萎縮性鼻炎のツボ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、萎縮性鼻炎のツボを画像でわかりやすく解説しています。

萎縮性鼻炎のツボはこちら

ポイント

禾髎の位置はこちら

ツボ禾髎

ポイント
  • 鼻の溝の中央から、
  • 親指の半分の長さ外側にある
禾髎の位置

萎縮性鼻炎のツボには、お灸のほうが効果的です。

指圧よりもお灸のほうが効果が高まります。
せんねん灸でも構いません。
薬局や通販で購入できます。

萎縮性鼻炎のツボは1日に何回、押すといいの?

朝晩の1日2回を目安に指圧(もしくはお灸)を続けてみましょう。

萎縮性鼻炎のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

1ヶ月ほど続けて経過をみましょう。

萎縮性鼻炎について

ぶっちゃけ鍼灸師

萎縮性鼻炎は、原因がハッキリしていません。
また、治療法も確立されていません。
(軟膏を塗ったり、手術療法はあります。)

東洋医学において、萎縮性鼻炎のツボによって、症状が改善したというデータがあります。
萎縮性鼻炎は、慢性的に進行すると言われているので、耳鼻科に通院しながら、ツボ刺激をご自身でなさってみて、経過をみてみるのも良いと思います。
または、お近くの鍼灸院に、ご相談されてみるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です