訪問鍼灸院の解説の手順について実際の体験談


初めから訪問のみで鍼灸院の開設を考えている場合はこちら

実は、私も2018年に実際に【訪問のみ鍼灸院】を開設しました。
その流れをこちらのページでで紹介しておきますので、参考にしてください。
ちなみに開設した地域は大阪府高槻市です。

まずはネットで検索

まずは、開設届を出そうと思ったので、ネットで検索しました。
検索した内容は【高槻市 鍼灸院 開設】です。
すると、高槻市が運営するホームページが一番上に来ていたのでクリック。

 

ホームページ内にて

【施術所開設届出書】という用紙がPDFファイルにて、紹介されていました。

こちらが実際の用紙↓

施術所開設届出書
用紙には、待合室・施術室・ベッドなどが書かれていますよね。
ですが、最初から訪問のみの鍼灸院で考えている場合、書くことができませんよね。
そこで、私はホームページ内に記載されていた【高槻市 健康福祉部 保健所 健康医療政策課】に、メールでお問い合わせをしました。

 

お問い合わせ内容はこんな感じです↓

初めから訪問のみの鍼灸院を開設する場合、待合室・施術室・ベッドなどは空白のまま提出したら宜しいのでしょうか?

 

すると担当者から電話がありました。

「訪問するのは、あなた個人だけですか?」
「開設は、法人ではなく個人の鍼灸院ですか?」
私は、どちらの質問にも「はい、そうです」と答えました。
すると「その場合、【出張施術業務開始届出書】を提出するだけでいいですよ」との返事。


なんと、訪問専門だとそれ専用の用紙があるようでした。
そして、提出の際に必要なものを教えてくれました。

 

必要なもの

  1. 免許の原本&コピー
  2. 身分証明書の原本&コピー(両面)
  3. 印鑑

実際に保健所に行ってきました。

必要なものを揃えて、保健所に行きました。
私の場合、「提出の際は、事前に電話をいれてから、来て欲しい」とのことでした。
(どうやら、担当者がその方しかいないのかもしれません。なのでみなさんも、事前に電話でお問い合わせをしておいたほうが二度手間を省けると思います。)

 

電話で話した担当者さんが、対応してくれました。

【出張施術業務開始届出書】を、その場で書きます。
目の前で、書き方を教えてくれました。

 

こちらが出張施術業務開始届出書です↓

出張施術業務開始届出書

「業務の種類欄」には、自分の持っている資格および、施術するものにチェックをいれます。
「器具及び消毒設備の概要」については担当者さんが教えてくれました。
・鍼・鍼管・シャーレについてはディスポを使用
・消毒用エタノール

実際に書いた【出張施術業務開始届出書】↓

実際に書いた出張施術業務開始届出書

その他に提出したもの

その他、提出したものに【履歴書】があります。
その場で書きました。
こちらは簡単でよいとのことでした。

鍼灸開設の履歴書

 

コピーをいただいて終了

用紙(施術所開設届出書)の記入が終えると、コピーをいただけます。
それで終了です。
時間にして15分もあれば、終わります。(待ち時間がなければ)

引っ越しする場合

引っ越しをする場合は、一度、該当する訪問鍼灸院を廃止して、引越し先で新たに【訪問専門の開設届出書】を提出するといいようです。

 

訪問専門から、自分の家の治療院を兼ねる場合

訪問で鍼灸院をやっていたけども、自分の家でも治療できるようにしたい場合は、一度、該当する訪問鍼灸院を廃止して、新たに鍼灸院の開設届出書を提出するといいようです。


あわせて読みたい!関連記事です。

訪問での鍼灸治療(往療)は、保険適応で請求額は?儲かるの?

訪問介護 イラスト 訪問での鍼灸治療は治療報酬(請求金額)はいくら?鍼灸師の先生の中でも、訪問治療を取り入れたり、新たに訪問専門の鍼灸院として独立したりする先生が急増しています。なぜかご存じですか?表現が不適切かもしれま...


鍼灸の訪問治療において往療の条件・認められないケース

女性介護士 イラスト 往療には条件がある!訪問の鍼灸治療にすれば、往療(訪問代)が加算できるから稼げる!と思っている鍼灸師のあなた!実際は、そんなに甘くはありません。往療を認めてもらうには、条件があったり、認められないケー...


訪問専門 鍼灸院の開設の方法・手順について

部屋 イラスト 最初に!こちらのページでは、訪問専門ではなく「鍼灸院の開設方法・手順」を紹介しております。最初から、【訪問のみ鍼灸院の開設方法】については、↓のページを参考にしてください。訪問専門 鍼灸院の解説方法・...


訪問専門 鍼灸院の解説方法・手順について【その2】

実際に書いた出張施術業務開始届出書 初めから訪問のみで鍼灸院の開設を考えている場合はこちら実は、私も2018年に実際に【訪問のみ鍼灸院】を開設しました。その流れをこちらのページでで紹介しておきますので、参考にしてください。ちなみに開設し...


保険者に訪問鍼灸が必要な理由を求められた場合

保険者に訪問鍼灸が必要な理由を求められる!?こんにちは。ぶっちゃけ鍼灸師です。( ^∀^ )さて、訪問の鍼灸治療で、保健者から「治療が必要かどうかの理由」を求められる場合があります。こちらのページでは...


訪問鍼灸で、患者が鍼を嫌がる(できない)場合

ケアマネジャーと老人 新しい訪問鍼灸の患者さんが、鍼灸治療を嫌がる場合訪問鍼灸治療(往療)を続けていると、別の患者さんの紹介を受けることがあります。患者さんからの紹介だったり、、、ヘルパーさんからの紹介だったり、、、ケアマ...


訪問鍼灸(往療)の患者さんを長続き(継続)させるテクニック!

訪問治療をする女性 訪問鍼灸(往療)の患者さんを長く継続したい!訪問と言うのは、とてもオイシイです。なぜなら、訪問代(往療料)を加算できるからです。そのため、鍼灸師なら誰でも逃したくない、、、なるべく長続きさせたい、、、...


訪問鍼灸は、週に何回治療していいの?(保険適応)

疑問に思う鍼灸師 訪問鍼灸は、何回行っていいの?保険適応内で、訪問鍼灸を行うとします。その際、週に何回治療していいのか?結論から申し上げますと、3回が上限です。もちろん、3回以上でも認められる場合があります。では、もう...


訪問鍼灸のメリット・デメリット!開業する前に知っておきたい!

慌てる鍼灸師 【訪問鍼灸】のメリット・デメリットをまとめました!【訪問鍼灸】のメリット・デメリットをまとめました。「これから訪問鍼灸治療を始めようと思っている」もしくは、「【訪問鍼灸のみ】で開業しようと思っている」...


訪問鍼灸院開業に必要なもの

治療グッズ電話番号ライン@ホームページ保険決めること金額訪問範囲アルコール綿花ディスポ鍼ディスポシャーレウェットシートあると便利ipad