マッサージは効かない!?

マッサージをする整体師

ぶっちゃけ鍼灸師

肩こり・腰痛・膝痛など痛みに対して、「マッサージは効かない」と思っている人がいますが、そんなことはありません。それでは整形外科に勤務する鍼灸師がお答えします。

マッサージは効かないのか?
はたして慰安(気休め)でしょうか!?

女性鍼灸師
よく患者さんの中にも、「マッサージは効かない」とおっしゃる方も少なくないです。
そのようにおっしゃる方は、残念ながら、いままでに上手なマッサージの方に、出会ったことがないのでしょう。

そして、柔道整復師や鍼灸師の先生のなかにも「マッサージなんて効かないよ。慰安いあんだよ。」(慰安とは、気休めという意味)
とこのように言う先生がいますが、はっきり言います。

ぶっちゃけ鍼灸師

マッサージが効かない・気休めだという治療家はマッサージを完全にマスターしていないだけです。へたくそなのです。
マッサージが、上手だと患者さんの痛みをとても和らげる効果的な治療方法です。

ぶっちゃけ鍼灸師

では、マッサージが効果があるという証拠を私の体験談にて証明します。

マッサージは効かないと思っているあなたへ!私の体験談

これは、私の体験談です。
私は現在、病院のリハビリ科にてマッサージや鍼灸治療を行っています。

ある50代の女性で、最近来られた患者さんですが、医師の診断では頸肩腕症候群となっています。

主訴は、主に肩の重だるさや痛み、そしてパソコンの長時間の使用からくる目の疲れでした。

私は、2回ほど鍼灸治療を施しました。
ですが、患者さんの反応としてはイマイチだったのです。
そのときに、「この人の体にはマッサージが合いそうだな」と思っていたので、私の口から、「マッサージをしてみませんか?」といいました。

すると、患者さんは「マッサージは効かない。なのでずっと鍼をしてきた」というのです。

私は、マッサージが効かないということはないですよ。一度、マッサージをしてみましょう。」と伝えたところ、納得してくれたようで、翌日に、もう一度来てもらいました。

果たして、マッサージは効かなかったのか?

「マッサージが効かない」といままで思ってきた女性の方ですが、本格的にマッサージをしたことがないとのことでした。
早速、私がマッサージをしながら、「痛くないですか?」と丁寧にマッサージ。

10分間のマッサージを終えて「どうですか?」と聞いてみたら。
「マッサージも案外いいですね。効きそうです。」といって帰られました。

マッサージは効いたのか?

マッサージが効かないと思って今まで、敬遠してきた患者さんでしたが、後日、来院されたときに、どうだったのか訪ねてみると
「すごく良く効いてビックリ!頭もスッキリしました」
という返事が帰ってきました!!(^_^)

もちろん、マッサージの前に行った、2回の鍼灸治療も効いたことは間違いありません。
でも、マッサージが効かない!というのは、まったくもって勘違いです。
施術者のにもよることを事前にふまえておいてください。

マッサージの効果は、先生の熟練度に左右される!

足つぼマッサージ
マッサージというのは、「誰がやっても同じ」というわけではありません。
「上手い・下手」によって、効果が「月とスッポン」ほど変わってしまうのです。

どうやって、マッサージの「上手い・下手」をみわけるのか?

マッサージを受けていて、「強すぎず・弱すぎず」ちょうどよい強さで押してくれるのは、上手な先生です。
また、治療後に「スッキリ」とする感覚が大きければ大きいほど、マッサージが上手な先生です。
本当に熟練したマッサージを受けると、世界観がかわるかのような衝撃をうけるほどですよ!

マッサージした後に、「あまり変わらないな」と感じるのはマッサージが下手な先生です。

ぶっちゃけ鍼灸師

患者さんに言えるのは、マッサージが上手な先生に、あたるといいですね。

あなたはマッサージが上手ですか?

ここからは、治療家に向けてお話をします。
私は、マッサージの経験が10年以上になります。
鍼灸整骨院・病院にてマッサージをしてきました。
自分がマッサージに対して、一人前になったと思ったのは、マッサージを始めて4年ぐらい経ったころでした。
では、具体的に「マッサージが一人前になった」と思えたポイントも紹介しておきます↓

ちょうどよい強さがわかる

マッサージが上達すると患者さんの体を触っただけで、どのくらいの強さが適当なのか。
なんて瞬時にわかります。
べつに聞かなくてもわかるのです。

あえて強さを尋ねることもありますが、それはサービスの一環だったりとか、相手を安心させるなどの目的で、
「マッサージの強さはどうですか?」と患者さんにたずねているだけです。

筋肉がほぐれていくのが、わかる

マッサージが上手になると、マッサージの最中に、体がほぐれていくのがリアルタイムにわかります。
本来のマッサージはそういうものだと思ってください。

違う表現をすれば、患者さんの体と、自分の手が「まるで会話をしているかのように」感じれるようになります。

治療としてマッサージで十分か?

鍼灸整骨院などで行われる治療には、たくさん種類がありますね。
整体・カイロ・ROM・鍼灸などなどほんの一部ですが。
私の考えでは、とくに問題が隠れていなくて筋肉の緊張だけの肩こり腰痛などは、ほかに原因や姿勢など改善すべき点が残っている場合は除き、肩こり腰痛というのはもうマッサージだけで十分です。
それぐらい、マッサージはよく効く治療法です。

それを証拠に、世界各地でマッサージはだいだい知れわたってますよね。
場所によっては、アロマやリラクゼーション、アーユルベーダと名前を変えてますが、マッサージの仲間です。
こんなにも世界中で行われているマッサージという治療方法は、それほど効果がある!という裏付けでもあるのです。

ぶっちゃけ鍼灸師

先生方に言えるのは、ぜひともマッサージをさらに勉強してみてください。損はしないですよ。

このページのまとめ

  1. マッサージは効果が高い治療法といえる
  2. 「マッサージは効かない」という患者は、上手なマッサージを受けたことがないからそのように言う
  3. 「マッサージは効かない」という治療家は、自分自身が上手ではないから、そのように言う
  4. 世界中で愛用されているという点でも、マッサージは効果があると言える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です