六王鍼(りくおうしん)について


六王鍼りくおうしんをご存じですか?

六王鍼のロゴ
みなさんは、六王鍼りくおうしんをご存じでしょうか?


六王鍼りくおうしんとは
私が森ノ宮医療技術専門学園の学生だった頃、大好きだった講師に長野仁ながのひとし先生がいました。
その長野先生の鍼灸技六王鍼りくおうしんです!

六王鍼りくおうしんの誕生秘話

黒板


もう、10年近く前のことなので、うろ覚えですが、当時、鍼灸科の1年生だった私に、長野先生は、こう話してくれました。


~~ここから長野先生の話~~


ツボは、たくさんあるけれど、最小限度にとどめると、6ヵ所のツボで、ことたりるようになるんです。
私(長野先生)が、まだ駆け出しの頃、訪問の鍼灸治療を行っていました。



訪問治療をしていた当時、ある老夫婦に、100本鍼をしていました。
100本鍼とは、うつ伏せで50本、仰向けで50本、合計で100本の鍼を使うから100本鍼です。
プスプスと刺していくので、「たこ焼き鍼」とも言います。(笑)


当時は、まだディスポ鍼のユーザーが少ないので、鍼の値段も高かったんです。
だから、なるべく鍼の数を減らしたいと思っていました。


なので少しずつ、減らしていきながら、鍼の効果を試していったところ、
必要最小限に減り、残ったのが6ヵ所のツボなのです!

六王鍼りくおうしんの場所は?


仰向けで3ヵ所のツボ

  • 後太陽うしろたいよう・・・太陽のやや後ろ
  • 後太陽

  • 外尺沢そとしゃくたく・・・尺沢と曲池の中間
  • 外尺沢

  • 下復溜しもふくりゅう・・・復溜のやや下
  • 下復溜

うつ伏せで3ヵ所のツボ

  • 外天柱そとてんちゅう・・・天柱と風池の間
  • 外天柱

  • 痞根ひこん
  • 痞根

  • 内合陽うちごうよう・・・合陽のやや内側
  • 内合陽

なぜ、六王鍼りくおうしんと名付けたのか!?

6つのツボを結んで王とみえる
この六王鍼りくおうしんという名前は、ほかでもない長野先生が名付けました。
では、なぜ六王鍼りくおうしんと名付けられたのか。

それは、6ヵ所のツボを結ぶと、
ちょうど、「」という文字になります。

6つのツボを結んで王とみえる
だから、六王鍼りくおうしんと名付けたそうです。

六王鍼りくおうしんの効果は?

 

長野先生の説明では、養生ようじょうの鍼(健康目的)とおっしゃっていました。
つまり、六王鍼りくおうしんを使うだけで、体が軽くなり、体調が整い、未病を治すということ。


「普段の鍼灸治療に、この六王鍼りくおうしん追加するといい」ということでした。
※基本的には、置鍼だそうです。


また、「切皮だけでも、効果があります」とも言われてましたね。

最後に!

 

この六王鍼りくおうしんは、とくに難しい治療法ではありません。
場所は、聞きなれない場所ですが、指圧してみると、ものすごく響く場所ばかりです。


また、単に置鍼なので、普段の鍼灸治療に、すぐにでも取り入れやすいですね。
ぜひ、六王鍼りくおうしんを、試してみてはいかがでしょうか?


自賠責保険のバナー


あわせて読みたい!関連記事です。

六王鍼~未病を治す鍼~長野仁先生の鍼灸技

六王鍼のロゴ 六王鍼(りくおうしん)をご存じですか?みなさんは、六王鍼(りくおうしん)をご存じでしょうか?六王鍼(りくおうしん)とは私が森ノ宮医療技術専門学園の学生だった頃、大好きだった講師に長野仁(ながのひとし)...


東洋医学が体質チェック!自分にピッタリのツボを探す!

東洋医学のマーク タイプその1「気」が不足している気虚(ききょ)疲れやすい風邪をひきやすい胃腸が弱い食欲がない朝起きるのがつらい手足がだるい3つ以上当てはまったらこちら↓↓↓↓↓東洋医学で「気」が不足する【気虚タイプ】


東洋医学で「気」が不足する【気虚タイプ】

あくびをする女性 東洋医学で気虚(ききょ)とは東洋医学で「気」とは、体を流れるエネルギーと捉えます。しかし、疲労やストレスが続くと、胃腸の働きが悪くなり、「気」が不足します。そうなると今度は、免疫力が低下して、病気や風...


