出るのかといいますと、
筋肉は、筋線維きんせんいという繊維の束です。
あまりにも強くマッサージをやりすぎると、この繊維がブチブチと切れてしまうのです。
そのために痛みが発生するケースがあります。
(もちろん、切れた繊維は、自然と治ります。)


ポイント
なので、マッサージ治療を受けるときは、強すぎはダメです。
マッサージを受けていて、「強いな、、」と感じたら遠慮せずに先生に伝えましょう。

また、「強さはどうですか?」と聞かれた場合でも、
弱すぎず、強すぎずが一番筋肉がほぐれる強さなので、それを目安に伝えましょう。
強ければマッサージが効くというわけでもありません。

「揉み返し」ではないけど、マッサージ後に体がだるい、、、

肩がこる主婦
マッサージ治療後に痛みとまでは行かないけど、全身や肩がだるいことがあります。
これはなぜでしょうか?


ポイント
一言でいえば、マッサージがよく効いている証拠です。
肩こりなど硬くなった筋肉というのは、血流が悪い状態です。
マッサージ治療を受けて、肩がほぐれてくると血流が改善されます。
そのときに、筋肉の細胞と血液の栄養交換頻繁ひんぱんになります。

そして、筋肉の疲労物質や痛み物質が、血中によく出て行くのです。
疲労物質が、血管をとおり全身にめぐり疲労感やだるさを感じるのです。


ぶっちゃけ鍼灸師

なので、マッサージの翌日にだるいというのは、よく効いている証拠です。
翌々日には、体がスッキリと軽くなる場合がほとんどなので、安心してくださいね。

このページのまとめ

  1. マッサージの揉み返しとは、マッサージの後に患部が「痛み・だるさ」がでる状態です。
  2. 揉み返しの原因としては、「痛み」が強い場合は、マッサージが強すぎたために、筋繊維を傷つけたことによるものが考えられます。
  3. 「だるさ」が強い場合は、硬くなっていた筋肉がほぐれたために、疲労物質が全身を巡ってだるく感じているケースです。これはよく効いているという判断もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です