アレルギー性鼻炎のツボ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、アレルギー性鼻炎に効果のあるツボを画像でわかりやすく解説しています。

アレルギー性鼻炎のツボはこちら

鼻通の位置はこちら(画像解説)

ツボ鼻通

ポイント
  • 鼻の穴から、斜め上の辺り
  • 押してみて、穴(鼻孔びこう)がある場所
  • 押すと痛い場所

アレルギー性鼻炎のツボには、お灸のほうが効果的です。

ツボは、指圧よりもお灸のほうが効果があがります。
せんねん灸でもいいので、試してみることをおすすめします。
せんねん灸は、薬局やネットで通販できます。

アレルギー性鼻炎のツボは1日に何回、押すといいの?

朝晩の1日2回指圧(お灸)をしてみてください。

アレルギー性鼻炎のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

1ヶ月ほどは続けてみましょう。
体質改善によって、アレルギー性鼻炎が改善されます。

アレルギー性鼻炎の西洋医学的な治療と東洋医学な治療の違い

西洋医学で、アレルギー性鼻炎を治療する場合、代表的なのは薬物療法です。
薬によって、アレルギーを抑えるというもの。

注意
しかし、この方法では根本的な治療にはなりません。
「症状(鼻水)を止める薬を飲み続ける」というイメージになります。

一方東洋医学の治療の場合、根本的な改善を試みます。

東洋医学で考える
体質を改善したり、鼻本来の機能を高めて、「アレルギーに反応しないようにする。」というものです。

アレルギー性鼻炎には、食べ物が大事!?

昔の人々は、アレルギーなんてほとんどありませんでした。
しかし、現代人にとっては多くの人が、アレルギーに悩まされていますよね。

ポイント
一体なぜか、、、、
それは、食生活が変化したからです。
昔のように、質素な食事ならば、アレルギーにもなりませんでした。
しかし、現代食のように、お肉を毎日食べたり、食品添加物をたくさんとったり、塩分・油分のとりすぎ、、、となると、腸内環境が乱れ、体質も悪くなります。
その結果、アレルギーになる人が増えたのです。

どのような食事がアレルギー性鼻炎に良いの?

野菜

ポイント
  • 野菜・果物を中心とした食事
  • 加工食品・添加物を食べない
これを徹底してください。
体質が変化して、アレルギー性鼻炎が改善すると思います。

アレルギー性鼻炎におすすめのお茶があります!

白井田七茶を持っている画像

ポイント
ツボだけでなく、もっと効果を上げたいのなら、食べ物から体質変化させることをおすすめします。
東洋医学では、医食同源いしょくどうげんといって、栄養が健康にはとても重要になってきます。

そこで、アレルギー性鼻炎で鼻水がつらい時におすすめのお茶があります。
100%オーガニックなので、お子さんでも安心して飲めますよ。

詳細はこちらの公式サイト販売サイトで見ることができます。
初回は47%オフです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です