難病の鍼灸治療
ガン・膠原病・パーキンソン病など


難病での鍼灸治療がわからない!

鍼灸治療のようす
ガン・腫瘍・膠原病・リウマチ・SLE・パーキンソン病・精神疾患・原因不明の病、、、など
鍼灸治療に携わっている以上、たくさんの難病をみる機会があると思います。


ですが、これらの難病は、「鍼灸治療では治せない、、、」と思っていませんか?

実は、以前の私もそうでした、、、(^_^;)
しかし、これら難病にも有効な治療方法があることを発見したのです!

最強の治療法は「お腹」にあり!

灸頭針
なんと、最強の治療法はお腹にあったのです!
これを発見したきっかけですが、当サイト(いっすんくん)の他に、便秘に関するサイトを作ろうと予定しました。
そこで、図書館で便秘や腸に関連する本を50冊以上、読んだのです。


そこで、確信しました。
お腹の治療(マッサージや鍼灸)と食生活の改善を治すと、難病が治るのです!
実際に、難病と呼ばれている症状が治った人達がいるのです!


なぜ、お腹なのか、、、

白衣を着た男性のバストアップ
まず、現代人の食生活ストレスによって、腸はもはや本来の機能(消化吸収)ができなくなっています。


つまり、腸の機能が低下しているために「全身に栄養や、質の良い血液を送れなくなっている」のです!
また、腸には人間の免疫細胞の70%が集中すると言われています。


それに、鍼灸師ならご存知でしょう!
北辰会の藤本蓮風先生を!
あのお方は、とくにお腹に力を入れていませんでしたか?!(-ω☆)キラリ


まあ、お腹と難病改善の関係について興味がある方は、以下の書籍を読んでみてください!

鍼灸師がお腹の治療を取り入れる前に、読んでおきたい3冊はこれだ!

菜食整腸の奇跡

菜食成長の奇跡
なんと、この著者である皆川さんは、
全身性エリテマトーデス(SLE)と、大腿骨頭壊死が治っています。
どちらも難病ですよね!?
大腿骨頭壊死に関しては、医者からは歩けないと言われ、車椅子生活だったにもかかわらず、お腹の治療を受けたことによって、骨が再生して歩けるようになったのです!



腸もみバイブル

書籍 腸もみをバイブル
著者の砂沢さんは、セラピストです。
この方も、腸もみをとりいれることによって、さまざまな症状を治しました。



すごい!お腹ゾーンセラピー

書籍 すごい!お腹ゾーンセラピー
著者の杉山先生は鍼灸師です。
鍼灸師なら、一度は耳にしたことがある「御園夢分斎みそのむぶんさいの臓腑図」に、独自のお腹治療法を確立した先生です。
また、お腹の治療によって、ご自身の生死の境から復活したという経験をお持ちです。
その後、いろんな方の難病を治している先生です。



お腹の治療に興味をもったのなら、とりあえずこの3冊は必読ですよ!

難病だけじゃない!

お腹に置鍼
お腹の治療は、なにも難病だけに限っていません!
糖尿病・肩こり・頭痛・腰痛・むくみ・冷え性・めまい・耳鳴り、、、
もはや、すべてです!


それほど、鍼灸師はお腹の治療にもっと力をいれるべきでしょう!

東洋医学なら、常識ですが人間の体には、本来、自然治癒力が備わっています。


ところが、現代の欧米化の食生活や、ストレス過多の毎日によって、胃腸の機能が低下。
それにより、全身の細胞一つ一つに、栄養を送れない状態。
そして、病院にいったら、を処方され、根本的になおるわけもなく、薬の分量をどんどん増やされる、、、
薬は体にとって毒なのでさらに、腸内が乱れ、体調が悪化していく、、、


このような、方たちを「なんとか治してあげたい!」と思ったら、ぜひ、お腹も治療にとりいれてくださいね。

どうやってお腹の治療をすればいい?

まずは、腹診を必ずしてください。
状態が悪い方というのは、ビックリするぐらい、お腹が硬いです。
この硬さを、マッサージや鍼灸で取り除いてあげるといいでしょう( ^∀^ )


後は、食生活の指導を行ってあげてください。
どのような食生活の指導が良いのかは、上記の3冊にかかれていますよ!


自賠責保険のバナー


あわせて読みたい!関連記事です。

六王鍼~未病を治す鍼~長野仁先生の鍼灸技

六王鍼のロゴ 六王鍼(りくおうしん)をご存じですか?みなさんは、六王鍼(りくおうしん)をご存じでしょうか?六王鍼(りくおうしん)とは私が森ノ宮医療技術専門学園の学生だった頃、大好きだった講師に長野仁(ながのひとし)...


東洋医学が体質チェック!自分にピッタリのツボを探す!