東洋医学で「血」が不足する【血虚タイプ】

顔色が悪い女性 東洋医学で血虚(けっきょ)とは?東洋医学で、「全身をめぐり臓器の栄養源となる」のが「血」です。この「血」不足した状態を血虚(けっきょ)といいます。女性は、生理があるので「血」が不足しやすく、現代女性に...


東洋医学で「水」が不足する【陰虚タイプ】

のぼせ 東洋医学で陰虚(いんきょ)とは?陰虚とは、体内の「水」が減っている状態です。東洋医学において、「水」は、体をうるおしたり、活動後の熱を沈める作用があります。「水」が不足すると、体の熱を覚ますことができ...


東洋医学で「熱」と「気」が不足する【陽虚タイプ】

寒がりの女性 東洋医学で陽虚(ようきょ)とは?慢性的な冷え性タイプです。東洋医学では、体を温める気(エネルギー)を「陽(よう)」といいます。「陽」が弱いと、手足や下半身が冷えやすく寒がりになります。「陽虚」は生まれ...


東洋医学で「気」が停滞する【気滞タイプ】

イライラする女性 東洋医学で気滞(きたい)とは?イライラして精神的に不安定な状態です。ストレスが多いと「気」のめぐりをコントロールする機能が乱れて「気」が停滞します。この状態を「気滞(きたい)」といいます。自立神経(じ...


東洋医学で「血」が停滞する【瘀血タイプ】

顔色が悪い女性 東洋医学で瘀血(おけつ)とは?「背中・腰」に【コリ・張り・痛み】が出る。血の流れが悪く渋滞を起こしてしまった状態を瘀血(おけつ)といいます。原因は冷えとストレスです。


東洋医学で「水」が停滞する【湿痰タイプ】

肥満女性 東洋医学で湿痰(しつたん)とは?代謝が悪く、水分や脂肪がたまりやすい状態。水は必要以上に溜まると、体の熱を奪い、気と血の動きを鈍らせる。余分な水は「湿」とよばれ、これが固まって動きが悪くなると「痰」に...


東洋医学で「熱」がこもる【実熱タイプ】

暑がり女性 東洋医学で実熱(じつねつ)とは?気・血の流れが悪く、分泌物(目やに・鼻水・タンなど)が多くでる状態体を温め活動を促す「熱」と体を冷やして潤す「水」の両方が過剰になった状態熱を伴った症状が出やすくなる。


腰椎すべり症・脊柱管狭窄症における鍼灸治療で使うツボ

鍼灸師 鍼灸治療のツボをご紹介!腰椎すべり症と脊柱管狭窄症この2つの疾患は、鍼灸治療にて痛みが改善するケースがあります。なかには、変化がない場合もあるのですが、著効する場合もあるので、そのときのツボを忘備録と...


肩こり首こりの治療には、前面や側面のツボや筋肉も狙うのがコツ!

頚の治療は前面と側面 首の治療は後ろだけでなく横も前も肩こりや首こりがなかなか良くならない、、、、となげいている治療家のあなた!そんなときは、首の後ろだけでなく、横も前もほぐしてみてください。なぜかといいますと、だいたい首...


按腹法のやり方!東洋医学的にみた、お腹のマッサージの方法

鍼灸師 按腹法における反応点の見つけ方1,シワを探す座った状態で自分のお腹を見る(シワが見つからない場合は、前かがみになる)寝て、横向きになって横腹をみる仰向けになり、膝を立てて下腹部を見る鏡で後方をみる


難病を鍼灸治療で治す場合、どんな治療法が良いの?

鍼灸治療のようす 難病での鍼灸治療がわからない!ガン・腫瘍・膠原病・リウマチ・SLE・パーキンソン病・精神疾患・原因不明の病、、、など鍼灸治療に携わっている以上、たくさんの難病をみる機会があると思います。ですが、これら...


めまい・ふわふわ・浮遊感・肩こりの治療ポイント!鍼灸師に捧ぐ!

「枕下側線」の場所 めまいの治療ポイントを伝授!注意)こちらのページは、鍼灸師・マッサージ師・柔道整復師・整体師などの治療家に向けて記載しています。どうも!ぶっちゃけ鍼灸師です!(*^ω^*)ニコッ現時点では、臨床経験は...


鍼灸の治療法まとめ

鍼灸治療には、いろいろな治療法があります。こちらのページでは、そんな鍼灸治療方法をざっとまとめてみました。(※すべてではありません)鍼灸師の皆様に参考になりましたら幸いです。