肩のこりやすい「骨格・体格」とは

肩のこりやすい骨格とは

運動する女性
肩こりの原因に、骨格の問題があります。

肩のこりやすい骨格はこちら
  • ストレートネック
  • 変形性頚椎症へんけいせいけいついしょう
  • なで肩
  • 胸郭出口症候群きょうかくでぐちしょうこうぐん

ストレートネックとは

首の骨がまっすぐな、人のことをいいます。
(正常ではややカーブを描く)
詳細はこちら
ストレートネックとは

変形性頚椎症とは

首の骨に変形があるために「こり・痛み・しびれ」を引き起こす状態を言います。
詳細はこちら
首に手をやる女性変形性頚椎症なんてこわくない!鍼灸師が教える上手な付き合い方

胸郭出口症候群とは

首から出た神経の通り道が、なんらかの原因によって圧迫を受けるために「症状」が出ていることを言います。
詳細はこちら
胸郭出口症候群といわれたら、、、上手な付き合い方もあります。

ほとんどは軽症です。
「骨格が原因だった!」と聞かされると、心配する人もいるかもしれません。
ですが、ほとんどの場合では、「人より、ちょっとだけ肩がこりやすい体質」ぐらいのもので、そこまで心配しなくても大丈夫です。
「骨格が原因なんだ!!」とショックを受けるよりも、姿勢や、生活習慣などを見直すほうが良いです。
たとえ、骨格に多少の問題があろうとも、肩こりは改善できます

肩のこりやすい体格とは

鉄アレイを持つ女性
肩のこりやすい体格は、筋力がなく細い人は肩がこりやすいです。
肩こりは、筋肉が硬くなって起こるものです。

ポイント
つまり、筋力が弱い人は、肩こりになりやすい人です。

ただし、筋力については、誰でも何歳になっても増強することができます
腕周りや肩周りの筋肉をつけることによって、肩こりが予防できますので、筋力を鍛えてみてください。
参考記事
スクワットする女性肩こりを本気で予防したいなら!筋肉を鍛えるのがおすすめ!

筋力が弱くて、太っている人はさらに肩こりしやすいです。

バーベルを持つ男性
もし、太っていて、筋力が弱いならば、注意が必要です。

なぜなら人間の肩の部分というのは、&左右の腕を支えています。
重さは、だいたい頭4kg片腕4kgなんですね。
つまり合計約12kgも肩で支えています。

これが太っていると、人より余計に重たいので、肩こりになりやすいのです。
筋力が弱くて・太っている人は「筋力アップ・ダイエット」をすると、肩こりを改善できます。

自分が肩のこりやすい骨格かどうか知る方法は?

肩のこりやすい骨格の人は、以下のポイントがあてはまります。

ポイント
  • 若くして肩がこる(学生の頃から肩こり)
  • もう何年も肩こりに苦しんでいる
  • がひどい肩こり

となってくると、肩のこりやすい骨格の可能性があります。

肩のこりやすい骨格は遺伝する?

「親がひどい肩こりで、私もひどい肩こり、、、」
なんていう人を多く見かけます。
では、実際に肩のこりやすい骨格というのは遺伝するのでしょうか?
実は「遺伝します!」

「肩のこりやすい骨格」が遺伝する理由は、骨の構造筋肉の付き方、生活習慣や性格(ストレスによる肩こり)などが似てくるからです。
よって、肩のこりやすい骨格は遺伝すると言えるでしょう!!

まとめ

アドバイスする女性

このページを読まれた方は、「私はきっと肩がこりやすい体質にちがいない」と思っているかもしれません。
ですが、手がしびれたり、病院で診断されたことがあるなど、よっぽどのことが無い限りあまり気にしなくていいです。

そんなことよりも、正しい姿勢を心がけたり、ストレッチしたり、筋トレしたりすれば、肩こりになりにくい体質にあっというまに改善できるので、悩むよりもそっちの努力をしたほうがいいですよ。
悩んでも肩こりは良くならないですからね、、、

また、当サイトでは、たくさんの肩こり解消法や、肩こり解消グッズを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です