東洋医学のマーク タイプその1「気」が不足している気虚(ききょ)疲れやすい風邪をひきやすい胃腸が弱い食欲がない朝起きるのがつらい手足がだるい3つ以上当てはまったらこちら↓↓↓↓↓東洋医学で「気」が不足する【気虚タイプ】


東洋医学で「気」が不足する【気虚タイプ】

あくびをする女性 東洋医学で気虚(ききょ)とは東洋医学で「気」とは、体を流れるエネルギーと捉えます。しかし、疲労やストレスが続くと、胃腸の働きが悪くなり、「気」が不足します。そうなると今度は、免疫力が低下して、病気や風...


東洋医学で「血」が不足する【血虚タイプ】

顔色が悪い女性 東洋医学で血虚(けっきょ)とは?東洋医学で、「全身をめぐり臓器の栄養源となる」のが「血」です。この「血」不足した状態を血虚(けっきょ)といいます。女性は、生理があるので「血」が不足しやすく、現代女性に...


東洋医学で「水」が不足する【陰虚タイプ】

のぼせ 東洋医学で陰虚(いんきょ)とは?陰虚とは、体内の「水」が減っている状態です。東洋医学において、「水」は、体をうるおしたり、活動後の熱を沈める作用があります。「水」が不足すると、体の熱を覚ますことができ...


東洋医学で「熱」と「気」が不足する【陽虚タイプ】

寒がりの女性 東洋医学で陽虚(ようきょ)とは?慢性的な冷え性タイプです。東洋医学では、体を温める気(エネルギー)を「陽(よう)」といいます。「陽」が弱いと、手足や下半身が冷えやすく寒がりになります。「陽虚」は生まれ...


東洋医学で「気」が停滞する【気滞タイプ】

イライラする女性 東洋医学で気滞(きたい)とは?イライラして精神的に不安定な状態です。ストレスが多いと「気」のめぐりをコントロールする機能が乱れて「気」が停滞します。この状態を「気滞(きたい)」といいます。自立神経(じ...


東洋医学で「血」が停滞する【瘀血タイプ】

顔色が悪い女性 東洋医学で瘀血(おけつ)とは?「背中・腰」に【コリ・張り・痛み】が出る。血の流れが悪く渋滞を起こしてしまった状態を瘀血(おけつ)といいます。原因は冷えとストレスです。


東洋医学で「水」が停滞する【湿痰タイプ】

肥満女性 東洋医学で湿痰(しつたん)とは?代謝が悪く、水分や脂肪がたまりやすい状態。水は必要以上に溜まると、体の熱を奪い、気と血の動きを鈍らせる。余分な水は「湿」とよばれ、これが固まって動きが悪くなると「痰」に...


東洋医学で「熱」がこもる【実熱タイプ】

暑がり女性 東洋医学で実熱(じつねつ)とは?気・血の流れが悪く、分泌物(目やに・鼻水・タンなど)が多くでる状態体を温め活動を促す「熱」と体を冷やして潤す「水」の両方が過剰になった状態熱を伴った症状が出やすくなる。


腰椎すべり症・脊柱管狭窄症における鍼灸治療で使うツボ

鍼灸師 鍼灸治療のツボをご紹介!腰椎すべり症と脊柱管狭窄症この2つの疾患は、鍼灸治療にて痛みが改善するケースがあります。なかには、変化がない場合もあるのですが、著効する場合もあるので、そのときのツボを忘備録と...


肩こり首こりの治療には、前面や側面のツボや筋肉も狙うのがコツ!

頚の治療は前面と側面 首の治療は後ろだけでなく横も前も肩こりや首こりがなかなか良くならない、、、、となげいている治療家のあなた!そんなときは、首の後ろだけでなく、横も前もほぐしてみてください。なぜかといいますと、だいたい首...


按腹法のやり方!東洋医学的にみた、お腹のマッサージの方法

鍼灸師 按腹法における反応点の見つけ方1,シワを探す座った状態で自分のお腹を見る(シワが見つからない場合は、前かがみになる)寝て、横向きになって横腹をみる仰向けになり、膝を立てて下腹部を見る鏡で後方をみる


難病を鍼灸治療で治す場合、どんな治療法が良いの?

鍼灸治療のようす 難病での鍼灸治療がわからない!ガン・腫瘍・膠原病・リウマチ・SLE・パーキンソン病・精神疾患・原因不明の病、、、など鍼灸治療に携わっている以上、たくさんの難病をみる機会があると思います。ですが、これら...


めまい・ふわふわ・浮遊感・肩こりの治療ポイント!鍼灸師に捧ぐ!

「枕下側線」の場所 めまいの治療ポイントを伝授!注意)こちらのページは、鍼灸師・マッサージ師・柔道整復師・整体師などの治療家に向けて記載しています。どうも!ぶっちゃけ鍼灸師です!(*^ω^*)ニコッ現時点では、臨床経験は...


鍼灸の治療法まとめ

鍼灸治療には、いろいろな治療法があります。こちらのページでは、そんな鍼灸治療方法をざっとまとめてみました。(※すべてではありません)鍼灸師の皆様に参考になりましたら幸いです。